THE BRIDGE

タグ ChatWork

クラウド型ビジネスチャットツール「Chatwork(チャットワーク)」、東証マザーズに上場へ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 クラウド型ビジネスチャットツール「Chatwork(チャットワーク)」を運営する Chatwork は15日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されたことを発表した。上場⽇は9⽉24⽇の予定で、60万株を公募。790万株を売り出し、需要に応じて127万500株を上限に追加売り出し(オーバーアロットメント)を…

Image credit: Chatwork

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

クラウド型ビジネスチャットツール「Chatwork(チャットワーク)」を運営する Chatwork は15日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されたことを発表した。上場⽇は9⽉24⽇の予定で、60万株を公募。790万株を売り出し、需要に応じて127万500株を上限に追加売り出し(オーバーアロットメント)を行う。主幹事は大和証券。仮条件は8月29日に決定され、ブックビルディング期間は9月2日から6日まで。

有価証券報告書によると、18年1~12月期の通期業績は、売上高が13億100万円、営業損失が1億8,600万円、純損失が1億1,000万円。同社の旗艦サービスであるクラウド型ビジネスチャットツール Chatwork の全ユーザー数は274万7,000人で、うち有料プランのユーザー数は36万4,000人(19年6月末時点)。このほか、スロバキアの IT セキュリティ会社 ESET のアンチウイルス製品の販売を行なっている。

Image credit: Chatwork

Chatwork は2000年7月の設立(設立当時の名前は EC Studio)。2015年4月に GMO Venture Partners から3億円、2016年1月に GMO Venture Partners、ジャフコ、新生企業投資、SMBC ベンチャーキャピタルから15億円を調達している

元々、大阪で設立された Chatwork だが、神戸市西部の谷上地区にシリコンバレーのようなエコシステムを作るというプロジェクトに参画し、本社を神戸・谷上地区に移転。現在、東京や大阪にもビジネスぺレーションを置き、また台北には駐在所を開設している。

<関連記事>

via Chatwork

----------[AD]----------

14年間黒字経営をしてきたChatWorkが上場を視野に入れGMO VPから3億円を資金調達

SHARE:

ChatWorkが本日、GMO VenturePartnersに対して第三者割当増資を実施し、3億円を資金調達した。調達した資金はシステム開発強化のためエンジニアの積極採用、新機能開発、新規ユーザ獲得に向けてのプロモーション、アライアンスパートナー開拓の推進等に充てられる。 GMO VenturePartnersはアジアのネットワークや決済インフラとのパイプを持ち、ChatWorkはアジア…

左から:GMO VenturePartners 取締役 村松竜氏、ChatWork 代表取締役 山本敏行氏
左から:GMO VenturePartners 取締役 村松竜氏、ChatWork 代表取締役 山本敏行氏

ChatWorkが本日、GMO VenturePartnersに対して第三者割当増資を実施し、3億円を資金調達した。調達した資金はシステム開発強化のためエンジニアの積極採用、新機能開発、新規ユーザ獲得に向けてのプロモーション、アライアンスパートナー開拓の推進等に充てられる。

GMO VenturePartnersはアジアのネットワークや決済インフラとのパイプを持ち、ChatWorkはアジアへの展開を強化する。ChatWorkは現在大阪、東京、シリコンバレーにオフィスを構えており、社員数は35名。今後、シリコンバレーのChatWork Incでも優秀な人材を積極的に採用していき、2〜3年以内に 100 名以上の体制へと成長させることを目指す。

ChatWorkは今年のうちにVer4.0のリリースも予定している。Ver4.0では、モバイルアプリの全面リニューアル、タスク機能とビデオ会議機能の強化、デスクトップアプリの開発、APIの正式リリースなどが行われる予定だ。

ChatWorkは2000年に創業して以来、これまで自己資金のみで運営し、14年間黒字経営を行ってきた。今回の資金調達を機に上場を視野に入れ、会社の体制強化、プロダクトのさらなる開発に注力する。

----------[AD]----------

フリーランスエンジニア向け仕事紹介サービス「PROsheet」がチャットワークと提携

SHARE:

シェアゼロが運営するフリーランスITエンジニア向けに週2日から仕事を紹介するサービス「PROsheet(プロシート)」が、クラウド型ビジネスチャットツール「ChatWork(チャットワーク)」と提携することを発表した。 「PROsheet」を通じて仕事をしているユーザは、シェアゼロが会費を負担する形で月額400円の「チャットワークパーソナルプラン」を無償で利用できる。「PROsheet」会員へのヒ…

chatwork prosheet

シェアゼロが運営するフリーランスITエンジニア向けに週2日から仕事を紹介するサービス「PROsheet(プロシート)」が、クラウド型ビジネスチャットツール「ChatWork(チャットワーク)」と提携することを発表した。

「PROsheet」を通じて仕事をしているユーザは、シェアゼロが会費を負担する形で月額400円の「チャットワークパーソナルプラン」を無償で利用できる。「PROsheet」会員へのヒアリングの結果、利用しているユーザが非常に多いことがわかり、今回の提携に至った。

