シンガポールのテックメディア創設者、Binance(幣安)の1億米ドルDeFiファンドの責任者に就任

SHARE:
Gwendolyn Regina 氏

Gwendolyn Regina 氏は、Binance(幣安)に投資ディレクターとして入社し、1億米ドル規模の新しいファンド「Binance Smart Chain(BMC)」の責任者に就任した。BMC は、Binance の創業者兼 CEO の Changpeng Zhao(趙長鵬)氏が昨年発表したもので、新興プロジェクトに力を与え、中央集権型金融(CeFi)と分散型金融(DeFi)のコラボレーションを促進することを目的としている。

Regina 氏は、LinkedIn の投稿で次のように述べている。

Binance Smart Chain 1億米ドルファンド(通貨は法定通貨だが、仮想通貨で分配される)の投資をリードするため、Binance に参加したことを発表できることを嬉しく思う。

Regina 氏は、アジア太平洋地域、パリ、シリコンバレーのメディアとテクノロジーのスタートアップ業界で16年の経験を持っている。最近では、Facebook のイントラプレナーとして、VC とのパートナーシップやスタートアップの成長に関する新しいビジネスユニットを立ち上げた。それ以前は、パリに拠点を置く Entrepreneur First の Entrepreneur in Residence(EIR)だった。

それ以前は、テックメディアのスタートアップ SGEntrepreneurs を立ち上げ、後に Tech in Asia に売却した。また、シンガポールのアーリーステージのテクノロジー投資会社である Thymos Capital の創立メンバーでもある。また、Mashable のアジア進出の陣頭指揮を執った。Regina 氏は、シンガポール国立大学の卒業生だ。

2010年に初めてビットコインを見たときには、心を揺さぶられた。これこそがお金の動き方であり、世界が協力すべき方法なのだと思った。数年前、サバティカル期間の初めに、この分野でアイデンティティに焦点を当てたスタートアップをやろうとしたが、うまくいかなかった。それから4年が経ち、ようやくこの分野でフルタイムで働けるようになった。(Regina 氏)

BMC ファンドは、アーリーステージ VC として、10万米ドルの資金を提供している。また、セキュリティ監査やデューデリジェンスプロセスに合格した DeFi プロジェクトに対しては、流動性のサポートを行う。

また、選ばれたスタートアップは、数百万人の顧客へのアクセス、エコシステム内のメディア情報、知識教育、インキュベーション融資、デリバティブ、財務管理などの包括的なリソースや財務支援など、Binance のリソースによるサポートを受けることができる。質の高いプロジェクトには、Binance に上場するための参加の機会がある。

1億米ドルのファンド以外にも、BMC は Token Canal プロジェクトを立ち上げ、Binance Smart Chain コミュニティと協力し、デベロッパが Binance Smart Chain と他のパブリックチェーンを接続するのを支援している。Binance CeFi プラットフォームの安全な保管サービスを通じて、BTC、ETH、その他のERC20トークン(LINK、USDT、DAI など)や、XPR、BCH、LTC、ADA、DOT、XTZ、EOS、ONT など、他のパブリックチェーンのトークンを Binance Smart Chain に接続することができる。

ブロックチェーン技術を「単なる技術」と切り捨てる人がいる。私は半分正しいと思う。我々は、いつかは「単なる技術」になってほしいと思っている。しかし、今はそうではない。我々のやり方にさまざまな可能性をもたらし、今後も社会がどのように形成されていくのかを予見している。世界のコラボレーションコストが下がれば、もっと素晴らしいことが起こる。BSC ファンドを率いて、野心的に、我々の未来にさらなる可能性をもたらす一翼を担うことに興奮している。(Regina 氏)

Binance は、世界各国の市場規制当局から多大な圧力を受けている。先月、マレーシアの証券委員会は、仮想通貨取引所が国内で違法に運営されているとして、同社に対して訴訟を起こした。これに続き、イタリア、ドイツ、ポーランド、日本、タイ、シンガポール、アメリカ、イギリスなど、複数の国が同社に対して法的措置を講じた。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録