THE BRIDGE

Pickups

新着・ニュース

ゲーマーのプレイをインタクティブにストリーミングできるエンジンを開発するGenvid Technologies、シリーズBラウンドで2,700万米ドルを調達

SHARE:

Genvid Technologies は、インタラクティブストリーミングエンジンの開発に向け2,700万米ドルを調達した。このラウンドのリードインベスターはマーチャントバンク Galaxy Digital の一部門である Galaxy Interactive で、今回の調達で Genvid Technologies の累計調達金額は4,700万米ドルに達した。 ニューヨークを拠点とする Genv…

Image credit: Genvid Technologies

Genvid Technologies は、インタラクティブストリーミングエンジンの開発に向け2,700万米ドルを調達した。このラウンドのリードインベスターはマーチャントバンク Galaxy Digital の一部門である Galaxy Interactive で、今回の調達で Genvid Technologies の累計調達金額は4,700万米ドルに達した。

ニューヨークを拠点とする Genvid のインタラクティブストリーミングエンジンは、スポンサーシップやストリーム内の購買によりライブストリームのマネタイズを可能にする。Genvid CEO の Jacob Navok 氏は GamesBeat とのインタビューの中で、ストリーム観戦するゲームや e スポーツを、プレーヤーにとってより面白くインタラクティブにすることを目指していると語った。

Genvid は、Twitch や YouTube などのプラットフォームにブロードキャストされる e スポーツトーナメントのインタラクティブストリームなど、同社のクラウドストリーミングテクノロジーを使って新種のサービス作成する。Genvid を使えば、例えば視聴者が e スポーツの試合を観戦し、その場でフォローする e スポーツ選手を切り替えることも可能だ。広告主は、視聴者の「いいね」に応じて異なる広告を表示することもできる。日本の NTT ドコモは最近開催された東京ゲームショウで、Genvid を使って 5G がゲームをどのように変えるかを示すインタラクティブなストリーミングイベントを開いた

東京ゲームショウで開催されたストリーミングイベント
Image credit: Genvid Technologies

我々は当初から、ストリーミングを通じてゲームデベロッパが新しい体験を作り出せるツールを作ろうと話していた。

e スポーツからはじめ、今年の Game Developers Conference で新しいコンテンツを披露した。それは、Gennvid 上に構築中の新エンジンを使った新ゲームだ。成長をさらに加速すべく、我々はゲームデベロッパのためのツールに投資を続けている。(Genvid Technologies の CEO Jacob Navok 氏)

同社はこういったツールの開発やメンテナンスを行ってきたが、ゲームデベロッパが欲する機能を確実に届けるには人材確保により多くの資金を投資する必要がある。

インタラクティブストリーミングは、実際のところビデオゲームと従来のメディアの融合だ。

我々は全ての個人視聴者が、一人一人違う自分だけのインタラクティブレイヤーを持てるようにしている。e スポーツチームの特定のプレーヤーを見たければ、そのようにできる。デベロッパがインスタンスを作成や管理、一度導入すれば複数プラットフォームに対応させられるバックエンドツールも開発してきた。(Navok 氏)

Navok 氏は、Genvid がインタラクティブストリーミングテクノロジーに基づいた新しいビジネスも生み出していると語った。その中には、視聴者がライブのスポーツストリーミングとやりとりできるようにするスポーツ関連のプロジェクトや、Genvid でゼロから開発されているゲームコンテンツ関連のものもある。Genvid は、ライブ番組で起きることをユーザが変えられる、ライブテレビの新しい形に取り組んでいる。

ゲームデベロッパに加え、Genvid はメディア企業やスポーツ放送局もターゲットにしている。 Genvid の SDK を使えば、クリエイターは複数のインフラストラクチャ(Amazon Web Services や Microsoft Azure)、複数のゲームエンジン(Unity、Unreal、独自エンジン)で、複数のストリーミングプラットフォーム(Twitch や YouTube など)でリッチなインタラクティブ機能を構築できる。

今後数年以内に公開されるコンテンツのパイプラインがある。

我々はゲームの SDK として事業を開始した。そして今、我々はスポーツとメディアに拡大している。だから、メディア企業やスポーツ企業と連携するチームを作りたい。我々は、スポーツ放送を見たり、リアリティショーを見たりしながら、インタラクティブなストリーミングができる空間で、すでにいくつかのプロトタイプを開発している。また、出演メンバーとリアルタイムでやり取りすることもできる。これに対する私の本当の夢は、将来、インタラクティブな American Ninja Warrior が、リアルタイムでインタラクティブ性を発揮できるようになることだ。

大手のメディア企業には、我々はフルカスタマイズしたサービスを持っていき、「これを構築して、次のようなサービスの提供をご支援します」という必要がある。我々の獲得した最大のバリュープロポジションの一つは、彼らと非常に密接に協業できることだ。(Navok 氏)

