スマホで物件下見、オンラインマンションギャラリー「ROOV」開発企業にヒノキヤグループなどが出資

SHARE:
roov.png
Image Credit : ROOVウェブサイト

オンラインマンションギャラリー「ROOV」を展開するスタイルポートは4月28日、マーキュリアインベストメント、ヒノキヤグループを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。マーキュリアインベストメントは日本政策投資銀行を中心に設立されたPE投資の運用会社。今回の出資は同社が運用するファンドからの投資となる。出資額は非公開。

調達した資金は営業活動の強化や、これまでの事業領域であるマンションから戸建て、オフィス、リフォームなどへ市場を展開するためのサービス開発に投資する。

同社が運営するオンラインマンションギャラリー「ROOV」は、ショールーム空間を3Dで表示するサービス。特別なアプリのダウンロードやアカウント登録をすることなく、URLをクリックするだけで、普段使っているスマートフォンやタブレット、パソコンで簡単に利用することができる。また、単なる空間表示だけでなく、営業に必要な接客で使用したプレゼン資料やウォークスルーができる3D室内空間をオンライン上でユーザーと共有ができるのも特徴。累計45社、100プロジェクト以上に導入されている。

現在の新型コロナウイルス感染症の影響で、一時的にマンションギャラリーの閉鎖を余儀なくされるなどの影響を受けた事業者からの問い合わせや商談件数が増加している。

via PR TIMES

----------[AD]----------