Snapdeal、デジタル決済プラットフォーム「FreeCharge」を6,000万米ドルでAxis Bankに売却へ

by e27 e27 on 2017.8.1

Snapdeal
Image Credit: Snapdeal

インドの e コマースマーケットプレイスを運営する Snapdeal は、同社のデジタルプラットフォーム FreeCharge を、インドの大手民間金融会社である Axis Bank に38億5,000万インドルピー(6,000万米ドル)で売却する取引を結んだ。複数のメディアが報じた。

この買収により Axis Bank は、5,000万人を超える FreeCharge のモバイルウォレットのユーザベース、およそ150〜200人の従業員、そして同サービスのリソースと独占技術を手にすることになる。

昨日(7月26日)の時点で競合 e コマース企業の FlipKart による9億5,000万米ドルでの Snapdeal 買収が報道されたが、今回の売却はそれに続く形で明らかになった。

FreeCharge は、Vodafone、Airtel、Reliance、Idea、Aircel、BSNL などの通信事業者と提携し、プリペイド式携帯電話への入金(チャージ)サービスを消費者に提供しているオンラインプラットフォームである。設立は2010年。

消費者は入金を行うごとに、同サービスのポータルで割引クーポンを取得できる。クーポンは様々な食料品店や小売店などで利用できる。

FreeCharge は2015年に Snapdeal によって初めて買収され、Snapdeal は同プラットフォームを活用してモバイルでの小売ビジネスを拡大した。買収額は4億米ドルと言われている。

今年4月には Alibaba が出資するモバイル決済および e コマースのプラットフォームである Paytm が、FreeCharge の買収に向けて4,500万米ドルから9,000万米ドルの範囲で交渉していたが、不成立に終わっていた。

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------