排泄予測デバイス「DFree」のトリプル・ダブリュー・ジャパンCCOに、元メルカリの岡本杏莉氏が就任

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.2.18

岡本杏莉氏

排泄予測デバイス「DFree(ディーフリー)」を開発・提供するトリプル・ダブリュー・ジャパンは18日、同社 CCO(Chief Corporate Officer)として、元メルカリの岡本杏莉氏(日本及びニューヨーク州弁護士)が参画したことを発表した。岡本氏は、同社創業当初より出資やリーガル面でのアドバイスを行ってきたが、今後は、同社のアメリカ支社、ヨーロッパ支社を含むグローバルのコーポレート部門全般を統括し、ファイナンス、リーガルをはじめ、組織の強化などを通じてより一層の当社の事業成長に貢献するとしている。

岡本氏は慶応義塾大学卒業後、西村あさひ法律事務所に入所し国内・ クロスボーダーの M&A/Corporate 案件を担当。その後、 Stanford Law School(LL.M)に留学し、ニューヨークの法律事務所で研修を受けた。2015年3月にメルカリに入社し、日本とアメリカの法務を担当。2016年3月と2018年3月の大型資金調達、2018年6月の IPO でプロジェクトマネジメントを担当した。メルカリでの業務以外にも、個人でスタートアップ等へのリーガルアドバイスも行ってきた。2017年12月には法律事務所 ZeLo、リーガルテックスタートアップの Legal Force に参画、2018年3月にはスペースマーケットの監査役に就任した。

岡本氏は次のようにコメントしている(一部抜粋)。

代表の中西氏とは米国留学中からの友人で、約5年半前に Stanford 内で「DFree」の事業構想のプレゼンを受けたことを印象深く覚えています。重要な社会課題に向き合う事業であり、かつ 日本のみならず世界で数多くの人々の生活を変えられるポテンシャルがあると感じました。

(中略)私が前職のメルカリで在籍した4年間で、社員が 100名以下で知名度も低かったところから、社員は約1,600名を超え、大型の資金調達や上場などで社会から成長を大きく期待される企業になりました。その経験を活かし、今後はトリプル・ダブリュー・ジャパンの成長を大きく加速させていきたいです。

DFree が CES Innovation Awards 2019 を受賞。
Image credit: Triple W Japan

トリプル・ダブリュー・ジャパンは2017年以降、アメリカやヨーロッパでのサービス提供に先立ち、それぞれ海外支社を立ち上げている。最近では先月、アメリカ・ラスベガスで開催された「CES 2019」で、CES Innovarion Awards や Engadget「Best of CES」など4つのアワードを受賞した。国内では先ごろ中小機構が開催した「Japan Venture Awards 2019」で、中小機構理事長賞を受賞したことが記憶に新しい。

<参考文献>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------