韓国スタートアップ・ニュースメディアのbeSUCCESS、プレシリーズAラウンドで日米中韓4カ国のVCから資金を調達

SHARE:

besuccess_featuredimage

THE BRIDGE のメディアパートナーで、韓国のスタートアップ・ニュースメディアの beSUCCESS は先ごろ、韓国、アメリカ、中国、日本の4カ国から、プレシリーズAラウンドで資金を調達した。今回のラウンドに参加したのは、Kakao への投資で知られる DCM VenturesStrong Ventures、有名アクセラレータの 500 Startups、アメリカの投資会社をはじめ、中国の Hardy Farm Venture、スタートアップ売却経験を持つ8人の創業者が設立した Tokyo Founders Fund など。韓国からは、The Ventures、法務法人 SEUM、MoCA Ventures、Startup X などが参加した。

<関連記事>

beSUCCESS 設立直後だった、2011年のシードラウンドに引き続き、今回のラウンドにも投資した Strong Ventures 代表のベ・ギホン(배기홍)氏は、次のようにコメントしている。

beSUCCESS の創業初日から、Strong Ventures は行動を共にした。beSUCCESS はスタートアップの専門メディアであり、韓国スタートアップの海外進出のための情報伝達チャネルとしての役割だけでなく、スタートアップ・カンファレンス「beGlobal」を通じ、韓国スタートアップのエコシステムの発展に寄与しており、これをスタートアップの祭りの場に引き上げた。

次のステップとして、これまで構築した情報とネットワークを活用したデータベースプラットフォーム「Beginning」により、韓国を含めたアジアのスタートアップを全世界につなぐ、連結の輪の役割をすることになると確信している。

<関連記事>

韓国への初めての投資先として beSUCCESS を選んだ、中国 Hardy Farm Venture パートナーの Kevin Ren 氏は、次のようにコメントしている。

beSUCCESS は、メディア、カンファレンス、データベースのそれぞれの優れたブランドを持っている。これにより、中長期的に起業家や投資家、他の産業とスタートアップ、韓国企業と海外資本をつなぐ国家間のハブの役割をするものと期待される。

Hardy Farm Ventures は、今回の投資を皮切りに、韓国スタートアップへの投資に拍車をかける予定だ。

4カ国からの投資を引き出した beSUCCESS の代表を務めるチョン・ヒョヌク(정현욱)氏は、次のようにコメントしている。

各国の信頼できる投資会社が参加したということは、小さく言えば beSUCCESS にとって、大きく言えば韓国スタートアップ全体にとって、深い意味がある。beSUCCESS を通じて、良いスタートアップを見つけ出したいという、各国投資家の強い意志が反映されたと考えている。

今回の資金調達を通じて beSUCCESS は、メディアカンファレンス「beGLOBAL」のグローバルな影響力を継続的に強化していく予定であり、最終的には韓国スタートアップが beSUCCESS のプラットフォームを通じて、海外からの資金調達、ビジネスパートナーの発掘などを行うことができるよう、コネクタの役割に最善を尽くしたい。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録