「PROsheet」は昨年10月に、PROsheetで稼働しているフリーランスエンジニアを対象に、全自動会計クラウドソフト「freee(フリー)」、クラウドで税理士や弁理士などの士業に相談できる「Bizer(バイザー)」との提携も発表している。

今回のChatworkとの提携を加えて、「freee」、「Bizer」、「ヘヤジンプライム」、「LightningSpot」と、フリーランスで働く上で必要になる、会計、バックオフィス、住む部屋、働く場所に関するサポートを受けられるようになった。

prosheet

こうしたフリーランス向けの福利厚生の充実により、ユーザからは「freeeの無料版を使っていたので申し込みました。こうやってサポートいただけるのはすごく心強い」「5月から上京、PROsheet経由で決まったベンチャーで仕事する予定で、これからヘヤジンプライムで部屋を探します。仲介手数料無料は助かる」「仕事からオフィスまで、起業したての自分をフルサポートしてもらえて感謝している」といった声が届いているという。

クラウドソーシングについて話をするときにも登場することだが、現在よりもフリーランスが働きやすい環境を整備していく動きが活発化している。フリーで仕事をする上でデメリットだとされていた部分が解消されていくとしたら、より柔軟に働き方を選ぶことが可能になる。

シェアゼロの中川亮氏はパラフトという会社で新しい働き方を紹介する求人・転職メディア「Paraft」も立ち上げている。こうした動きが新しい働き方を生み出すのにどう影響していくのか、期待したい。

----------[AD]----------

ビジネスチャットツールChatWork、北米・アジアに続き欧州展開をルクセンブルクからスタート

SHARE:

クラウド型ビジネスチャットツール「チャットワーク」の開発を行うChatWork株式会社は、同サービスの欧州での展開をルクセンブルクよりスタートさせると発表した。これは昨年の北米展開、今年春のアジア展開に続く海外展開となる。 ChatWork株式会社が提供する「チャットワーク」は、2011年3月にスタートしたグループチャット、タスク管理、ファイル管理、ビデオ通話などが可能な法人向けのクラウド型ビジネ…

logotype_basic_bgnone
クラウド型ビジネスチャットツール「チャットワーク」の開発を行うChatWork株式会社は、同サービスの欧州での展開をルクセンブルクよりスタートさせると発表した。これは昨年の北米展開、今年春のアジア展開に続く海外展開となる。

ChatWork株式会社が提供する「チャットワーク」は、2011年3月にスタートしたグループチャット、タスク管理、ファイル管理、ビデオ通話などが可能な法人向けのクラウド型ビジネスチャットツール。PCからはもちろん、スマートフォンやタブレットからなどマルチデバイスで利用可能だ。

ルクセンブルクは先進国の中でも特に税率が低い国であり、数多くの国外企業を誘致することに成功している国。Skypeが生まれた国としても知られる。チャットワークが欧州の進出先としてルクセンブルクを選んだ理由は、同国はドイツ、フランス、ベルギーに面しており、国民のほとんどが英語・ルクセンブルク語・ドイツ語・フランス語の四カ国語を話すことができるため、言語的にも立地的にも欧州展開に最適の地と判断したとのことだ。同社は、現在ルクセンブルクにて開催中のスタートアップの祭典「ICT SPRING」にも参加している。

同社の発表によれば、2013年6月時点でのユーザー数は200,000ユーザを超えているという。Dropbox やEvernoteの有料ユーザー率実績と言われる4〜4.5%を上回る高い有料ユーザー率を持ち、毎日5万ユーザー以上がログイン、これまでに1億件以上のメッセージがやり取りされたという。

チャットワークは先月、5月にビデオ通話、画面共有が可能な新機能「ChatWork Live」が追加されたばかり。Skypeが生まれた国から、ChatWorkがどれだけ欧州で広まっていくのか楽しみだ。

----------[AD]----------

ガイアックスが社内SNS「Co-Work」をリリース。加熱するビジネスチャットツール

SHARE:

企業向けSNSなどを提供しているガイアックスが、組織内における情報共有やコミュニケーションツールとして「Co-Work」をリリースした。 ガイアックスは、内定者フォローや新人教育、育休者向けSNSなど利用者や目的に絞ったSNSの開発を展開していた。その中で、企業における社内SNSに注目。より業務に専念し、業務効率を図るためのツールとしてCo-workを開発した。 Co-workは、登録の際にはまず…

企業向けSNSなどを提供しているガイアックスが、組織内における情報共有やコミュニケーションツールとして「Co-Work」をリリースした。

ガイアックスは、内定者フォローや新人教育、育休者向けSNSなど利用者や目的に絞ったSNSの開発を展開していた。その中で、企業における社内SNSに注目。より業務に専念し、業務効率を図るためのツールとしてCo-workを開発した。

