BRIDGE

PR TIMES編集部

PR TIMES編集部

プレスリリースサービス「PR TIMES」よりスタートアップ企業の発表情報を厳選し、読みやすく要約した記事を掲載しています(BRIDGEは2018年4月よりPR TIMESのグループメディアとして運営されています)

執筆記事

データドリブンな教育を支援するNOCC、シードで1億円を調達

SHARE:

データドリブンな教育を支援するウェブサービス「NOCC」を運営するトワールは4月19日、アルコパートナーズ、サムライインキュベート、ハックベンチャーズ、フューチャーベンチャーキャピタル、および個人投資家らを引受先とする第三者割当増資により、合計約1億円の資金調達を行なったと発表した。個人投資家の人数・名前は非公開。 NOCCはこれまで指導者の経験や直感で行われてきた教育を、データを用いることで課題…

Screen Shot 2020-04-23 at 11.56.05 AM

データドリブンな教育を支援するウェブサービス「NOCC」を運営するトワールは4月19日、アルコパートナーズ、サムライインキュベート、ハックベンチャーズ、フューチャーベンチャーキャピタル、および個人投資家らを引受先とする第三者割当増資により、合計約1億円の資金調達を行なったと発表した。個人投資家の人数・名前は非公開。

NOCCはこれまで指導者の経験や直感で行われてきた教育を、データを用いることで課題解決するサービスを提供する。具体的には「教育検査」を通じ、学術的に定義されている指標の中から教育に深く関わる項目を測定。今までのテストでは測ることが難しかった様々な能力が見えることで、その人の得意・不得意を的確に把握する。

同検査に基づき、「NOCC BASE for 塾」「NOCC BASE for 大学」「NOCC BASE for 小・中・高」「NOCC MATCH」の4つのサービスを提供する。

via PR TIMES

----------[AD]----------

マネーツリー、シリーズCラウンドでフィデリティから資金調達——累積調達額は約31億円に

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから 資産管理アプリ・会計クラウドサービスを提供するマネーツリーは28日、シリーズ C ラウンドで Fidelity International から資金調達したと発表した。 調達金額は明らかにされていないが、創業以来の累積調達額を約31億円としていることから、シードラウンド(DG インキュベーションや個人投資家から1億5,…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

資産管理アプリ・会計クラウドサービスを提供するマネーツリーは28日、シリーズ C ラウンドで Fidelity International から資金調達したと発表した。

調達金額は明らかにされていないが、創業以来の累積調達額を約31億円としていることから、シードラウンド(DG インキュベーションや個人投資家から1億5,000万円)、シリーズ A ラウンド(調達額非開示)、シリーズ B ラウンド(調達額10億円)、昨年の三菱 UFJ イノベーション・パートナーズ、ソニーフィナンシャルベンチャーズ、NTT データからの調達(調達額不明)を考慮すると、シリーズ C ラウンドでの調達額は数億〜10億円台とみられる。

マネーツリーは、2013年に個人向け資産管理アプリ「Moneytree」をリリース。金融機関の口座とクレジットカードを自動で連携するサービスとして話題となった。その後、経費精算や法人口座に対応する「Moneytree Work」、2015年からは各種銀行口座やクレジットカード、電子マネー、ポイントカードから取得したデータを集約する API「MT LINK」を提供している。2017年にはオーストラリア市場へ進出を果たした。

via PR TIMES

----------[AD]----------

京都発AIスタートアップのハカルス、シリーズBラウンドで資金調達——大阪ガス、DSファーマアニマルヘルス、京銀リース・キャピタルから

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから 京都に拠点を置く AI スタートアップのハカルスは24日、シリーズ B ラウンドで資金を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、大阪ガス(東証:9532)、動物用医薬品メーカーの DS ファーマアニマルヘルス、京銀リース・キャピタル。調達金額は明らかにされていないが、関係者の話によれば数億円程度とみられる。 今…

今年2月、大阪で開催された医療 IT Expo に出展したハカルスと DS ファーマアニマルヘルス。
Image credit: Hacarus

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

京都に拠点を置く AI スタートアップのハカルスは24日、シリーズ B ラウンドで資金を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、大阪ガス(東証:9532)、動物用医薬品メーカーの DS ファーマアニマルヘルス、京銀リース・キャピタル。調達金額は明らかにされていないが、関係者の話によれば数億円程度とみられる。

