網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA」開発のQDレーザ、東証マザーズ上場へ

SHARE:
「RETISSA Display II」
Image credit: QD Laser

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。

網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA」シリーズを開発する QD レーザは28日、東京証券取引所に提出した上場申請が承認されたと発表した。同社は2021年2月5日、東証マザーズ市場に上場する予定で、 SMBC 日興証券が主幹事を務める。証券コードは6613。945万1,800株を公募し、410万7,600株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは203万3,900株。

想定発行価格は275円で、これに基づく時価総額はおよそ95.1億円になる。価格の仮条件は1月20日に決定し、ブックビルディング期間は1月21日から1月27日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は1月28日。有価証券報告書によると、同社の2020年3月期における売上高は7億5,663万円で、経常損失は12億2,574万円、当期純損失は12億4,017万円。

QD レーザは、富士通研究所で量子ドットレーザを研究していた菅原充氏(QD レーザの創業者で現代表取締役)がスピンオフする形で2006年に設立。同社の技術はフレームの内側に内蔵したレーザプロジェクタから、装着者の網膜に直接映像を投影するもので、全盲ではないものの、ぼやけた世界の中で暮らしている視覚障害者(ロービジョン)の生活の質(QoL)を上げられる可能性がある。また、AR(拡張現実)やスマートグラスなどへの応用にも期待される。

株式の保有比率は、富士通(同社の「グローバルイノベーションファンド」3つを通じ、合計26.64%、東証:6702)を筆頭に、東京センチュリー(13.02%、東証:8439)、三井物産グローバル投資(12.45%)、アクサ生命(6.80%)、代表の菅原氏(5.17%)、Beyond Next Ventures(2.67%)、第一生命(2.67%)、リアルテックファンド(2.66%)、DG Ventures(2.36%)、Nikko-SBI Innovation Fund(2.36%)が続いている。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録