宿泊権利売買の「Cansell」、シリーズAラウンドで約2億円を調達——DGインキュベーション、DK Gate、マネックスベンチャーズらから

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.8.20

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、泊まれなくなった際のホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は20日、シリーズ A ラウンドで約2億円を調達したことを明らかにした。出資参加したのは、DK インキュベーション、DK Gate(デジタルガレージと講談社の JV)、マネックスベンチャーズ、名前非開示の個人投資家。これは同社にとって、2017年1月に実施した4,000万円の資金調達(シードラウンド)に続くものだ。DK インキュベーションは、前回ラウンドに続く2回目の出資参加。

同社では、調達した資金を使って、サービス開発体制の強化とマーケティング施策への投資を実施し、今年3月に発表した宿泊施設を対象とした法人向けサービス「Cansell パートナープログラム」の本格的な展開に向けた運営体制の構築を推進するとしている。Cansell パートナープログラムでは、参加したホテルや旅館に、キャンセル保証、キャッシュバック、公式サイトへの送客(Cansell サイトからホテルや旅館の公式サイトへのリンク)、提携サービスの利用優待などが提供される。

Cansell は、映画専門のクーポン共同購入サービス「ドリパス」(その後、ヤフーが買収)でプロダクトマネージャーを務めた山下恭平氏らが2016年1月に設立し、2016年9月にサービスをプレビューローンチ。昨年1月には、DG インキュベーション、カカクコム、大和企業投資、イノベンチャーから4,000万円を調達、また、昨年4月には ONLab 第14期プログラムのデモデイで優勝した。昨年末の IVS Connect では、マイレージ現金化サービスを提案し、ANA 賞を受賞している。

先月には web サイトを大幅にリニューアルし、旅行条件を入力するだけで、大手 OTA(オンライン旅行代理店)横断でホテル毎の価格が検索・比較できる上に Cansell 上での出品価格も表示される価格比較機能を実装した。ユーザにとっては、他の価格比較サイトと併用しなくても、Cansell 単体でホテル価格を比較検討できるようになった。この際、同社はサービスロゴとサービスの URL も変更している。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------