三井不動産「31 VENTURES」、〝大人起業家が集まるスタートアップビル〟を東京・日本橋に開設

SHARE:
Image credit: Masaru Ikeda

三井不動産のベンチャー共創事業「31 VENTURES(サンイチベンチャーズ)」とプロトスターが「“E.A.S.T.”(イースト)構想」を発表したのは2年半前のことだ。E.A.S.T. 構想は、 Empowering Ambitious Startups in Tokyo という語呂合わせに加えて、三井不動産が多くの物件を保有する日本橋エリア(=東京の東側)に、スタートアップを集積させることを狙ったものだった。

新宿や渋谷や六本木とは対照的に、エスタブリッシュな企業が多い街ならではの地域性を生かし、そういった企業のスピンオフ組や事業経験豊かなミドルエイジ起業家を集めようという考え方は、同じく東京の東側に拠点を構える他のエコシステムプレーヤーにも影響を与えた。このエリアに、ライフサイエンス系スタートアップのためのウェットラボが誕生したことなども遠因の一つだろう。

1F にはイベントスペースにも転用できるコワーキングスペースと、一般開放されているカフェも併設。
Image credit: Masaru Ikeda

この E.A.S.T. を物理的なスタートハブという観点から具現化した施設が今日、日本橋富沢町に正式オープンした。小伝馬町、人形町、馬喰横山など、複数の地下鉄駅からほぼ当距離にあるオフィス街に7階建てのビルとして存在する。1F には近隣住民やオフィスの人たちも利用できるカフェが入居しており、このスペースは6時以降はイベントスペースとして借りることも可能だ。

THE E.A.S.T. 日本橋富沢町には、完全個室(6人から30〜40人向け)、コワーキングスペース、1社ごとに固定占有できるテーブルスペースの3つのメニューが用意されている。31 VENTURES では日本橋 Clip などでもコワーキングスペースを展開していたが、三井不動産との事業シナジーを高めるスペースとして再編成、富沢町を含め都内6カ所で THE E.A.S.T. を展開することにした。

THE E.A.S.T. 日本橋富沢町の企画が始まったのが昨年3月頃。ちょうど新型コロナの感染が拡大した時期だ。テレワークが推奨される中で、果たしてスタートアップにオフィスが必要か、といった議論も社内であった。

そこで、スタートアップ経営者110名にアンケートを取ったところ、彼らからはアイデンティティや文化を発信したい、全社員が常駐しないまでもリアルな拠点はやはり必要、という声が多く集まった。そうして、この計画を予定通り進めることになった。(三井不動産 ベンチャー共創事業部 事業グループ主事 塩畑友悠氏)

のれんのかかったスペースでは、プロトスターのチームが仕事していた。
Image credit: Masaru Ikeda

THE E.A.S.T. 日本橋富沢町は4割が入居済みだが、急成長の場であるため入居者は長期固定せず、常に顔ぶれが入れ替わっていく状態を想定している。入居スタートアップは 31 VENTURES から出資を受けている必要はないが(現状、入居スタートアップのうち 31 VENTURES から出資を受けているのは1社のみ)、成長の場としての空気を重視する観点から入居審査を行っているそうだ。

ここには 31 VENTURES のメンバーも数名が常駐するほか、協業するスタートアップ支援のプロトスターも活動拠点を構えており、両社が共同運用するスタートアップコミュニティ「Swing-By」にもこの場所で力を入れていく。Swing-By は活動開始から1年半で、アクセラレータプログラム「Moonshot」は14チーム、CxO 育成プログラム「AWAKE」に30名が採択され、ここを中心に活動を始めている。

ビル全景。表口も裏口も通りに面している(どちらが表で、どちらが裏かは不明)。付近には似た外装のビルが多いので、注意してないと通り過ぎてしまう。
Image credit: Masaru Ikeda
チーム毎のテーブル占有スペース。最奥には、31 VENTURES チームが常駐するテーブルが見える。
Image credit: Masaru Ikeda
1F の休憩スペース。THE E.A.S.T. のロゴの円は東から上る朝日をモチーフにしており、壁にある円状の造作は本棚になっている。
Image credit: Masaru Ikeda
コワーキングスペース。古いビルであるため耐震補強の構造が目立つが、それらを隠さず敢えてデザインに取り入れたという。
Image credit: Masaru Ikeda