中国のインダストリー4.0を牽引するSaaSスタートアップBlack Lake(黒湖科技)、シリーズBラウンドで1億5,000万人民元(約24.2億円)を調達

by TechNode TechNode on 2019.5.13

Black Lake(黒湖科技)創業者で CEO の Zhou Yuxiang(周宇翔)氏
Image credit: Blue Lake(黒湖科技)

中国のビジネスソフトウェアプロバイダーの Black Lake(黒湖科技)は6日、GSR Ventures と Bertelsmann Asia Investments(BAI)がリードするシリーズ B ラウンドで1億5,000万人民元(約24.2億円)を調達したと発表した

上海を本拠とする同社は2016年以降、製造業向けのデータ分析ツールなどソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)のアプリケーションを販売している。同社によると、クラウド対応の Manufacturing Execution System(MES)なら2ヶ月で、製品ラインの新規購入や更新をせずにインストールできるという。また、生産サイクルやペナルティ率を平均で35%下げられるともコメントしている。

同社広報担当は6日、2018年4月までに契約した20社ほどのクライアント企業はすべて契約を更新したと TechNode(動点科技)に伝えた。クライアントには中国国営企業の China Resources Group(華潤集団)のほか、世界的なビール醸造の Anheuser-Busch InBev、マクドナルドなどが含まれる。

<関連記事>

北京を本拠とするプライベートエクイティ企業の GSR Ventures は、配車大手の Didi(滴滴出行)やフードデリバリーサービスの Ele.me(餓了麼)を初期段階から支援してきた。GSR 以外にも、GGV Capital(紀源資本)や Zhen Fund(真格基金)といった世界的に著名な投資家がフォローオン投資に帰ってきた。

GGV Capital プリンシパルの Joshua Wu(呉陳堯)氏は TechNode に対し、次のように述べた。

Yuxiang 氏とそのチームは、中国製造業のデジタルアップグレードでさらに大きな役割を果たしてくれると信じています。それが、投資を続けている理由です。

Black Lakeによると、2018年の売上高は4,000万人民元(約6.4億円)だった。年間製造額1億人民元(約16.1億円)のクライアントの場合、毎年15万〜25万人民元(約241.6万円〜約402.6万円)の利用料を支払っているという。同社設立者兼 CEO の Zhou Yuxiang(周宇翔)氏はダートマス大学卒で、かつてカナダの政府系ファンドで投資マネージャーを務めていた。

中国は、クラウドサービスとインテリジェントツールの力を借りて、製造大手をスマートファクトリーに変革することで同国製造業のリーダーシップを保持する取り組みに余念がない。2017年に国務院から発表された文書の中で、北京市は2020年までに少なくとも30万社に対し、製造管理、品質維持、素材追跡で業界向けインターネットサービスを取り入れるよう圧力をかけるだろうとしている。

中国工業情報化部(MIIT)のチーフエコノミスト Wang Xinzhe(王新哲)氏は先月、記者向けのイベントで、ワークフロープロセスを効率的に生み出すために製造サービスがデータセンターにホストされ、分析がなされるクラウド工場も2019年における政府の注力事項だと語っていた。国務院によると、政府は約100万もの工場オーナーに対し、2025年までにローカルサーバではなくクラウドにデータを移行させるよう要請している。これは、よりスマート、よりセキュアで、安定した工場を構築する幅広い取り組みの一環である。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------