シンガポールのデジタル証券発行・取引プラットフォーム「iSTOX」、東海東京FHから500万米ドルを資金調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


シンガポール拠点のキャピタルマーケッツプラットフォーム「iSTOX」は、日本の金融サービス会社である東海東京フィナンシャル・ホールディングスから、シンガポール現法の東海東京グローバル・インベストメンツ を通じて500万米ドルを調達したことを明らかにした。

声明によれば、この取引を受けて、iSTOX は東海東京のネットワークを通じ、日本国内の機関投資家と証券発行者を繋ぐことになるとしている。

左から:佐藤昌孝氏(東海東京フィナンシャル・ホールディングス専務執行役員)、石田建昭氏(東海東京フィナンシャル・ホールディングス代表取締役社長・CEO)、Danny Toe 氏(ICHX 創業者・CEO)、カズト・ハヤシ氏(Hash Lab CEO)
Image credit: iSTOX

東海東京と iSTOX の提携は、同社の最初の証券発行とセカンダリマーケットの開始に続くものだ。iSTOX は9月、投資銀行 Kianakin Phtra Financial Group(KKP)のリードしたシリーズ A ラウンドで資金を調達しており(調達額非開示)、この提携はタイ市場へのアクセス拡大をもたらしている。

iSTOX の他の主要株主には、マルチアセット市場インフラのオペレータでもあるシンガポール証券取引所、Temasek 傘下の Heliconia Capital Management などがいる。現在、アジア主要市場の機関とも同様のディールの完遂に向け話が進んでいる。

声明によれば、iSTOX は現在、シンガポール金融庁のフィンテック・サンドボックスから卒業すべく活動しており、2020年第1四半期には本格サービスに投入する模様。

iSTOX はブロークチェーンベースのデジタルインフラ企業 Ichx Tech により設立・運営されている。あらゆる主要金融センターの中で、デジタル証券の発行と取引を一気通貫で提供する、規制に沿った初のキャピタルマーケッツプラットフォームだとしている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】