米スポーツテックスタートアップのForm、200米ドルの水泳用ARゴーグルを8月7日に販売開始

SHARE:

スポーツテック企業 Form は Form Swim Goggles を発表した。この水泳用ゴーグルは水中で使用でき、アスリートが拡張現実ディスプレイ上でパフォーマンスの測定結果を見ることができるものだ。

軽量なこのゴーグルは200米ドルで販売される。ゴーグルを製作したスタートアップの設立者 Dan Eisenhardt 氏は、2015年に Recon Instruments を Intel に売却した人物である。

透明な AR ディスプレイは時間を競う競技の中でアスリートがどう動いているのかをリアルタイムで表示することができる。元オリンピック選手を含むトップレベルの水泳選手やコーチと4年間協力し開発された Form Swim Goggles は、全てのスイマーにとってトレーニングをよりスマートに、より目的意識を持ったものに、そしてより取り組みやすいものにすると、バンクーバーを拠点とする同社は述べた。

水泳は世界でも最大のスポーツの1つであり、アメリカだけでも3,000万人を超えるアクティブスイマーがプールで泳いでいる。地上ではランニングウォッチやバイクコンピューターといったデバイスを通じてリアルタイムにパフォーマンスの測定結果へアクセスすることで、ランナーやサイクリスト、トライアスロン選手のトレーニングが変化してきた。しかしプールでは既存のウェアラブルデバイスではパフォーマンスレベルに支障をきたしたり、リアルタイムでアクセスすることが困難であった。Form Swim Goggles はこのペインポイントを解決する。

Form の水泳用 AR ゴーグルは、8月7日に200米ドルで発売予定。
Image Credit: Form

Form の設立者兼 CEO の Eisenhardt 氏は声明でこう述べた。

私は競技水泳を14年間やっていましたが、リアルタイムで測定結果にアクセスできないことが本当に不満でした。Form のアイデアは何年も前からありましたが、ついに今、高性能な水泳用ゴーグルというテクノロジーによってこの体験をシームレスにお届けできる時代に突入したのです。業界トップの人材が集まったチームを通じて水泳の根本的な問題の解決に至ったことを、非常に誇らしく思います。

Form Swim Goggles は3つの重要な構成要素で成り立っていると同社は述べている。

  • 拡張現実ディスプレイ。ゴーグルのレンズと一体化したこのディスプレイは十分な透明性をもち、視界を妨げない上、常にピントが合った状態ではっきりと表示される。
  • 小型の搭載コンピューター。搭載されたコンピューターは超小型で16時間のバッテリー容量を持ち、人工知能を使用してスプリットタイムや距離、ストローク率、ストローク数といった測定結果を表示する。
  • 上質なデザインの水泳用ゴーグル。Form は高級素材と業界トップの製造工程を用いて、一見すると普通の水泳用ゴーグルのデザインに最高のフィット感、耐久性、そして流体力学的な形を持たせている。
Form は、水泳に関する計測データをリアルタイムで教えてくれる。
Image Credit: Form

Form Swim Goggles と共に iPhone と Android 用のアプリ「Form Swim」もローンチされる。このアプリによって、水泳選手とコーチは Form Swim Goggles が記録したトレーニングをレビューしたりシェアしたりすることができ、また時間経過に沿った上達具合を追跡することもできる。また、水泳選手がどの測定結果をゴーグルに表示するのか、いつ表示するのか(泳いでいる最中、ターンした後、休憩中)といったこともカスタマイズできる。

Form のストラテジックパートナーシップのディレクター Scott Dickens 氏は声明でこう述べている。

私はオリンピックに2回出場しました。2004年と2012年です。トップレベルでは全てのことが100分の1秒単位で測られます。ゴーグルにリアルタイムで測定結果が表示されるというのは、まぎれもなく革新的なことです。Form によって、水泳選手とコーチはその瞬間に何が起きているのか、もっと分かるようになります。たとえハイレベルな水泳選手ではなくとも、水泳はもっと魅力的なものになりますし、単純に面白くなります。自分がどう動いているのかを常に正確に知ることができ、自分と勝負しながら泳ぐことができるようになります。

スポーツテックの起業家であり元 NJCAA の水泳選手でもあった Eisenhardt 氏は、2016年に同社を設立した。彼の前の会社 Recon Instruments はスポーツ用 AR アイウェアの先駆者であったが、2015年に Intel に買収された。

Form は元のチームから多数を雇用しており、スポーツ用アイウェアの設計、活動追跡のアルゴリズム、拡張現実のレンズといったことに関する何十年ものノウハウを合わせ、活用している。

Form Swim Goggles は Form のウェブサイトで8月7日から200米ドルで購入でき、国外にも発送される。アプリは iOS と Google Play で同日に無料で利用可能となる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------