工場内の作業手順とスタッフ配置をモバイルARで最適化、Squintが600万米ドルを調達——Sequoia、Arc、Menloらから

SHARE:
Image credit: Squint

拡張現実(AR)を利用して工場の手順を最適化する技術プラットフォーム「Squint」は1日、シードおよびプレシードを合わせた資金調達ラウンドを完了し、600万米ドルを調達したと発表した。

Squint の AR プラットフォームは、工場のオペレーターに直感的なモバイル体験を提供し、周囲に合わせたダイナミックで文脈に沿った支援を提供する。Squint は、従来の店頭での指示を現実のものにすることで、魅力的で効果的なインタラクティブ体験を提供し、学習スピードを加速させ、知識の保持を強化する。

Sequoia Capital パートナー の Jess Lee 氏は次のように書面で述べた。

私たちがSquintに惹かれたのは、創業者の Devin(Bhushan)氏がエンタープライズ AR の第一人者であり、Siemens や Volvo などの大企業顧客と共鳴する魅力的な価値提案をしているという組み合わせでした。

Squint は、モバイル AR、コンピュータビジョン機械学習を用いて、紙のバインダー、付箋、人間のトレーニングに取って代わるものです。工場の手順を最適化する方法は信じられないほど強力で、工場のオペレーションを向上させる可能性があり、労働者と機械やアプリケーションとの関わり方を工場フロアを超えて変革することができます。

同社によると、この次世代技術により、企業は標準的な操作手順をシームレスにデジタル化することができ、IT チームが不要になって作業を電話対応のみにすることができる。その結果、トレーニング、操作、メンテナンスといった日常的な作業を、より効率的に、より安全に完了することができるようになる。

Squint CEO の Devin Bshushan 氏は、VentureBeat に次のように語った。

私たちのソリューションは現在、製造業やエネルギー分野の企業で利用されており、個別学習の最適化と拡張を支援しています。例えば、工場の標準作業手順(SOP)をARで変えています。今、Squint は、紙ベースの指示と何時間もの人的トレーニングに頼るのではなく、オペレーターが安全で効果的な機械の使い方を、より迅速に学ぶための直感的で魅力的で文脈に沿った方法を提供しています。

Bhushan 氏は、Squintの 特徴は比類ない柔軟性だと述べた。同氏は、このプラットフォームはオープンワールドのアプローチを採用した市場で唯一の AR ソリューションであると主張する。他のソリューションとは異なり、Squint は QR コードや 3D モデルを必要とせず、その場でコンテンツを作成し、オブジェクトを検出して整列させることができる。

Squint の導入プロセスは簡単で、セルフサービスなので、製造技術部門に最短の価値を提供することができます。Squint の導入により、オペレーターのトレーニング時間が86%短縮されたと、初期のお客様から報告を受けています。これまで数週間、数ヶ月かかっていたものが、わずか1日でできるようになったのです。(Bhushan 氏)

AR の力で、工場の手順を最適化

Image credit: Squint

Bhushan 氏によると、Squint の自己指導型教育フォーマットは、手順の各ステップで一時停止し、参考写真、チュートリアルビデオ、指示書など、好みのメディアを通して内容を吸収することができるため、オペレータに力を与える。

従来のトレーニングシナリオでは、オペレーターはトレーナーの言葉を遮って助けを求めたり、デモンストレーションを繰り返してもらったりすることに、恥ずかしさやためらいを感じていた可能性がある。

Squint の場合、指示は常にオペレーターの手元にあるため、コストのかかるミスを最小限に抑え、生産性を高めることが可能だ。

また、オペレーターは Squint アプリを使って、機器固有の知識を記録したデジタル付箋をすぐに作成することができる。このメモを AR で「ピン留め」し、同僚が後でアクセスできるようにすることもできるのだ。

Squint に新しいエリアをマッピングするのにかかる時間はわずか45秒で、QR コードや3D モデルなしでスペースやオブジェクトを識別できる世界で唯一の製品です。QR コードや3D モデルがないオープンワールド環境のメリットは、新しい技術ソリューションが成功し、オペレーターにとってすぐに役立つための障壁をすべて取り除いたことです。

これほどまでに自律的な知識の取り込みと柔軟性を実現できるソリューションやプラットフォームは他になく、最終的にはオペレーターが安全で成功するために必要な情報を提供できるようになります。(Bhushan 氏)

Squint の AR 技術は、工場運営やトレーニングの最適化に活用されている。

AR が視覚的で文脈に沿ったオリエンテーションやデモンストレーションによって書かれた SOP を補完し、変えることができることを知ったら、もう元には戻れないでしょう。Squint は、携帯電話やタブレットから各オペレーターに明確なステップバイステップのトレーニング指示を与えることで、学習速度を向上させます。

Squint は常にオペレーターと一緒にいることができ、知識や記憶のギャップをなくし、オペレーターと同じペースで文脈に沿って進み、オペレーターが現地の機械性能をトラブルシューティングできるような現場特有の知識を取り込むことができます。(Bhushan 氏)

今後の展開

今回の資金調達により、同社はコンピュータビジョン、AR、AI プロジェクトにおいて、新たなバーティカルを導入することを目指す。

Bhushan 氏は、Squint のわかりやすさや効果について、オペレーターから常にポジティブなフィードバックが寄せられていると述べる。このプラットフォームは、必要なスキルを身につけ、自立して安全に仕事をするための自信を与えてくれる。

私たちが特に期待しているのは、AR と AI の交差点で開発している新しい技術で、お客様が企業全体で Squint を展開するのをさらに簡単にするものです。開発の最終段階ですが、近日中に詳細を明らかにしたいと思います。今後数年で、AR は職場でユビキタスな存在になると予想しています。AI アプリケーションの躍進と同じように、AR もゲームやギミックから脱却していくことでしょう。Squint は、すでにこの変化を後押ししています。(Bhushan 氏)

Squintの資金調達ラウンドは、Sequoia Capital のプレシードおよびシードステージをサポートする Arc と、Menlo Ventures のベンチャースタジオ Menlo Labs がリードし、その他複数のエンジェル投資家が参加した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録