カウシェ22億円調達ーー9割がシェア買いに応じる「お得」体験

SHARE:

ニュースサマリ:友人などと共同購入するソーシャルEコマース「KAUCHE(カウシェ)」は6月28日、第三者割当増資の実施を公表した。Bonds Investment Groupをリード投資家に迎え、同社以外で引受先になったのはSIG Asia Investment、三井住友海上キャピタル、Sony Innovation Fund、モバイル・インターネットキャピタル、電通ベンチャーズ、デライト・ベンチャーズ、SBIインベストメント、グローバル・ブレイン、ANRI、千葉道場ファンド。ラウンドはシリーズBで、調達した資金は総額で約22億円。これまでの調達総額は32億円となった。調達した資金はKAUCHEの開発に必要な人材採用に充てられる予定。

2020年9月にリリースしたカウシェのアプリダウンロード数は2022年5月末時点で70万件にのぼる。流通総額については非公開ながら、前年5月との年次比較で1,200%増を記録した。なお、同社代表取締役の門奈剣平氏によれば、このダウンロードはほぼ全てリファラル(友人からの紹介)で獲得しているという話だった。同社では2025年度の流通総額1,000億円を目指すとしている。

話題のポイント:成長著しい国産ソーシャルコマースが順調に成長を続けているようです。サービスリリースから間もない11月の調達ラウンドで門奈さんに取材させてもらいました。

中国にルーツを持つ門奈さんは、先進的とも言える中国圏EC市場を熟知されていて、日本国内で確固たるNO.1が不在のソーシャルコマースという領域を一気に取りにこられました。中国ソーシャルコマースといえばPinduoduo(拼多多)や「インスタ+Amazon」と言われる“RED”(小紅書)などがあり、こういった先行事例を研究し、「検索最安値指名買い」一辺倒だった国内コマースに新しい「シェア買い」の文化をもたらしています。

カウシェの成長曲線

また、スタートアップ組織の作り方についても独創的で、例えば前回ラウンドで発表された「辞めても行使できるSO」は大きな話題になりました。エンジニアやマネジメントクラスの人材をどう引き込むかが課題になる中、スタートアップの成長プロセスにおける人材の関わり方に一石を投じる内容だったと思います。実際、カウシェの組織は役員社員で19名、それ以外の大多数(約60名)が複業という体制だそうで、この数字ひとつとっても彼らのカルチャーが色濃く反映されていることがよくわかります。

さて、そんなカウシェですが、現在の使い方は、インスタなどのソーシャルでシェア買い目的に集まった人たちが、声かけして共同購入するようなスタイルになっているようです。門奈さんによれば、こういったソーシャルの場所で「一緒に買いませんか?」と誘った人の9割ぐらいがシェア買いに成功しているそうで、購入しているものは食品や日常品が多く、最近になって家電などが出始めたというお話でした。

シェア買いする動機はやはり「お得」が大きいのですが、Amazonなどの指名最安値検索と異なる点として「チラシを見るような感覚(門奈さん)」があり、友達などとわいわいソーシャルでやりとりしながら買い物ができるコミュニケーションはソーシャルコマースならではかなと。今回、調達した大きな理由としてこのコミュニケーション体験をもっとリッチにしたいというお話もありました。

実際、最近カウシェに在日のベトナム人の方が大挙してやってきているそうで、まさに在日のコミュニティでわいわいしながらまとめてお得に買っているシーンができているようです。ちなみに買ってるものは「みかん」なのだとか。ベトナムの方、みかん好きなんですね。

インターネット、スマホシフトにおけるECを紐解けば、広告とクーポンの洪水だったように思います。検索では一番安いものの上に広告が表示され、さらに1円を争ってリスティングを重ねるわけです。けど、その先にあったのはなんでしょうか。門奈さんは「お得」という価値観は大切にしつつ、メーカーと消費者が直接つながることで無駄な広告やクーポンをなくし、よりよいサプライチェーンの仕組みを作りたいとお話されていました。

コミュニケーションは定性的でめんどくさい部分もありますが、もしここを開発することができれば、コマース世界もまたひとつ新しい体験を手に入れるかもしれません。ということでカウシェの次の展開、体験を楽しみに期待したいと思います。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録