500万人が参加する通話コミュ「Yay!(イェイ)」16億円調達、NFT発行で新たなトークンエコノミー構築へ

SHARE:
通話コミュニティのYay!

ニュースサマリ:通話コミュニティ「Yay!(イェイ)」を運営するナナメウエは4月6日、SBIインベストメントをリード投資家とするシリーズBの資金調達ラウンド実施を報告している。第三者割当増資と融資による調達で、ラウンドに参加したのはFFGベンチャービジネスパートナーズ、アカツキ、Headline Asia、Infinity Ventures Crypto、DG Daiwa Ventures、90s Management、スカイランドベンチャーズおよび 名称非公開の個人投資家複数名。これに金融機関からの融資を合わせて調達した資金は合計で約16億円。同社は昨年2月にも5.5億円の資金調達(株式および金融機関融資)を公表しており、その際に増資を引き受けたのはシード向けファンドのNOWとTLM、および氏名非公開の個人投資家となっていた。

また、同時にYay!のユーザー数が今年2月時点で500万人を突破していることも公表しており、同社では今後、このユーザー基盤をベースとするトークンを活用した経済圏(トークン・エコノミー)の開発に乗り出すことも明らかにしている。調達した資金はこれに関わる開発に必要な組織体制に投じられる予定。

話題のポイント:ナナメウエのYay!については、Clubhouseをはじめとする音声ソーシャルがわっと盛り上がった昨年にもお話を伺っています。実名ソーシャルによる息苦しさを背景にデジタルネイティブ層が楽しんで使う、ゆるやかなざつだん場所といったイメージです。ナナメウエはこれが初めてのプロダクトではなく、前身となる「ひま部」含めて前回記事に経緯を書かせてもらいました。

さて、そのYay!が結構大きめの方向転換というか、新しいチャレンジを公表しました。Web3などの文脈でここ数カ月話題になっているトークンエコノミーをYay!に組み込むというものです。同社代表取締役の石濵嵩博さんにお話を伺った内容はポッドキャストに納めていますので、なぜそういうことになったのかなどについては直接彼の声を聞いていただければと思います。

ナナメウエ社代表取締役の石濵嵩博さん

石濱さんが強調していたのは「民主化」の流れです。暗号資産やWeb3などの文脈で感じるのは小さな経済圏の自律・分散化という動きです。「トラストレス」という言葉で語られることがありますが、イーサリアムをはじめとするスマートコントラクトの発明・開発は、個人が保有する権利の譲渡を自動化しました。ブロックチェーンによる不可逆なインフラにより、第三者が関わらなくてもよい契約行為が実現したことで、小さな個人による取引がスケール感をもって語られるようになったのです。ビットコインはどこの誰が管理するわけでもなく、今日も取引が続いています。

石濱さんたちは現時点で具体的なトークンエコノミーに関する詳細、例えばホワイトペーパーのような情報は明らかにしていません。国内ではコインチェックが提供するIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)という方法で暗号資産(トークン)を幅広いユーザーに対して公開販売する仕組みが出来つつありますが、これを採用するかどうかもまだ未定です。もしかしたら海外でトークンを上場させて国内に輸入(※国内での暗号資産販売には当局指定のホワイトリストへの掲載が必要になります)する方法も考えられます。この辺りについて石濱さんは決まっていることはあるが、まだ話をする段階にないと説明していました。

現在、グローバル・マーケットでトークンエコノミーをベースにしたコミュニティ活動にはAxie InifinityやYGGなどのゲームギルド、The SandboxやDecentralandのようなメタバース、Bored Ape Yacht ClubのようなNFTコレクティブルを会員証としたクローズドコミュニティなどなど、広がりを見せつつあります。特にDecentralandはメタバース内の土地やアイテムをNFT化し、それらを売買するための通貨としてNANAを発行する「NFT+ガバナンストークン」の仕組みを構築しています。Yay!が今後どのような形式のトークンエコノミーを設計するかはわかりませんが、NFTをコミュニティの方々が使える会員証のような形で発行し、それを支える形で何らかのガバナンストークンを発行する、というのは相性がよさそうに思えます。

一方、国内にはこの暗号資産における税制やトークン初期公開セールス時の細かいルールがまだぼんやりとしていて、絶賛各所で議論中です。ただ、この点についても石濱さんは厳しい条件だからこそ、自分たちがパイオニアになりたいと決意を語っていました。まだ30代前半の若い起業家が新しい経済圏の扉を開けるのか、引き続き注目していきたいと思います。

※BRIDGE Membersの方にはポッドキャストの書き起こしを配信いたします。

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録