Ant Financial(螞蟻金融)、中小企業の信用格付け会社を設立

SHARE:
Photo credit: Ant Financial(螞蟻金融)

Alibaba(阿里巴巴)のフィンテック部門 Ant Financial(螞蟻金融)は、中小企業向けの企業信用格付け会社を設立した。

重要視すべき理由:新会社は、Ant Financial を従来の銀行が提供する包括的なサービスに近づけ、中小や零細企業を多く抱えるマーケットプレイスの「Taobao(淘宝)」にアクセスできると明確な利点を持つ。

  • 金融リスク評価を行うことで、信用格付け会社は何百万人もの中小企業のオーナーに、入手困難な融資を提供することができる。

詳細情報:中国メディアの報道によると、Ant Financial Credit Rating(螞蟻信用評価)は Ant Financial が100%出資、資本金5億人民元(約77億円)の資本金で運営される。同社は、中国の国家企業登録データベースである「NCCIS(国家企業信用信息公示系統)」にリストされていた。

  • メディア報道によると、Alibaba の個人信用格付け部門 Sesame Credit(芝麻信用)の責任者 Shao Wen­lan(邵文瀾)氏が新会社を率いるという。
  • NCCIS によると、同社は社会、金融、経済のコンサルティングサービスを提供する。また、IT、データストレージ、データ処理、ソフトウェアなどの分野で開発支援を行う技術サービスも提供するという。

背景:Beijing News(新京報)によると、企業の信用格付け業界は過密化しており、128社が登録しているという。

  • Ant Financial と Sesame Credit は、デジタル決済、クレジットライン、クレジットスコアなど、個人向けの金融サービスを幅広く提供しており、広く利用されている。
  • Sesame Credit は2015年、Tencent(騰訊)や他のフィンテック企業6社とともに、中国人民銀行から個人向けクレジット事業を開始する承認を得た
  • この動きは、Ant Financial やAlibaba が生産性やコラボレーションツールなど、ビジネスに向けた業務へのより広範なピボットを行っていることに沿ったものだ。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------