WiL、複数のファンド向けに10億米ドル超を追加調達

SHARE:
WiL の日本チーム
Image credit: WiL

<ピックアップ> World Innovation Lab Raises $1 Billion to Bridge the Innovation Gap Across the Global Venture Ecosystem

アメリカと日本を拠点とするベンチャーキャピタル World Innovation Lab(WiL)は14日、10億米ドル超の追加資金を調達したとを発表した。この資金は、WiL の3番目のグロースファンド WiL Ventures Ⅲ、WiL のベンチャーファンド投資先である WiL Strategic Partners Fund(他ファンド向けの FoF)、CVC ファンドなど複数のファンドに投入されると WiL は声明で発表している。これにより、WiL が運用する全ファンドのコミットされた資金は19億米ドルを超えた。

WiL はこれまでに15社のユニコーンを輩出している。ファンド Ⅰ およびファンド Ⅱ から公開市場へエグジットした著名投資先には、Asana(NY証取:ASAN)、メルカリ(東証:4385)、ラクスル(東証:4384)、Wise(ロンドン証取:WISE)、Auth0(2021年5月に Okta により買収)などがある。

声明によると、WiL の最初の2つのファンドはデジタルトランスフォーメーションへの投資に重点を置いており、アメリカでの投資は B2B SaaS 分野におけるシリーズ B 以降のラウンドに特化している。投資対象は、フィンテック、インシュアテック、自動化・生産性向上、サイバーセキュリティ、クラウドインフラ、開発者向けツールなどだ。日本国内では、同分野への投資を行っているが、アーリーステージスタートアップへの投資も行っている。

WiL は、直接投資に加えて、WiL Strategic Partners Fund を通じて、既存および新興 VC に投資している。さらに、LP のイノベーションと成長目標の達成を支援するため、スピンアウト企業やジョイントベンチャーの設立など、LP パートナーと共に投資ストラクチャーを構築してきた実績がある。WiL Ventures Ⅲでは、サステナビリティ、クライメートテック、ヘルステック、Web3 などの新興技術を新たな投資対象分野として追加している。LP との協業や CVC ファンドの運営も、新たな注力分野となる。

via BusinessWire

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録