体のコンディションを整えるインソール「TENTIAL ZERO」、アカツキが支援するスポーツテック企業が販売開始

SHARE:

Screen Shot 0001-08-16 at 9.35.10.png

スポーツテックのTENTIALは8月8日、体全体のコンディションを整えるインソール「TENTIAL ZERO」を同日より発売開始した。サイズはS(〜24.5cm) M(25cm〜26.5cm)L(27cm〜28cm)XL(28.5cm〜29.5cm)で、価格は7980円(税抜き、送料別)。

同社の説明によると、従来のインソールは土踏まずの盛り上がりを固定し、足の内側部アーチをサポートすることで機能性の向上を図ってたが、内側部を押さえつけることにもなり、運動性を制限してしまう側面を持つという。

そこで「TENTIAL ZERO」では、立方骨を中心に足の骨格を整える理論で、内側縦アーチ・外側縦アーチ・横アーチの3つを連動してバランスよく機能させることにより、運動性に加え、安定性も同時に実現しているという。

インソールには、衝撃吸収性と反発性の2面を兼ね備えた素材である「ポロン」を使用し、人工レザー素材によりグリップ性と耐摩擦性を実現している。「TENTIAL ZERO」を使用することで足にかかる負担を軽減し、重心動揺減少における体幹向上が期待できるという。

TENTIALの創業は2018年2月。エンターテインメント事業を手がけるアカツキから今年4月に1.3億円の出資を受けている。

補足訂正:記事初出時に社名をAspoleとしましたが、社名変更があり正しくはTENTIALです。訂正して補足させていただきます。

via PR TIMES

----------[AD]----------