宿泊権利売買の「Cansell」、対象宿泊施設を5ヶ国に拡大——年内に多言語対応、20カ国でサービス開始へ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.3.27

Image credit: Cansell

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、泊まれなくなった際のホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は27日、権利売買の対象となる宿泊施設を、これまでの日本のみから、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダに拡大したことを明らかにした。

Cansell では、宿泊予約をしたものの、そのホテルへの宿泊予定が無くなってしまったユーザが宿泊権利を出品、他方、宿泊するホテルを探しているユーザがそれを購入する。出品者にとっては、OTA やホテルにキャンセル料を支払うよりも結果的に割安に、また、購入者にとっては、Cansell 上に出品された宿泊権利を OTA などでホテルを予約するより割安な金額で購入できることになる。

Cansell は2016年9月から国内向けにサービスを提供してきたが、今後は海外出張や旅行客の需要を取り込むことができる。多言語化を図ることでインバウンド客の流入を狙えるが、同時に CancelOnRoomer といった海外勢との攻防にさらされることも必至で、今後どのような差別化を測るかが注目される。

同社は Open Network Lab の第14期から輩出。昨年8月にシリーズ A ラウンドで約2億円を調達、2017年1月にシードラウンドで4,000万円を調達している。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------