クラウド型ビジネスチャットツール「Chatwork(チャットワーク)」、東証マザーズに上場へ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.8.16

Image credit: Chatwork

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

クラウド型ビジネスチャットツール「Chatwork(チャットワーク)」を運営する Chatwork は15日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されたことを発表した。上場⽇は9⽉24⽇の予定で、60万株を公募。790万株を売り出し、需要に応じて127万500株を上限に追加売り出し(オーバーアロットメント)を行う。主幹事は大和証券。仮条件は8月29日に決定され、ブックビルディング期間は9月2日から6日まで。

有価証券報告書によると、18年1~12月期の通期業績は、売上高が13億100万円、営業損失が1億8,600万円、純損失が1億1,000万円。同社の旗艦サービスであるクラウド型ビジネスチャットツール Chatwork の全ユーザー数は274万7,000人で、うち有料プランのユーザー数は36万4,000人(19年6月末時点)。このほか、スロバキアの IT セキュリティ会社 ESET のアンチウイルス製品の販売を行なっている。

Image credit: Chatwork

Chatwork は2000年7月の設立(設立当時の名前は EC Studio)。2015年4月に GMO Venture Partners から3億円、2016年1月に GMO Venture Partners、ジャフコ、新生企業投資、SMBC ベンチャーキャピタルから15億円を調達している

元々、大阪で設立された Chatwork だが、神戸市西部の谷上地区にシリコンバレーのようなエコシステムを作るというプロジェクトに参画し、本社を神戸・谷上地区に移転。現在、東京や大阪にもビジネスぺレーションを置き、また台北には駐在所を開設している。

<関連記事>

via Chatwork

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------