ヘリのチャーターサービス「AIROS」のAirX、近鉄ベンチャーパートナーズなどから1.3億円の資金調達

SHARE:

Screen Shot 0001-08-16 at 9.01.11.png

ヘリのチャーターサービス「AIROS」などを運営するAirXは8月7日、近鉄ベンチャーパートナーズ、マネックスベンチャーズほかを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は1億3000万円。

今回の資金調達により、関東から全国への運航エリアの拡大に加え、航空会社との連携による在庫拡充、エンジニアなどの人材採用を進める。近鉄ベンチャーパートナーズとは、事業連携による関西での運航エリアの拡大や、観光地等におけるヘリポート設置の検討を予定している。

AirXはヘリのチャーターサービス「AIROS」や「AIROS Skyview」、ライドシェアサービス「CodeShare」を運営している。「AIROS」の利用者数は4000人。従来ヘリなどの小型航空機の運賃は高価で利用者は一部の人に限られていた。同社は、遊休ヘリと着陸地の独自データベースに基づくオンデマンドのヘリ手配システムを構築し、即時予約と運賃の低価格化に挑戦している。

via PR TIMES

----------[AD]----------