今回のラウンドはハカルスにとって、2018年に実施したシリーズ A ラウンド(合計2.7億円を調達)に続くものだ。なお、京銀リース・キャピタルは、ハカルスが2016年から2017年にかけて実施したシードラウンド(合計1億円を調達)にも参加していた。

ハカルスでは2017年から、少ない情報から全体像を的確にあぶり出す科学的モデリング方法である「スパースモデリング法」を活用した、産業・医療分野向け AI サービスを開発・販売している。スパースモデリングはデータ同士の因果関係を解明することを得意としており、AI が出した結果と判断の経緯に対する人間の解釈性が大幅に向上する。

HACARUS と大阪ガスは2019年8月、大阪ガスの子会社や関連会社を含む155社である Daigas グループの社内業務の効率化・省人化を行う AI システムの共同開発、Daigas グループが顧客に提供する AI・IoT ソリューションの共同開発の検討について合意していた。今回の大阪ガスからの資本提携は、これら協業関係の強化を目的としたものだ。

また、HACARUS は2019年6月、DS ファーマアニマルヘルスと動物の生体情報を用いた AI 解析情報提供に関する共同事業化を行うことを合意している。その第1弾として動物向け立位心電図データ収集・解析 AI サービスを共同開発、世界最大の医療機器見本市 MEDICA や日本国内での医療系展示会でプロトタイプを披露しており、両社による事業シナジーが確認されたため資本提携を行うこととした。

via PR TIMES

----------[AD]----------

リアルタイム共同編集可、クラウドワークスペース「Strap」がβ版登録を開始

SHARE:

UI/UXデザインを手がける「グッドパッチ」は4月23日、クラウドワークスペース「Strap」のβ版の利用登録を開始したと発表した。 Strapとは、チームでプロジェクトを進める全ての人向けのクラウドワークスペース。リアルタイムで図解やテキスト情報の共同編集が可能となり、作業・コミュニケーションの効率化を実現するツールだ。テレワークが加速し、同じ場所にいる制約を飛び越えながらプロジェクトを推進する…

d8880-55-384898-0

UI/UXデザインを手がける「グッドパッチ」は4月23日、クラウドワークスペース「Strap」のβ版の利用登録を開始したと発表した。

Strapとは、チームでプロジェクトを進める全ての人向けのクラウドワークスペース。リアルタイムで図解やテキスト情報の共同編集が可能となり、作業・コミュニケーションの効率化を実現するツールだ。テレワークが加速し、同じ場所にいる制約を飛び越えながらプロジェクトを推進することがどの企業でも必要になったというニーズに応える。

file

機能は大きく3つある。1つは同時編集機能で、チームメンバーのカーソルの動きや思考過程が確認できるためチーム全員がアイディアを理解しやすくなる機能だ。テレワーク環境下ではリモート会議ツールと併用し、付箋を貼る、図を書くといったオンラインホワイトボードとしても活用できる。

2つ目は、テンプレート機能。事業立ち上げから運用に至る過程で役立つビジネスフレームワークなどのテンプレートを使い、人に伝わる図を簡単に作成できる。3つ目はコメント機能(追加予定)。チームメンバーからフィードバックを手軽にもらうことができる。

via PR TIMES

 

 

----------[AD]----------

マスクとアルコール消毒液の在庫と単価がわかる「在庫速報.com」、最低単価の更新通知に対応したモバイルアプリをリリース

SHARE:

アスツールは23日、マスクやアルコール消毒関連製品の在庫・価格情報の検索サービス「在庫速報.com」のモバイルアプリ(iOS 版 / Android 版)をリリースした。 これまで の web 版では Amazon、楽天市場、ユニ・チャーム、ビックカメラのオンラインサイトを対象に、マスクとアルコール消毒液の在庫と価格を取得し、単位量あたりの安い順で一覧表示していた。モバイル版はこれに加え、最低価格…

アスツールは23日、マスクやアルコール消毒関連製品の在庫・価格情報の検索サービス「在庫速報.com」のモバイルアプリ(iOS 版 / Android 版)をリリースした。

