SparkLabs TaipeiがSparkLabs Taiwanに改称、アクセラレータ第7期のデモデイに7社が登壇

Image credit: SparkLabs Taiwan

SparkLabs Taipei は第7期のデモデイを開催した。この場で、SparkLabs Taiwan への社名変更を発表し、グローバルなリソースを台湾につなげるという意欲を示した。また、2号ファンドの募集も開始した。

今回参加した7つのスタートアップは、ヘルステック、スマート製造、ロジスティクス、RPA ソリューション、Eコマース、ヒューマンリソーステックなど、幅広い分野に及んでいる。

SparkLabs Taiwan の創業パートナー Edgar Chiu(邱彥錡)氏は、4年前に SparkLabs Taiepi を設立したとき、「自分達はスタートアップを世界市場に送り出そうとする機関車のような存在だった」と述べている。その後、50社以上のスタートアップに投資し、アクセラレーションを行い、また、いくつかのベンチャーキャピタルや企業とも提携した。より多くのパートナーやスタートアップが参加する中、Chiu 氏は、SparkLabs Taiwanの役割が、企業とスタートアップのコラボレーションを促進するオープンプラットフォームのようになってきていると感じているようだ。

Google や Qualcomm との協業

SparkLabs Taiwan の創業パートナー Edgar Chiu(邱彥錡)氏
Image crredit: SparkLabs Taiwan

子供を育てるには村全体の努力が必要だが、スタートアップを加速させるのにも同じ哲学が当てはまる。(Chiu 氏)

SparkLabs Taiwan がスタートアップを支援するために、さまざまな企業や組織と提携し続ける理由もそこにある。

Qualcomm は2021年から SparkLabs Taiwan と協力し、スタートアップに知的財産とビジネス戦略のコンサルティングサービスを提供し、グローバル化を支援している。(Qualcomm ビジネス開発ディレクター Yvie Tai=戴郁文氏)

Google Cloud Taiwan も SparkLabs Taiwan にとって重要なパートナーだ。彼らはスタートアップにワンストップの Google サービスを提供している。

50社以上のスタートアップを支援

ここ台湾で2017年からスタートした SparkLabs は、CTBC(中国信託金融、台湾証取:2891)、104 Job Bank(104 人力銀行、台湾証取:3130)といった大企業から資金を調達し、Twitch の共同創業者 Kevin Lin 氏や IoT アプリ「Guitar Heroes(吉他英雄)」の共同創業者の両名など、シリコンバレーからも投資家を獲得している。

台湾内外の投資家によるハイブリッドファンドだ。

このようなサポートがようやく確保され、2018年に投資ファンドを立ち上げた。

アーリーステージの投資家としてトップクラスの SparkLabs Taipei は、今、その勢いを増している。現在、50件以上の投資と2件の卒業生のイグジットがあり、パートナーの生存率はこれまで100%という驚異的な数字を叩き出している。

世界各地に拠点を持つことも生かしている。

面白いことに、我々はアクセラレーターのグローバルネットワークなので、アメリカや日本、韓国で何かが起こっていると聞くことがよくある。彼らのソリューションは台湾にあるのだ。

台湾の起業家らは、全世界に輸出するチャンスに恵まれていない。そこで、彼らへのインタビューやデューデリジェンスを通じて、この種の問題を解決するチャンスがたくさんあることを発見した。そうやって、スタートアップを次のレベルに引き上げていくのだ。(Chiu 氏)

第7期デモデイに登壇したスタートアップ

H2U(永悦健康)は、産業医のための法的適合性のある容易なアクセスと、効果的な職場健康管理サービスを提供するプラットフォームだ。
Image credit: SparkLabs Taiwan
  • AIPLUX(睿加科技)
    AIPLUX は、人工知能を応用し、経営判断のための情報を可視化して提供する、1ページで構成される経営管理システムだ。従来の企業とは異なり、ケースバイケース、手続きごと、時間ごとの課金は行わない。
  • BBTruck(品辰科技)
    2019年に設立された BBTruck は、SaaS 型の B2B のスマートロジスティクスサービスプロバイダだ。商用トラックに特化した BBTruck は、遊休能力の活用とサービス効率の向上を目指し、高度な物流と能力のマッチングプラットフォームを運営している。BBTruck の API 連携により、企業は競争力のある価格で国内外の輸送業者の大規模なネットワークに接続することができる。
  • EMILY.RPA(百林商智)
    EMILY.RPA は、オフィスワーカーが日常的に行う反復作業を省力化するためのソフトウェアロボットだ。
  • Evo
    Evo は、美容と健康のための製品を販売する、直販オンライン小売業者だ。エスティローダーや LVMH のようなビッグブランドの製品を製造している世界トップクラスの工場と協力し、これらの製品をエンドユーザにわずかなコストで直接販売している。Evo は、価値ある、肌に害の無い、適切なコンテンツを通じて顧客にアプローチし、製品ラインとブランドの関連性を作り出すことができると信じている。
  • Footprintku(富比庫)
    Footprintku は、顧客が目標を達成するための力を提供する。Footprintku は、エレクトロニクス業界のリーダーになるためには、時間とリソースを節約するソリューションが必要であることを理解している。Footprintku は、デジタルデータとサポートを提供する独自のグローバルエレクトロニクスデータハブを確立し、顧客の製品を次のレベルへ導く。
  • H2U(永悦健康)
    H2U プラットフォームは、産業医が合法的に簡単にアクセスでき、効果的な職場健康管理サービスを提供する。健康教育、健康診断、スポーツ・健康増進、電子商取引、新型コロナ管理プロトコルを連携、企業が健康資産と影響力を構築するために最も多様で最適な従業員健康給付プログラムを提供する。2019年、H2U は International Forum on Advancements in Healthcare(IFAH)により、デジタルヘルスケア企業トップ50に選出された。
  • NodeFlair
    NodeFlair は、テックキャリアのスーパーアプリだ。特にテック技術者のために設計されており、探索、研究、仕事の獲得、キャリア形成をワンストップで行うことができる。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録