カナダのウェアラブル企業Thalmic LabsがNorthに社名変更、Alexa対応のホログラフィック搭載スマートグラス「Focals」を999米ドルで発売へ

by Paul Sawers Paul Sawers on 2018.10.29

Feat3
Focals
Image credit: North

順調に資金調達を進めてきたウエアラブル企業 Thalmic Labs はもはや存在しない。このカナダのスタートアップは23日、今後 North と社名を改めると発表した。しかし、それより重要なのは Thalmic Labs North がついに、同社2番目のプロダクトとなるホログラフィック搭載スマートグラスを発表したのだ。

新しいカスタムビルドされたウエラブルスポーツグラスは Focals と名付けられ、内蔵ディスプレイがメッセージ、天気予報、ナビゲーション指示など、スマートフォンからの情報をユーザに向け表示する。また、Uber を呼べるほか、カレンダー通知や Alexa を呼び出してあらゆる情報をリクエストすることも可能だ。

スペックの楽しさ

今回の調達より2年前、North は Amazon の Alexa Fund、Intel Capial、Fidelity Investment Canada から1億2,000万ドルを調達。その当時、同社は調達した資金を新製品の開発に使うとしていた。

これまでのところ、North が世の中に公開したプロダクトはたった一つ、200ドルのアームバンド「Myo」のみだ。Myo は、腕を失った人がジェスチャーやモーションで義手を操作できるデバイスとして、あるいは、複雑な手術を行う外科医が画面をナビゲートするのに使えるデバイスだ。DJ の Armin van Buuren 氏は、Myo を使ってステージ上のエフェクトや照明を操作した。

しかし2週間前、North は新製品にすべての力を注ぐという理由から、Myo の販売を取りやめると発表。ニューヨークやトロントに掲げられた広告から、同社が新しいスマートグラスを開発中であると先月から噂され始めていた。VentureBeat は North の CEO で共同創業者の Stephen Lake 氏と詳細について話を聞き、North がこれまで作ってきたものの全貌を明らかにできることとなった。

Focals は Bluetooth で Android や iOS デバイスと接続するが、North が Loop と呼ぶ追加ハードウェアを必要とする。Loop は指に装着する小さな指輪で、クリックすることで Focals を操作することができる。

Grey-Fade-Classic-Focals-Loop
クラシックスタイルの Focals と Loop

Focals のコンピュータは、一方のテンプル(メガネのツル)の部分に埋め込まれていて、小さな網膜プロジェクターが突出している。

Alexa への質問に対応できるよう内蔵マイクもついている。情報は、視野に表示させることもできるし、小型スピーカーを通じて音声出力することも可能。

Amazon は最終の調達ラウンドでの主要投資家の一社であるが、North が Amazon と直接協業し Alexa の技術を搭載しているのは興味深い。Amazon は以前スマートグラス用に最適化した Alexa 体験を開発しており、この技術を Vuzix の AR グラスとあわせて今年初めにデビューさせている。それをふまえ、Vuzix は実際に同社の AR グラス「Blade」の消費者向けモデルを先週発表しているが、来月の発売に際し Alexa が搭載されるかどうかは明らかでない。

購入場所

North は23日から999ドルで Focals の予約注文を開始しており、スタイルは2種(クラシック型と丸型)、色は3種(ブラック、亀色、グレー)がある。North が装着者毎に Focals をカスタマイズする必要があることを考えると、今日の最もよく接続されたガジェットのように、オンラインでオーダーすることはできない。2カ所ある同社のショールームの一つを予約し訪問することになる。ショールームの住所は、トロント店が 109 Ossington Street、ニューヨーク店が 178 Court Street, Brooklyn だ。

アイウェアは信じられないほどパーソナルだ。グラスを買うと、そのフィット感とパーソナライズされた表現で、自分にピッタリである感覚を実感できるだろう。このプロセスは、今日のコンシューマエレクトロニクスの構築のされ方、販売方法とは大きく違っている。(Lake 氏)

最近の電子ガジェット同様、電池の寿命は Focals の顧客にとって重要な関心事項となるだろう。特に、苦労して稼いだお金の中から999米ドル支払うならなおのこと。Lake 氏は標準的な利用状況であれば、一回の充電で18時間はもつだろうと答えた。Loop の電池寿命はさらに長い。バンドルされるキャリーケースは、Focals と Loop 用の充電機能を兼ね備えている。

IMG_4480
ケースに入った Focals

Google Glass との違い

North は、Focals のようなプロダクトを最初に開発した企業ではない。Google は Google Glass という形で、Focals の前身とも言うべきものを提供していたが、Google Glass は昨年実施されたファームウェア更新にもかかわらず、多かれ少なかれ死んだ状態だ。

Google_Glass_with_frame1
処方に基づいたレンズが装着された Google Glass
Image credit: Wikimedia Commons

しかし、Google Glass は、それが最高とされた時期でさえ、最もエレガントなソリューションではなかった。これこそ、North が改善しようとしていることで、誰もが装着したいと思えるものを作るということなのだ。

これまでにも、人々がかけたいと思うスマートグラスの開発に挑戦し失敗した企業は存在する。彼らが開発したのは顔に装着できるコンピュータで、メガネであるとの考えは後に置かれたからだ。我々は違う方法でやる。Focals はメガネであることを第一に設計し、コンピュータを内部に隠すことができる新技術を発明した。(Lake 氏)

Intel もまた、Vaunt と呼ばれる類似したスマートグラスプロジェクトに着手していたが、今年初め、このビジネスを閉鎖すると発表している。

Thalmic Labs から North へ

Lake 氏は、スマートグラスを開発し始めた理由の一つは、Myo での体験に由来すると VentureBeat に語った。Myo が提案したユースケースの一つは、Google Glass などサードパーティのスマートグラスと連携させ、工業用環境でスマートグラスのスクリーン上に表示された情報の操作に使われるというものだった。しかし、Thalmic Labs はしばしば、この使われ方が平均以下であることを悟り、スマートグラスをインターフェイスとして改善することに焦点を移した。

Myo がお蔵入りとなり、新しい名前とコンシューマプロダクトを手にした North は、まだ盛り上がっていないカテゴリで頭角を表そうとしている。消費者は、スマートフォンをポケットに入れたままにしおけるという特権のために999米ドルを払うだろうか? まだその結論は明らかになっていない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------