これまで の web 版では Amazon、楽天市場、ユニ・チャーム、ビックカメラのオンラインサイトを対象に、マスクとアルコール消毒液の在庫と価格を取得し、単位量あたりの安い順で一覧表示していた。モバイル版はこれに加え、最低価格の更新プッシュ通知、配送予定日や送料込みの単価表示などといった新機能もサポートする。

このサービスは、新型コロナウイルスや花粉症によるマスクの需要過多や買い占めの影響で、オンライン・オフライン共にマスクが購入できなくなり、アスツールの開発者の一人が提案したことをきっかけに3月23日に「​マスク在庫速報.​com」としてローンチ。27日には検索対応商品にアルコール消毒液を加え、サービス名称を「在庫速報.​com」に変更した

アスツールによれば、サービス開始からの1ヶ月間で400万人以上が利用しているという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

VTuberグループ「にじさんじ」運営が約19億円を調達、累計再生回数は10億回に

SHARE:

  エンターテインメント事業を手掛ける「いちから」は4月14日、シリーズBラウンドの第三者割当増資を公表した。調達した資金は総額19億円で、引受先はLegend Capital、 ソニー・ミュージックエンタテインメント、けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合、伊藤忠商事の4社。今回調達した資金は国内外のVTuber事業を支える人材、および新規事業開発の領域に投資す…

 

Screen Shot 2020-04-18 at 12.00.54 AM
Image Credit:いちから

エンターテインメント事業を手掛ける「いちから」は4月14日、シリーズBラウンドの第三者割当増資を公表した。調達した資金は総額19億円で、引受先はLegend Capital、
ソニー・ミュージックエンタテインメント、けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合、伊藤忠商事の4社。今回調達した資金は国内外のVTuber事業を支える人材、および新規事業開発の領域に投資する。

同社はエンターテイメント領域で事業展開をしており、現在は日本および海外でVTuberグループ「にじさんじ」「NIJISANJI」を中心に展開している。にじさんじ全体でのYouTubeにおける累計チャンネル登録者数は1,000万人を超え、これまでの配信動画の累計再生回数は10億回を超える。

via PR TIMES

----------[AD]----------

現代アートのサブスク「Casie」がデライト・ベンチャーズから1億円を調達

SHARE:

  現代アートのサブスクリプションサービス「Casie」は4月15日、総額1億円の第三者割当増資を実施したと発表した。デライト・ベンチャーズがリードインベスターで、同ラウンドにはKVP、FGN ABBALabも参加している。出資比率などの詳細は非公開。 Casieは、日常生活に現代アートを届けるサブスクリプションサービス。国内外における新進気鋭アーティストが実際に手がけた原画が自宅に届き…

 

Screen Shot 2020-04-17 at 11.54.10 PM
Image Credit:Casie

現代アートのサブスクリプションサービス「Casie」は4月15日、総額1億円の第三者割当増資を実施したと発表した。デライト・ベンチャーズがリードインベスターで、同ラウンドにはKVP、FGN ABBALabも参加している。出資比率などの詳細は非公開。

Casieは、日常生活に現代アートを届けるサブスクリプションサービス。国内外における新進気鋭アーティストが実際に手がけた原画が自宅に届き、季節や気分に合わせて自由に交換ができる。サービスリリース1年で利用したユーザー数は3,000人を超える。同事業を通じてアーティストの収入面のサポートだけでなく、ユーザー嗜好や作品流通データの共有により、創作活動のヒントとなる情報提供も行っている。

今後、これまでに蓄積したユーザー属性別作品交換履歴データを活かし、AI技術導入による高い精度のパーソナライズを実装するという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

ティーン限定のオンラインラーニング「Inspire High」、パルコやSTRIVEらが出資

SHARE:

13〜19歳限定のオンラインラーニングコミュニティ「Inspire High」は4月16日、シードラウンドとしてパルコ、STRIVE、ほか個人投資家数名から資金調達を実施したと発表した。なお、調達額と個人投資家名は公表されていない。 Inspire Highは13〜19歳限定のオンラインラーニングコミュニティ。普段ふれあう機会の少ないアーティストや起業家、研究者やビジネスパーソンなど、第一線で活躍…

Screen Shot 2020-04-17 at 11.42.18 PM
Image Credit:Inspire High

13〜19歳限定のオンラインラーニングコミュニティ「Inspire High」は4月16日、シードラウンドとしてパルコ、STRIVE、ほか個人投資家数名から資金調達を実施したと発表した。なお、調達額と個人投資家名は公表されていない。

