士業相談「SHARES」提供のココペリ、グリーVなどから総額2.3億円を調達、金融機関向けソリューションを強化

SHARE:

kokopelli.png

中小企業向け経営支援プラットフォーム「SHARES」や、AI融資審査エンジン「FAI」を提供するのココペリは7月30日、グリーベンチャーズ、TIS、SV-FINTECHなどから総額2億3000万円の資金調達を実施したことを公表している。

同社が運営する「SHARES」はクラウド士業相談サービス。経営から知財、法務など事業者が相談したい項目を選択してまとめて見積もりから相談、解決までができる。開始から約3年間で登録企業6500社、登録する士業事業者は1,300名に拡大した。

また同社のサービスと連携する形で、金融機関向けの営業支援サービス「SHARES for BANK」や、金融機関の取引先企業の経営をトータルサポートするプラットフォーム「Big Advance」などの事業展開も進める。

今回の資金調達で開発体制および事業体制を増強し、金融機関向けに提供する「SHARES for BANK」や「FAIによる融資審査エンジン」事業を拡大していく予定としている。

via 株式会社ココペリ

----------[AD]----------