元祖フリマアプリ「Fril」、楽天が運営会社のFablicを数十億円で買収へ【報道】

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2016.9.3

楽天はフリマアプリ「Fril」を展開するFablicの全株式を取得し、近く子会社化すると日経が報じている。 報道によると、全株式の取得金額は数十億円でFablicは楽天の完全子会社の形で存続し、楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」と合わせて月間流通額を30億円程度まで伸ばせる見込みとしている。

Fablicの創業は2012年4月。OpenNetworkLabの4期生としてFrilを同年9月に公開。国内で最初に「フリマアプリ」というジャンルを打ち出した元祖だ。その後順調に数字を伸ばし2014年7月に月間流通総額が5億円に到達したことを公表。同年10月にクックパッド、コロプラ、ジャフコの3社を引受先とする第三者割当増資で10億円の資金を調達していた。

また、最近ではバイクに特化したフリマアプリ「RIDE」を立ち上げるなど、ファッションからの領域拡大の動きを見せている。

Fablic代表取締役の堀井翔太氏

順調に流通総額を伸ばす一方で、約1年遅れの2013年7月に公開されたフリマアプリ「メルカリ」が大躍進し、2016年3月時点で月間流通総額100億円を突破するなど水を開けられる状況が続いている。本件についてFablicからコメント取れ次第アップデートをしたい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------