体外受精の成功率をAIで向上、ステルス解禁のOma Fertilityがデット含め3,750万米ドル調達

Image credit: Oma Fertility

<ピックアップ> Oma Fertility Launches with $37.5M in Funding to Improve IVF Outcomes Through AI-Enabled, Empathetic Care

重要なポイント:Oma Fertility は20日、シードラウンドとシリーズ A ラウンドで2,900万米ドルのエクイティ調達、および、850万米ドルのデット調達で、合計3,750万米ドルを調達しステルスから脱却した。

  • シードラウンドとシリーズ A ラウンドは、JAZZ Venture Partners、Root Ventures、Mithril Capital、Global Asset Capital、Free Solo Ventures がリードし、デットは Silicon Valley Bank から調達した。

詳細:Oma Robotics の一部門である Oma Fertility は、AI の専門家や不妊治療専門家のチームによって2020年にアメリカ・カルフォルニア州で設立された。同社は体外受精の結果を改善するために、最も健康な精子を特定する AI ツール「Oma Sperm InSight」を開発している。

  • Oma Fertilityは、2021年にカリフォルニア州サンタバーバラに最初の不妊治療クリニックを開設。2022年中にセントルイス、アトランタ、ニューヨークにもクリニックを開設し、事業を拡大する予定だという。
  • カリフォルニア州の同社クリニックでは、すでに「Oma Sperm InSight」が胚培養士のためのセカンドオピニオンツールとして使用されており、FDA(アメリカ食品医薬品局)にも登録されている。
  • Oma Fertility の共同設立者兼 CEO  Gurjeet Singh 博士は、今回の発表に際し次のようにコメントしている。

私たちは不妊治療分野に最先端の技術的進歩をもたらし、不妊率の上昇を食い止めていきます。私たちの使命は、不妊に直面する家族の治療結果を改善することであり、これからも子どもを持ちたいと願うすべての人が、成功率の高い最先端の不妊治療を受けられるよう努力を続けます。

  • 今回のラウンドに参加した Root Venture sのジェネラルパートナー Chrissy Meyer 氏は、次のようにコメントしている。

投資家として、また母親として、Oma Fertility の活動に期待しています。体外受精は40年以上の歴史がありますが、成功率はまだ衝撃的なほど低いです。Oma は、体外受精のプロセスの上流でAIを使用する最初の企業であり、患者、家族、医療従事者の不妊治療に対する考え方を完全に変革するでしょう。

背景:体外受精は何十年も前から行われているが、生殖補助医療技術協会(Society for Assisted Reproductive Technology)のレポートによれば、35歳以下の女性の成功率は55%程度とされている。

  • この発表があった2日後の22日には、イスラエルの不妊治療スタートアップ AiVF もシリーズ A ラウンドでの2,500万米ドルの資金調達を発表した。同社は体外受精の際に、AI で胚の質を評価するプラットフォームを開発している。

<関連記事>

執筆:平理沙子(Risako Taira)/編集:池田 将

via Femtech Insider

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録