インドのオンライン旅行代理店大手MakeMyTrip、NaspersやCtrip(携程)などから3億3,000万米ドルを調達中

SHARE:

インドの大手オンライン旅行代理店 MakeMyTrip(NASDAQ: MMYT)が、南アフリカの大手インターネット企業 Naspers Group の子会社 MIH Internet、中国のオンライン旅行会社大手 Ctrip International(携程)、その他いくつかの非公開の投資家からエクイティ出資を3億3,000万米ドル調達しているという。

Naspers が MakeMyTrip に1億3,200万米ドル、Ctrip が3,300万米ドル、残りの額をその他の投資家が出資している。

資金調達は今週末(5月第1週)までに完了する予定。

インド・グルガオンとニューヨークに本拠を置く同社はこの資金を、ビジネス拡大、戦略的投資、テクノロジーと商品の開発、マーケティングと広告、資本増強および一般的な事業目的に活用する予定だという。

2000年に設立された MakeMyTrip は、インド最大かつ最も歴史のあるオンライン旅行代理店だ。同社は MakeMyTrip.com、goibibo.com、RightStay.com、redbus.in といった人気旅行サイトを所有・運営している。ユーザはインドのみならず海外の多岐にわたる旅行サービスや商品のチェック・計画・予約ができる。扱っているのは、航空券、ホテルなどの宿泊施設、休暇のプランニング、ツアー、鉄道チケット、都市間連絡バスのチケット、ハイヤーなどの予約で、その他に旅行に付随する必需品、例えば他社の旅行保険やビザなどの手続きを円滑にするサービスも提供している。

同社はインド国内で4万を超えるホテル、1万3,500の宿泊施設、国外では24万以上のホテルや施設、さらにインド鉄道やインドの大手バス会社すべてとも提携している。

昨年1月には、NASDAQ 上場の Ctrip.com が転換社債を通じて1億8,000万米ドルを MakeMyTrip に投資している

インドのオンライン旅行予約業界は、Yatra.comCleartrip、そしてソフトバンクが出資する格安ホテルのスタートアップ OYO Rooms など多くの競合がひしめき合っている状態だ。OYO Rooms はソフトバンクのリードで2億5,000万米ドルを調達する予定だと報道されている。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------