株式投資クラファン「FUNDINNO」、46億円を調達し累積調達額は84億円に

SHARE:
Image credit: Fundinno

株式投資クラウドファンディングプラットフォーム「FUNDINNO」を提供する FUNDINNO は30日、直近のラウンドで約46億円を調達したと発表した。この調達を受けて、同社の創業以来の累積調達額は約84億円となった、今回の調達では、コンバーチブルエクイティが株式に転換され、新たな株主が206人加わることとなった。

今回、コンバーチブルエクイティから転換する形で新たに株主となったのは、三菱 UFJ 信託銀行、岡三証券、パーソルホールディングス(東証:2181)、エッグフォワード、ごうぎんキャピタル、AD ワークスグループ(東証:2982)、バルテス(東証:4442)。

また、同社の既存投資家には、SEVEN、INTLOOP(東証:9556)、S Ventures(サツドラホールディングスのファンド)、全研本社(東証:7371)、メディア総研、PROTO Ventures(プロトコーポレーションのファンド)、エル・ティー・エス(東証:6560)、ギグワークス(東証:2375)、FCE Holdings(東証:9564)、エアトリ(東証:6191)、琉球キャピタル、モトヤユナイテッドなどがいる。

FUNDINNO では、今回の資金調達の主な目的として、サービス品質向上とガバナンス・コンプライアンス体制の強化を挙げている。具体的には、エンジニアの採用強化、内部統制体制の整備と透明性の向上、コンプライアンス対応の強化に注力するとしている。

via PR TIMES    Summarized by ChatGPT

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録