CEO Jacob Navok 氏
Image credit: Genvid Technologies

インディのゲームデベロッパやメジャーなゲームパブリッシャーは、Genvid の技術スタックでのみ可能だという新しいストリーミング体験を積極的に開発している。Genvid のテクノロジーはすでに多くの方法で使われており、ごく最近では、Counter-Strike:Global Offensive の Twitch 上での最新ファイナルをサポートした。

新たに調達した資金を使って、Genvid は SDK 機能開発をさらに加速し、ライブ運用、インテグレーション、インタラクティブストリーミングのための Web 開発を必要とするデベロッパ向けに、エンドツーエンドのサービスプラットフォームを構築する。 さらに、Genvid の技術はゲームエンジンでレンダリングされたコンテンツと同様にストリーミング動画でも機能するため、同社はゲーム業界を超えてメディアやスポーツに事業開発の取り組みを拡大する。

我々はすでに、リッチで双方向のリアルタイムインタラクティブ機能をゲームや放送に取り入れたいデベロッパ向けの標準ツールキットとなっている。Pipeworks Studio の Project Eleusis のメタバース的体験など、Genvid と協力して独立したデベロッパが作る多くの新しいデジタルメディアフォーマットをサポートするため、5G やインタラクティブテレビの成長を活用可能な新機能が追加されるのに合わせ、当社のコアツールは改善され続ける。(Navok 氏)ニューヨークの Galaxy Interactive(マーチャントバンク Galaxy Digital の一部門)は、ビデオゲームスタジオ、e スポーツなどへの投資に重点を置き、急成長しているインタラクティブコンテンツとテクノロジーの分野に特化している。

Galaxy Interactive の責任者である Sam Englebardt 氏が Genvid の取締役に就任する見込みだ。Englebardt 氏は声明で次のように述べている。

Galaxy Interactive と Genvid は同じビジョンを共有している。

インタラクティブストリーミングは、ゲーム市場の次の主要な拡大に不可欠であるという信念に強く沿っている。Genvid のテクノロジーは、従来のゲーマーを超えてユーザ全体を大幅に成長させ、コンテンツの作成、消費、収益化の強力な新しい形態を解き放つだろう。

我々の投資先のすべての企業、特にデジタルプロダクトの作成や所有権にブロックチェーンなどの技術を利用している企業は、彼らのプロダクトに Genvid の技術が急速に拡大するストリーミングコンテンツインフラストラクチャを連携することから、大きな恩恵を受けると思う。

Genvid の既存投資家である March Capital Partners、OCA Ventures、Makers Fund、Horizons Ventures もこのラウンドに参加した。Genvid は Valor Equity Partners と K5 Global から新規の出資を受けた。Galaxy Interactive のほか、Genvid には新たな取締役や投資家が加わったことで、e スポーツ、ゲーム、メディア企業、ブロックチェーンや VR/AR のような新興技術などに洞察を深められることになる。

<関連記事>

我々はこの業界を理解し、こういった種類のツールが必要だと理解してくれる人々に特化して投資家になってもらった。(Navok 氏)

Genvid はさらに、、この1年にわたり Genvid を支援してきた2人の新しいアドバイザーを発表している。Matthew Ball 氏はメディアを中心とする Amazon Studios の元戦略責任者であり、一方、Anna Sweet 氏は Valve でプラットフォーム「Steam」の成長に6年間を費やし、Oculus でコンテンツ戦略をリードし、現在はゲーム業界の投資家でアドバイザーを務める。

メディア業界は、過去10年間のほとんどをコンテンツのオンライン移行とその課金方法の解明に集中してきた。

次の10年は、このコンテンツを再発明し、デジタル配信に固有のまったく新しいフォーマットを作成するものになるだろう。対話性はこの機会の中心になるだろう。そして、Genvid は、こういった体験において、重要なイネーブラーかつ創造的なパートナーの一つとなるだろう。(Matthew Ball 氏)

現在のチームメンバー
Image credit: Genvid Technologies

Genvid はまた、ビジネス開発と技術サポートのためにベルリンにヨーロッパオフィスを設立し、顧客のインフラストラクチャーを監視するためにカリフォルニア州アーバインにライブオペレーションオフィスを開設することを発表しています。 2016年に設立された同社は、ニューヨーク、モントリオール、サンタモニカ、アーバイン、ベルリン、東京など、世界中の6つのオフィスに50人以上の従業員を擁している。

多くのメガファンドがある種の投資競争にあり、有望なスタートアップに多額の投資を急いでいるが、Genvid が期待やバリュエーションが上がり過ぎることを積極的に避けてきた、と Navok 氏は語った。

