サイトビジット、電子契約締結クラウド「NINJA SIGN」を正式ローンチ——北村弁護士を起用したタクシーCMを放映開始

SHARE:
Image credit: Sight Visit

サイトビジットは25日、オンラインで編集から締結まで完了する定型契約締結クラウド「NINJA SIGN(ニンジャサイン)」の正式ローンチを発表した。7月にβローンチしていた NINJA SIGN が正式サービスに移行し、12月9日から有償となる Pro 版の販売が開始される。

正式ローンチにあわせ、日本テレビの番組「行列のできる法律相談所」への出演で知られる弁護士・北村晴男氏を起用した CM も展開されることが明らかになった。「ビジネスを影で支える」をテーマに名付けられた NINJA SIGN になぞらえ、北村氏は忍者に扮してサービスの PR を行う。CM はタクシー車内と映画幕間で放映される予定で、25日都内で開催されるイベントで公開される。

NINJA SIGN は、定型契約書の編集、新規作成、通知、締結、管理をクラウド上で完結することができる業務効率化 SaaS だ。ユーザが恒常的に使っている契約書をアップロードすると Google Doc ファイル化され、「甲」「乙」をはじめとする部分を可変にしテンプレート化することができる。労働契約や雇用契約など、複数者と同一内容で契約する場合などに作業の効率化が期待できる。

via PR TIMES

----------[AD]----------