中国発のARヘッドセット「Nreal」、2020年後半にエンタープライズ版をリリースへ

SHARE:
All-in-one-e1583418302425
Image credit: Nreal

Nrealは軽量ARヘッドセットの代名詞となっており、サングラスのような軽いフォームと拡張現実ディスプレイから「Light AR headset」の名前が付けられた。そして3月10日、同社は、企業向けにLightシリーズのオールインワン版を開発中であることを明らかにした。これにより、処理や制御にテザリングされたスマートフォンを必要としないワイヤレス プラットフォームを企業に提供することができる。

Nrealはこのデバイスを「All-in-One edition」または「Enterprise Edition」と呼んでいるが、名称はまだ確定していない。しかし、明らかになっているのは、この新しいMRヘッドセットは、Microsoft HoloLens 2Magic Leap 1と真っ向から対決することになり、コンシューマーデバイスと同じNRSDKソフトウェア開発キットを使用しながら、よりアグレッシブな価格と優れた全体的なパフォーマンスを実現しているということである。

Nreal によると、オールインワン版の Light はコンシューマモデルよりも重く、サングラスというよりはヘルメットのような外観になるとのこと。初期段階では、HoloLensまたはMagic Leap ヘッドセットの洗練されたバージョンのような形状が提示されており、より目立つフロントカメラを搭載しているよう。これらのカメラは、ヘッドセットがジェスチャーを正確に検出することを可能にし、コンピューティングはHoloLensと同様に背面で行われる。

nrealallinone
ティザー画像の明るさを調整してみると、Light のオールインワン版に2つの形式があることを示唆している。
Image credit: Nreal

オールインワンヘッドセットの価格は高くなるが、1,199米ドルのNreal Light Developer Kitよりは競争力があると同社は述べている。ただ、このヘッドセットには Android互換の内部ハードウェアが搭載されているため、HoloLensMagic Leap OSと比較して優位性があり、安全なクラウドコンピューティングプラットフォームへのアクセスも可能になるとのことだ。

当社の開発者ネットワークは、Nreal Lightのための革新的なアプリケーションを紹介してきました。(中略)

複数のインタラクションを提供する MR 体験を自由に獲得できるワイヤレスソリューションを提案しています。このオールインワンユニットは厳密なフォームファクタの要件に必ずしも拘束されない高性能、安全性、信頼性の高いプラットフォームを提供するデバイスとなります。(Nreal CEO の Chi Xu=徐驰

All-in-one-Scenarios
Image credit: Nreal

コンシューマーと企業がヘッドセットをどのように連携して使用するかの一例として、Nreal は、自動車修理工場がLightを装着した顧客に必要な修理の様子を見せ、オールインワンを使用する整備士がリアルタイムでハンドジェスチャーを使用して既存の部品や交換部品を操作し、修理の様子を表示することを提案している。

Nrealは先週、Clay AIRと提携してLightに精密なハンドトラッキングを追加したことを発表したが、これはおそらくエンタープライズ モデルとのインタラクションにも使用されることになるだろう。具体的なプロセッサはまだ特定されていないが、Lightの仕様を考慮すると、Snapdragon 855と同等またはそれ以上のパワーを持つQualcommプロセッサ(おそらく865 またはXR2)が採用される可能性が高いと思われる。このオールインワンヘッドセットは、2020年後半の発売を予定している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】