調達した資金を使ってやろうとしている2つ目のことは、我々の SDK 周辺に SaaS を構築することだ。

今日、我々は SDK となった。一連のサービスを提供する SDK 周辺に SaaS を構築したい。会社を始めた時、カスタマプラットフォームには特化しないと決めていた。ライブ運用やサポート、インテグレーションのための支援など、ゲームデベロッパのためのサービス群を想定していた。この種のことをやりたいのはインタラクティイブストリーミングのためだ。Twitch や YouTube にインタラクティブストリーミングを導入しようとしていて、サポートが必要であれば、私がそれを構築してあげたい。(Navok 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

半年弱で50億円積み上げたOLTA、クラウドファクタリング「3兆円市場」目指してChatworkと連携

SHARE:

ニュースサマリ:クラウドファクタリングのOLTAは12月5日、ビジネスチャットツールのChatworkと提携して中小企業の資金繰りを円滑化させる早期入金サービスの提供を開始した。サービス名は「Chatwork 早期入金 powered by OLTA」で、Chatworkを利用しているユーザーが、保有する入金待ちの請求書をOLTAに買取相談することができる。 Chatworkの画面メニューに追加さ…

Screenshot 2019-12-05 at 12.51.55 PM.jpg

ニュースサマリ:クラウドファクタリングのOLTAは12月5日、ビジネスチャットツールのChatworkと提携して中小企業の資金繰りを円滑化させる早期入金サービスの提供を開始した。サービス名は「Chatwork 早期入金 powered by OLTA」で、Chatworkを利用しているユーザーが、保有する入金待ちの請求書をOLTAに買取相談することができる。

Chatworkの画面メニューに追加されるもので、ここから買取相談のページに遷移することができる。OLTAから電話にてサービスの説明をした上で会員登録と申込案内を実施する流れになる。Chatworkの利用企業数は2019年11月時点で約24万社。これらを利用する主要な中小企業を対象に、短期・少額の運転資金需要に応えるのが狙い。

78253992_1012090919129532_6327060467135021056_n
Chatworkのメニューに追加されるOLTA

話題のポイント:先日、日本郵政キャピタルからの追加出資を公表した際、実は際立った数字がありました。それが「申し込み総額150億円突破」の積み上げです。今年6月には2017年4月の創業から僅か2年(サービス開始からは1.5年)でファクタリング申込み総額100億円突破をお伝えしましたが、そこから約5カ月でさらに50億円積み上げた形になっています。

つまり、速度が上がっているわけです。

<参考記事>

もう市場ニーズ自体は十分すぎるほど合致しているので、あとはマーケティング勝負になるわけですが、ここで彼らが重視しているのが提携戦略です。これまでにもクラウド会計のfreeeと連携したり、地方銀行などとの提携を模索するなど、利用者の裾野拡大を着々と進めています。今回のChatwork連携もその一環で、取締役の武田修一さんにチャネルとしてビジネスチャットに注目した理由について聞いたところ、このような回答をいただきました。

「OLTAのクラウドファクタリングは、中小企業・フリーランスの運転ニーズに広く応えるものなので、そうしたSMBオーナーが日頃接点のある先が弊社のパートナーとなります。その点でChatworkは、ツールとして経営者が日頃利用されている点はもちろん、彼らの経営のアドバイザーである士業の先生方も広く利用されている点が、クラウドファクタリングの認知拡大に大きく貢献いただけるのでは、と期待しています」。

Chatwork側もチャットに限定せず、経営者のサポートというより大きな視点でのサポートをしたいという意向もあって今回の提携が実現したというお話でした。両社は今後より深いプロダクト連携についても協議を続けるそうです。

そして気になるのは今後の成長です。クラウドファクタリングはどこまでいくのでしょうか?同じく武田さんがこのような予想を教えてくれました。

「150億円までの歩みとしては発表済みのfreee様をはじめ、各金融機関様、税理士先生等からのご紹介もありつつ、基本的には自社での集客が中心でした。今回発表のChatwork様との取り組みはもとより、未発表の金融機関様との連携など、まさにここからアライアンスによって成長が加速していくフェーズに入ると思っています。

潜在的な市場自体は、残高ベースで3兆円(年間の流通金額ベースだと数十兆円)あると見ていまして、OLTAだけでは動かしきれないなと思っています。日本にクラウドファクタリングを普及させる上では金融機関様、SaaS等の事業会社とのアライアンスを今後も頑張ってまいります」。

提携戦略がどのような影響を与えるのか、次の数字を楽しみに待ちたいと思います。

----------[AD]----------

地域SNSのPIAZZAがKVPなどから1.4億円調達ーー新しいカタチの「ご近所付き合い」目指す

SHARE:

地域SNS「PIAZZA(ピアッツァ)」は12月5日、第三者割当による増資を公表した。引受先になったのはKVP、キャナルベンチャーズ、みずほキャピタル、マーキュリアインベストメント、三井住友海上キャピタルの5社。マーキュリアインベストメントは伊藤忠商事と共同で組成したファンドを通じて出資する。投資ラウンドはシリーズAで、調達金額は1億4000万円。各社の出資比率や払込日などの詳細は非公開。 PIA…

