Notion、中国本土で一時アクセス制限を受ける——数週間前には、武漢の企業がNotionそっくりの「Hanzhou(寒舟)」を公開

SHARE:
Image credit: Notion

生産性向上ツール「Notion」は5月25日、中国国内からのアクセスできなくなっていると発表した。数週間前には、中国のスタートアップが Notion に似たアプリを開発・リリースしており、批判を集めていた。

重要視すべき理由:中国国内からアクセスできないサイトは通常、情報やコミュニケーション手段を提供するサービスである。Notion のような生産性向上ツールが制限されることは稀だ。

  • Notion は5月第4週、無料プランユーザ向けに主要なノート機能の制限を解除したことを発表した
  • Notion では、ユーザは自分のノートを公開してすることができ、実質的にはコンテンツ管理システム(CMS)となっている。中国での利用が制限されている理由の一つに、Notion のノート公開機能があるのではないかとの憶測がある

詳細情報:Notion は Twitter 上で、「中国のファイヤウォールでブロックされ、状況を監視している」とツイートした

  • ウェブサイトパフォーマンスツール「Chinaz(駅長之家)」によれば、中国全土のどの地域からも Notion へアクセスできないとしている。
  • Notion が制限を受けたことは中国の SNS「Weibo(微博)」で話題となり、多くのユーザが「Notion に保存されているノートへのアクセスが一晩のうちに禁止された」と不満の声を寄せている
「Hanzhou(寒舟)」のユーザインターフェイスのスクリーンショット
Image credit: TechNode(動点科技)

背景:Notion が中国でブロックされる数週間前には、ある中国企業が「Hanzhou(寒舟)」という Notion クローンをリリースした。

  • 中国のオンライン開発者フォーラム「V2ex」の匿名ユーザは、23日に公開した記事の中で Hanzhou が Notion のユーザインターフェイスや機能、さらにはコードまで盗用していると非難した。
  • 中国工業情報技術部(日本の経済産業省に相当)が管理するデータベース上のウェブサイトの登録情報によると、Hanzhou は湖北省中央部の武漢に拠点を置くスタートアップによって4月に立ち上げられた。同社からコメントを得ることはできなかった。
  • 2013年に設立された Notiion は、Index Ventures などの投資家から5,000万米ドルを調達後、4月には評価額が20億米ドルに達した

【via TechNode】 @technodechina

【原文】