フードデリバリ大手のJust Eat、ロンドンで世界初となるドローン出前配達サービスを開始

SHARE:
justeat_featuredimage
Just Eat: Delivery by Drone
Image Credit: Just Eat

フードデリバリー大手の Just Eat は本日(原文掲載日:12月1日)、新たなマイルストーンを達成した。ロボットが配達する世界初の出前サービスを開始したのだ。

7月、Just Eat がエストニアを拠点とし、Skype創業者が設立した Starship Technologiesと提携して、6つの車輪で歩道を動くボットを使った無人配送サービスのトライアルを開始したと私たちは報じた。2015年後半以降、Starship Technologies は、アメリカとヨーロッパの複数の都市でロボット配送の実験を行っており、他の業態の小売店がロンドンでロボット配送の商用実験を開始しようとしていることもすでによく知られている。Amazonなど他社も同じ取り組みを行っている。同社もドローン配送事業を行う予定だとかつて報じられた

<関連記事>

5ヶ月に及ぶ「神経を擦り減らす」実験を踏まえ、同社はロンドンのグリーンウィッチにて、トルコ料理を頼んだある顧客宛てに初の出前配達を行えたとコメントした。注文したファレフェルとラムカツレツを堪能したとみられる Simone さんは、グリーンウィッチにいる数多くの顧客の中でもロボットによる出前の注文を受ける初めての人となった。そして、来年にはロンドン全域にこの取り組みが拡大される予定だ。

Simoneさんは次のように話している。

ドアを開けた時にロボットがあいさつしてくれたのを目にした時はまるで映画のワンシーンのようで、本当に目を疑いました。このようなテクノロジーやサービスが今利用できるとは、本当にすごいことです。しかもとても効率的で、自宅前に着いた時にはしっかりとテキストメッセージを送ってくれました。唯一よくわからなかったのは、チップをあげてよいものかどうかということです。

顧客が出前料理を受け取る方法は、とても簡単。顧客の携帯電話にロボットの蓋を開けるためのリンク付きのテキストメッセージが送られるだけだ。

justeat-simone
11月28日、ロンドンで注文をした Simone さん
Image credit: Just Eat

GrubHub と同じように、Just Eat はさまざまなレストランをアグリゲートし、アプリ内で料理の注文と決済ができる。数年前に IPO で調達した24億5,000万米ドルをもとに、同社は積極的に製品の研究開発に投資しているほか、今年だけで6,000万米ドルをイギリスに投じたとしている。6月には、ユーザが Apple TV を通して料理の注文ができる新たなコラボ注文のサービスをリリースした。このサービスに参加した人は大きな画面で注文した品物を一括して閲覧することができる。

このロボット配送サービスはグリーンウィッチ全域ですぐに展開される予定はない。しかし徐々にではあるが、サービスの広がりに合わせて多くの人が利用できるようになるだろう。

同社イギリスマネージングディレクターの Graham Corfield 氏は次のように話している。

何ヶ月にもわたって Starship Technologies と共同で取り組み、このエキサイティングなテクノロジーと当社のレストランパートナー、顧客、ネット注文サービスをシームレスに統合できるようにしました。 グリーンウィッチではこのようにサービスを始められましたので、来年にはこのパイロットプログラムをロンドン全域に広げたいと思います。

マシーンの台頭

2016年は自動化技術の年であった。去る8月、NuTonomy はシンガポールで世界初の自動運転タクシーサービスの公道実験をローンチした。その後すぐ、Uber がピッツバーグで同様のサービスを開始してこれに続いた。

ロボティクスの領域では多額の投資がなされるようになっている。ロボティクススタートアップの Exotec はまさに本日350万米ドルの資金調達ラウンドを終え、ミニロボットを活用した倉庫での包装・発送作業に活用すると発表した。今年初めには Bossa Nova が小売店で在庫管理が常時できるよう、ロボット関係で1,400万米ドルの資金を調達した。他にも Navya が無人ドライバーのシャトルバスサービスで3,400万米ドル、Zipline が血液やワクチンなど医療製品を運ぶ自動ドローンで2,500万米ドルを確保している。

無人の乗り物が社会に解き放たれると、当然ながら実務上の問題が多数発生する。地上走行ドローンがA地点からB地点へと移動する際、器物破損や物理的な介入といった妨害から守るために何をすべきだろうか?同社広報担当者は今月初めに VentureBeat に対し、次のように述べた。

これまでに行われた全ての実験では窃盗や損壊といった事例は確認されていません。このロボットには、カメラのほかインチレベルでの追跡を含む多くの窃盗防止機能が備わっています。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------