飲料チェーン「奈雪の茶」が仮想アイドルを公開、3日で36億円売上など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(11月30日〜12月7日)

SHARE:
「奈雪の茶」が発行した NFT のカード。
Image credit: Nayuki Tea

Baecsense(微芯感知)と Tencent Cloud(騰訊雲)が北京市政府のブロックチェーンプロジェクト構築を落札。蘇州市が国内初の国家ブロックチェーン開発パイロットゾーンを設置。飲料チェーン「奈雪の茶」がバーチャルアイドルと NFT 300件をリリース。Qihoo 360(奇虎360)が仮想通貨マイニングを監視するシステムを構築。

中国政府のブロックチェーン推進

  • エッジコンピューティングチップとブロックチェーンの企業である Baecsense(微芯感知)と Tencent Cloud(騰訊雲)は、北京市政府経済情報技術局が主導する北京のブロックチェーンコンピューティングプラットフォームの主要プロジェクトを共同で獲得した。このプロジェクトでは、2社にハッシュパワープラットフォームのクラウドソフトウェア、サーバと機器、コンピュータールームとサポートネットワーク、システム開発と統合の提供を求めている。入札額は2億3,800万人民元(42.5億円)だ。また、Tencent Cloud は Baecsense の株式の20%を保有している。北京市政府采購中心=調達センター
  • 中国工業情報化部(工業和信息化部、日本の経済産業省に相当)の正式な通知によると、中国東部の蘇州市は中央政府の支援を得て、初の国家ブロックチェーン開発パイロットゾーンを設立した。同市には160社のブロックチェーン企業と、関連技術に注力する300社近くの企業があり、そのうち30社が蘇州市のある江蘇省の重点ブロックチェーン企業データベースに選ばれている。科創板

「奈雪の茶」の NFT

  • 中国の飲料チェーン「奈雪の茶」は1日、創業6周年を記念して「奈雪」という名のバーチャルアイドルと NFT 300件を公開した。このアイドルは、ライブストリーミングでストアカードを販売するという任務を受け、3日間で2億人民元(約35.7億円)の売上を達成した。また、7種類のスタイルで300枚のデジタルアートを発売した。価格は1枚59人民元で、購入後に交換取引することはできない。中国のブランド各社は、マーケティング戦略として NFT を利用するケースが増えている。藍鯨

仮想通貨マイニングの監視

  • 中国のサイバーセキュリティ企業 Qihoo 360(奇虎360)は、11月30日の WeChat(微信)への投稿で、政府の取り締まりを支援するために、仮想通貨マイニングを監視するシステムを構築したと発表した。同社によると、11月中、主に広東省、江蘇省、浙江省、山東省で、平均して109,000のマイニングIPアドレスが毎日活動していたことが分かったという。Coindesk

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録