DNX Ventures、日本市場特化のファンド複数を400億円規模で組成へ

SHARE:
DNX Venturesの皆さん
Image credit:DNX Ventures

DNX Ventures は12日、4号ファンド、3号アネックスファンドの⼀次組成と、シードファンドの組成を完了したと発表した。3つを合わせた組成額は現時点で260億円に上り、最終的に400億円規模を目指す。これらは、これまでの3号ファンドまでとは異なり、投資先にアメリカ企業を含まず、⽇本のスタートアップ(⼀部アジア地域を含む)への投資に特化したファンドとなる。

DNX  Ventures のこれまでの AUM(運用資産残高)は約590億円。今回発表されたファンド群の資金規模が最終的に400億円に達すれば、AUM は大台の1,000億円に届きそうな勢いだ。また DNX Ventures は、昨年から運用を開始しているシードファンドに続き、すでに4号ファンド、3号アネックスファンドからスタートアップへの投資を実⾏していることも明かした。

シードファンドからはオンライン賃貸サイトの airdoor、サプライチェーンリスク管理サービスを提供する Resilire など14社。4号ファンドからは不動産業界のBtoB向け情報プラットホーム「RESTAR」、ロボティクスと自動化でリテール業界のDXを行う ROMSど3社。3号アネックスファンドからはクラウド型の建築・建設プロジェクト管理サービスを提供する アンドパッド、法人向け決済サービスを提供する UPSIDER など3社がある。

投資領域は引き続きSaaSを中⼼とするB2BをターゲットとしてクラウドSaaS、フィンテック、ディープテック、サスティナビリティ等の領域へ投資を行う予定だ。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録