xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)、世界の将来予測スタートアップを網羅した「Forecast Tech」のカオスマップを公開

SHARE:
Image credit: xenodata lab.
クリックして拡大

企業の業績予測 AI SaaS「xenoBrain(ゼノブレイン)」を開発・提供する xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)は6日、世界の将来予測スタートアップを網羅したカオスマップ「Forecast Tech Chaos Map 2019」を公開した。テクノロジーの分野を予測というジャンルで括ったカオスマップは世界的にも珍しい。

この分野はアメリカのスタートアップがリードしており、小売の売上・販売数・客数予測を行う RELEX、工場の生産設備の更新時期を予測し、設備投資の最適化を支援する C3.ai、セキュリティリスクの事前検知に特化した Security Scorecard など、複数のスタートアップが累計で100億円以上に及ぶ資金調達を実施しているという。

日本国内では、電力需要予測と発電最適化ソリューションを提供するパネイル、IoT センサーを用いて介護現場における高齢者の排泄予測を行う D FREE などが注目を集める。また、Amazon は、時系列データに基づく製品需要予測サービス「Amazon Forecast」のローンチ を発表、日本でもソニーが機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を発表している。

日本における予測テクノロジーの分野では、独自のアルゴリズムに基づく株価予測を提供する Alpaca、ビッグデータを用いた企業の売上予測を提供する Nowcast、自然言語処理技術を用いたニュース解析により企業業績を予測する xenodata lab. などが挙げられている。

via PR TIMES

----------[AD]----------