AI教育で英文法を最短学習ーーatama plus(アタマプラス)が中学生向け「英文法」教材提供開始

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2019.7.22

image1.png

タブレット型AI教材「atama+」を展開するatama plusは7月18日、新たに中学生向けの「英文法」の提供を開始した。高校生向けの「英文法」は2017年3月より提供しており、これに続くもので、人工知能を活用した中高生向けの個人向け最適化学習(アダプティプラーニング)の促進が期待される。

2020年度の大学入試からこれまでの聞く・読むに加えて話す・書くを含めた英語4技能が求められるなど英語学習の環境がより実践的に動く。atama plusではこれに対し、英文法の理解が全ての英語基礎学力の向上につながるとして、ここの習得時間の効率化を推し進める。なお、atama plusでは一部教科で学習指導要領に必要とされている履修時間の大幅短縮に成功している。

<参考記事>

従来の文法学習は英文でつまずいた場合、英文そのものを繰り返し学習するのが通例だったが、atama plusの教材の場合、文型や時制などどの要素が分かっていないかを人工知能で分析・診断した上で個別に適切なカリキュラムに立ち戻って学習指導してくれる。

現在の対応教科は中学生向けが数学と英文法で、高校生向けには数学、英文法、物理、化学が提供されている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------