次世代キャラはソーシャルメディアから生まれる:「Superplastic」2,000万ドルを調達(2)

SHARE:
Above: Superplastic’s Janky (left) & Guggimon.
Image Credit: Superplastic

(前回からのつづき)Budnitz氏は、以前からバーチャルインフルエンサーの波を追いかけていた。おもちゃから生まれたキャラクターが好きだという彼は、それを生かしてKidRobotを設立し、2012年に売却した。Budnitz氏(KidRobot、Ello、Budnitz Bicyclesの生みの親)は、エンターテインメントのグローバルブランドとして新たにSuperplasticを立ち上げた。

Superplasticでは、次世代の有名なアニメキャラクターの世界がテレビや映画からではなく、ソーシャルメディアから生まれたら素敵だと考えた。最初のものは、人間の外見が非常にリアルなものが多かった。しかしBudnitz氏は、そのようなものは不気味であり、これからはアニメーションキャラクターが主流になると考えている。

「アニメを使うことで、これまで誰もできなかったような方法でストーリーを伝えることができるんです。ストーリーはインタラクティブなので、素晴らしいストーリーを語ることができる。楽しいことに夢中になれるんです」(Budnitz氏)。

1年半ほど前にJankyなどの3Dアニメーション・キャラクターを発売したところ、バイラルで成功した。NFTの場合はキャラクターがアーティストとなり、そのキャラクターがデザインしたおもちゃやアートを集める人がいる。

数百万人のフォロワーがおり、InstagramやTikTokでは、Janky、Guggimon、Dayzee、Staxx、Pandakat、Kranky、Shüdogなどがセンセーションを巻き起こしている。2021年6月にGuggimonは「Fortnite」の新しいプレイアブルキャラクター8人のうちの1人となった。

「キャラクターの世界は広がっています。他のキャラクターにも取り組んでいますし、来年にはヒップホップグループのアニメーションが登場します。2つの映画にも取り組んでいて、そのうち1つは資金提供を受けていますよ」(Budnitz氏)。

(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録