シンガポールとインドネシアでオンライン不動産情報サイトを展開する99.co、シリーズBラウンドで1,520万米ドルを資金調達

SHARE:
Image credit: 99.co

Tech in Asia では既報だが、シンガポールに本拠を置く不動産プラットフォーム 99.co は8月20日、MindWorks Ventures (概念資本) と Allianz X がリードしたシリーズ B ラウンドで1,520万米ドルを調達したことを公式に発表した。このラウンドには以前から 99.co に投資している East Ventures、Sequoia(インド)、Eduardo Saverin 氏が参加している。

新たに調達した資金は、99.co のシンガポールとインドネシアでの規模拡大に使われることになる。同社は不動産に関する新しい市場を開拓して金融製品も立ち上げる予定だ。

99.co は Darius Cheung 氏、Yan Phun 氏、Conor McLaughlin 氏によって設立され、デザイン重視のテクノロジーとデータをエンドユーザと不動産業者に提供している。

同社によると、2017年以来ユーザ数が38倍に増えており、今では月間ユーザ数が380万人にのぼるという。

CEO 兼共同設立者 Darius Cheung 氏は次のように語った。

複雑な検索の問題への取り組みや、位置情報と市場のデータにおけるディープテクノロジーの活用は、私たちを他社と差別化するだけではありません。不動産取引の特に金融サービス面において、これまでになかったようなユースケースにも対応できるようになるのです。

99.co 共同創業者 兼 CEO の Darius Cheung 氏
Photo credit: 99.co

同社の急速な成長の裏にはどのような戦略があるのかという質問を投げかけたところ、Cheung 氏は次のように答えた。

それは、成長への投資を継続できる、健全なユニットエコノミクスです。

Cheung 氏によると、今回 MindWorks が新たに 99.co の投資に参加したことによって、99.co のテクノロジーと不動産の最適なバランスが取れるようになるという。MindWorks は中国市場についても熟知しており、テクノロジーと不動産の両方に深く関わっている。

一方、世界の金融サービス業界ビッグ3の一角を担う Allianz は、99.co の不動産業界における金融サービスへの進出に欠かせない経験と能力、ネットワークをもたらしてくれる。

2017年4月、99.coはインドネシアへの参入を視野に790万米ドルの資金を調達している。インドネシアでは2015年から事業を行っていたが、2018年1月には、現地の不動産リスティング企業 UrbanIndo を買収してインドネシアへの進出を公のものとした。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------