スマホで社債投資できるSiiibo証券、シリーズBで5.5億円を調達——DNX Venturesがリード

SHARE:
Siiibo 証券の皆さん
Image credit: Siiibo

社債を購入できるオンライン証券サービス「Siiibo」を展開する Siiibo 証券は24日、シリーズ B ラウンドで約5.5億円を調達したと発表した。このラウンドは DNX Ventures がリードし、Angel Bridge と千葉道場ファンドが参加した。千葉道場ファンドは、昨年2月に実施したシリーズ A ラウンド(2.2億円)、今年7月のラウンド(シリーズ A のエクステンションかブリッジラウンドと推定)に続くフォローオンでの参加。今回の調達を受けて、Siiibo 証券の累計調達額は約10億円に達した。

Siiibo 証券は2019年1月の創業(創業当初の社名は Siiibo)。今年2月に第一種金融商品取引業者(証券会社)の登録を完了し、その後、個人および法人の投資家口座の開設受付を始めた。これまでに、Siiibo 証券を活用して、五常・アンド・カンパニー、ツクルバ、プロ卓球リーグ所属クラブチーム「琉球アスティーダ」の運営会社などがそれぞれ私募による社債発行を行った。Siiibo 証券では今回調達した資金を使って、マーケティングの強化と「Siiibo」の機能拡充を行う。

Siiibo 証券では企業の社債を直接購入できるため、仲介業者がいない分手数料がかからない。社債投資は購入時に利率や運用期間が決まっており、株式のような頻繁な値動きが無く、比較的安定した資産運用に向いている。個人が企業に社債のような仕組みを使って投資する資産運用サービスには「Funds」があり、これを運営するファンズは4月に複数の VC などから20億円を調達、今日、個人が三菱UFJ銀行にお金を貸せる「Money Canvasファンド」をローンチしたばかりだ。

via PR TIMES

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録