Inspire Highは13〜19歳限定のオンラインラーニングコミュニティ。普段ふれあう機会の少ないアーティストや起業家、研究者やビジネスパーソンなど、第一線で活躍して自分の人生を楽しむ様々な大人とのインタラクティブなライブ配信セッションを実施している。スマートフォンとインターネットさえあればどこからでも参加できる、サブスクリプションサービスである。月額利用料金は1500円。¥

また、今回の資金調達と同時にパルコとは業務提携も実施しており、今後は全国のPARCO拠点を活用した集客や、パルコ新事業開発におけるサポート、クリエイターネットワークの相互活用を積極的に行なうという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

観光アクティビティ予約「タビナカ」運営、中国民生金融の投資子会社らが12.6億円を出資

SHARE:

観光アクティビティ予約サイト「タビナカ」などを運営するFun Groupは4月20日、シリーズBにおける資金調達を公表している。出資したのは香港取引所に上場する中国民生金融の投資子会社「JBCホールディングス」およびその他金融機関。調達した資金は12億6000万円。 調達した資金は新型コロナウイルスの感染拡大により、影響を受けている国内外のツアー会社の支援や、ハードウェアを含む新規プロダクトの開発…

fungroup.png

観光アクティビティ予約サイト「タビナカ」などを運営するFun Groupは4月20日、シリーズBにおける資金調達を公表している。出資したのは香港取引所に上場する中国民生金融の投資子会社「JBCホールディングス」およびその他金融機関。調達した資金は12億6000万円。

調達した資金は新型コロナウイルスの感染拡大により、影響を受けている国内外のツアー会社の支援や、ハードウェアを含む新規プロダクトの開発、人材採用等に活用していく。また、中国民生金融の持つ中華圏ネットワークを活用することで、中華圏旅行者の獲得を推進するという。

同社は予約サイト以外にも2017年に、現地観光ツアーに特化したエンターテインメント事業「Fun」立ち上げており、現在、バンコク・バリ・セブ・ハワイ・ラスベガス・台北の6都市にて展開をしている。ローカルのツアー会社と連携しながら、バスや車などの移動手段を供給することで、その地域ならではの観光体験を旅行者に提供している。また、フランチャイズによる拡大戦略を取っており、6社をグループ会社化している。

via PR TIMES

----------[AD]----------

PropTech特化VCのデジタルベースキャピタル、愛媛銀行から資金調達

SHARE:

デジタルベースキャピタルは20日、同社が運営する PropTech 特化 ファンド「デジタルベースキャピタル1号」に愛媛銀行(東証:8541)から資金調達したことを明らかにした。このファンドは10億円規模を目指すとしており、LP としては、イタンジ創業者の伊藤嘉盛氏、平和不動産(東証:8803)、 GA technologies(東証:3491)らの名前が明らかになっているが、金融機関からは初めて…

愛媛銀行本店
CC BY-SA 4.0: まつやま / Wikimedia

デジタルベースキャピタルは20日、同社が運営する PropTech 特化 ファンド「デジタルベースキャピタル1号」に愛媛銀行(東証:8541)から資金調達したことを明らかにした。このファンドは10億円規模を目指すとしており、LP としては、イタンジ創業者の伊藤嘉盛氏、平和不動産(東証:8803)、 GA technologies(東証:3491)らの名前が明らかになっているが、金融機関からは初めての調達となる。調達金額は非開示。

デジタルベースキャピタル1号は昨年7月にローンチした PropTech スタートアップに特化したファンド。これまでに、不動産クラウドファンディングの「FUEL」、クラウドキッチン運営の X Kitchen(エックス・キッチン)、生活困りごと解決サービス「オコマリ」運営の modecas(モードキャス)、会議室やイベントスペースの即予約サービス「Pit in(ピットイン)」などに出資している。

愛媛銀行頭取の⻄川義教氏は声明で、同行が所属する第二地方銀行協会のオープンイノベーション支援組織「SARBLAB」との共催ワークショップで、デジタルベースキャピタル代表の桜井駿氏の講師を務めてもらったのが出会いのきっかけだと語っている。協業の可能性を模索する中でデジタルベースキャピタルからファンド出資のオファーがあり、地域発の新サービス創出を念頭にファンドへの出資を決定したとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------