TOP

Co-workは、登録の際にはまずは企業ドメインが必要だ。そのため、フリーアドレスは登録できない。また、機能もファイル共有と多数タスク依頼としてのメンション機能に絞った。メンション機能によって情報をストックしタスクが完了しかたどうかを相手に確認することができる。さらに、プロジェクト単位でのグループ作成だけでなく「カンパニー」というタイムラインを搭載。自分が参加していないグループでも社内の他のメンバーが投稿した公開情報を閲覧することが可能だ。他部署の活動の可視化などを踏まえて、企業内における自身のプロジェクト以外の範囲を超えた情報共有を促すことを目指している。

「これまでのビジネスチャットツールなどと違い、企業内のツールに特化した仕様になっています。特に大きな企業ではプロジェクト型で組織が運営されており、またメールの情報量も多い。そうした企業において、より業務効率を図るためのエンタープライズ向けとして提供していきたい」。

コーポレートコミュニケーション推進部部長の佐別当隆志氏が語るように、スタートアップのみならず、大手企業へのICT環境を構築するサービスの参入の可能性はまだまだあるといえる。

今後は、スマホへの最適化、英語のみでなく中国語や韓国語への対応を実施する予定だ。外出や海外展開など、移動の多いスタッフを抱えている企業への展開を考えているという。他にも、ユーザコミュニティを形成し、ユーザフィードバックを重視した開発をおこなっていく。

加熱するグループチャットやエンタープライズ向けサービス

情報量が膨大化した現代において、TwitterやFacebook、LinkedIn、メールにLINEなどのツールでのやりとりが多く、筆者もどの人にどのツールでやりとりをしたか、またどの人はどのツールだと反応がよいか、など色々と考える機会も多い。

それぞれのツールによって、また人によってツールの使い分けも多様で、そうした混在したやりとりに対する改善が今後図られることを期待する。また個人やスタートアップ以外でも、Co-workなどのようなビジネスチャットツールは盛り上がりをみせている。Chatworkは、現在ではユーザ数を15万人以上を誇り、北米のみならずアジア圏へも展開をみせている。グループウェアサービスのサイボウズLiveも、ユーザ数が30万人を突破し、グループイベントをGoogleカレンダーツールに表示できるなど、サービスの拡充を図っている。企業における情報共有としての利用拡大として、国内の様々なジャンルの企業に対してアプローチを進めている。海外サービスだと、ToDo管理サービスのasanaもタスク管理として日本国内でもユーザ数を増やしている。

ビジネスにおける企業内、企業と個人、個人と個人でのコミュニケーションなど、多様なコミュニケーションの可能性がある中、どのそれぞれの利用シーンに応じたサービスが、今後益々展開されると考えられる。ビジネスをより効率化を図るための新たな動きとして、今後も注目していきたい。

----------[AD]----------

利用者10万人を誇る日本発のビジネスコミュニケーションアプリ「ChatWork」がいよいよアジアに進出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 日本には多くのChatWorkファンがいる。登録者10万人の多くは国内ユーザで、毎月1万人のペースで増え続けている。同アプリは、Zoho、京都大学、九愛病院といった企業や組織にも導入されている。また日本の通信業社KDDIと提携し、大規模企業向けのアプリ開発も行っている。 興味深いことに、最近シンガポールで催されたネットワーキングイベントで、日本企業の社員に話…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

日本には多くのChatWorkファンがいる。登録者10万人の多くは国内ユーザで、毎月1万人のペースで増え続けている。同アプリは、Zoho、京都大学、九愛病院といった企業や組織にも導入されている。また日本の通信業社KDDIと提携し、大規模企業向けのアプリ開発も行っている。

興味深いことに、最近シンガポールで催されたネットワーキングイベントで、日本企業の社員に話しかけたところ、彼らがChatWorkのユーザであることがわかった。実に世間は狭い。

もちろん、ビジネスコミュニケーションアプリは別段新しいものではない。ウェブ、iOSAndroid版があるChatWorkが、YammerAsanaとどう異なるのか? ChatWorkのマーケティング担当者である谷川周平氏の説明によると、Yammerはソーシャルネットワークであり、ChatWorkはソーシャルネットワークではない。純粋なコミュニケーションツールなのだという。

また、縦横両方向にコミュニケーションギャップを埋める手段として、Yammerは大規模組織に最適であるのに対し、ChatWorkは小規模チームと中小企業向けに構築されている。

同アプリはタスク管理、モバイル対応、ファイル管理などでAsanaと同様の機能を搭載している。しかし、Asanaはビジネス向けWhatsappのようなグループチャット機能を持たない。どちらもフリーミアムでサービスを提供しているが、ChatWorkはより料金が手頃のようである。

ChatWorkは10年以上もの間、中小企業向けにIT製品やサービスを提供してきた。これまで、外部の助けや資本なしにビジネスを始める「ブートストラッピング法」で持続可能なビジネスを築いてきた。ChatWorkを開発し、サービスを開始したのは2011年3月のことである。

ChatWorkはアジア地域へ進出するにあたり、シンガポールにオフィスを構えることを検討している。同社はまた、他のビジネス生産性アプリとの差異を大きくするために、スクリーンキャプチャ機能の搭載にも取り組んでいる。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

----------[AD]----------