フットウェアブランド「GIDDY」運営がNOWなどから資金調達、新モデルの開発を推進

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.8.23

フットウェアブランド「GIDDY」と「GIDDY UP」を運営する FOOLS は8月6日、NOWと内藤 裕紀氏、佐藤 裕介氏、赤坂 優氏ら個人を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は3100万円で、出資比率や払込日などの詳細は非公開。同社は調達した資金でプロダクト開発とマーケティング強化を実施する。

展開する「ジュエリー」「インターステラー」は特徴的なアウトソールを持ったフットウェア。現在公式ストアでは、2型4色ずつの展開をしており、8月に2型合計9色、11月には2型合計19色のアイテムを追加公開予定。価格は2万5000円。2020年の3月には新型を投入すべく、現在開発を進めており、また、オンラインストアの機能改善と海外を含めた取引先店舗の拡大も目指すとしている。

同社は今後、新たなブランディング戦略や、3Dプリント技術などを使った受注生産システムの開発などを通じて効率的な生産・販売手法の確立を目指すとしている。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------