78862065_1440472036110700_1004937324091408384_n
PIAZZAが展開するオフラインのローカルコミュニティ(写真提供:PIAZZA)

地域SNS「PIAZZA(ピアッツァ)」は12月5日、第三者割当による増資を公表した。引受先になったのはKVP、キャナルベンチャーズ、みずほキャピタル、マーキュリアインベストメント、三井住友海上キャピタルの5社。マーキュリアインベストメントは伊藤忠商事と共同で組成したファンドを通じて出資する。投資ラウンドはシリーズAで、調達金額は1億4000万円。各社の出資比率や払込日などの詳細は非公開。

PIAZZAが提案するのは地域のイベントや保育・就学、ローカルのお店情報や防災、大型家具の譲り合いなど、地域に密着した情報を通じた新たな「ご近所付き合い」の世界観。ウェブやアプリでのオンラインとコミュニティスペースのオフラインの両方を展開しており、対象になっているエリアは2019年11月時点で、全国3地域(関東、東北、関西)の29箇所。

Screenshot 2019-12-05 at 9.48.10 AM.png

ユーザーはソーシャルアカウントでログインし、地域と興味のあるコミュニティを選択すると、地域の情報やコミュニケーションがタイムライン形式でみれるようになる。オフライン展開については子育て支援施設「グロースリンクかちどき」と日本橋のコミュニティ施設「Flatto」をそれぞれ協働運営している。

今回の資金調達で行政などと連携し、遊休スペースを活用した少子高齢化社会による孤立問題を解消するコミュニティ施設を立ち上げるほか、デジタル広告事業の推進などを実施する。

----------[AD]----------

セクハラ解任でも1億ドル調達、SoFi創業者の新たな挑戦は「住宅ローン×ブロックチェーン」

SHARE:

ピックアップ:SoFi founder Mike Cagney’s already well-funded new startup is raising another $100 million ニュースサマリー:オンライン学生ローンサービスでユニコーンとなったフィンテック企業「SoFi」の創業者MIke Cagney氏が設立した新会社「Figure」が11月初旬、1億ドル規模の調達を行っていたこ…

Screenshot 2019-12-03 at 1.41.31 PM.png
Image Credit: Figure

ピックアップSoFi founder Mike Cagney’s already well-funded new startup is raising another $100 million

ニュースサマリー:オンライン学生ローンサービスでユニコーンとなったフィンテック企業「SoFi」の創業者MIke Cagney氏が設立した新会社「Figure」が11月初旬、1億ドル規模の調達を行っていたことが明らかになった。

Figureが提供するサービスは、ホーム・エクイティー・ローンや借り換え住宅ローンなどの住宅ローンおよび借り換え学生ローンである。Mike氏はセクシャルハラスメント疑惑によりSoFiを2017年に解任されており、離職後すぐの2018年Figureを設立している。Figureはサービス立ち上げ後から着々と成長し、既に累計約1億ドルの調達を実施している。

※ホーム・エクイティー・ローン=住宅価格から住宅ローン未払い額分を除いた資産を担保に発行されるローン

Screenshot 2019-12-03 at 1.40.15 PM.png
Image Credit : Provenance

話題のポイント:Figureがターゲットとするのは、増加傾向にある高齢者層であり、彼らが持つ住宅を担保にローンを組むことを促します。米国でも高齢化は進んでおり、今後巨大化する市場に狙いを定めているのだと考えることができます。

この点、学生をメイン・ターゲットにしていたSoFiと多少の違いがあることがわかります。しかし、Figureは借り換えの学生ローンを提供していますし、実はSoFiは住宅ローン分野にも進出しています。そのため、Cagney氏は古巣SoFiと競合のビジネスを行なっていると捉えることもできるでしょう。

ただ、大きな違いとして、FigureはProvenanceブロックチェーン技術をベースにサービス開発をしている点が挙げられます。実はFigureのプロダクトはほとんどの処理をProvenanceプラットホーム上で実行しており、手数料の削減、透明性の向上を実現しています。

公開されている同社の業績データは未だ見当たりませんが、上記の先進的な技術の導入が結果的にユーザー増加に寄与し、本調達に繋がっているのかもしれません。ブロックチェーンは未だ未成熟なテクノロジーとされていますが、今後の同社の成長によって、証券市場におけるその有用性が証明される可能性があります。

一時は、自身の失態により創業した会社を追われる形となってしまったCagney氏ですが、SoFiをユニコーン企業まで押し上げた才能は腐ることなく、新たな技術を用いることで、フィンテック領域における彼の挑戦は次のステップへと進んでいます。今後のFigureの躍進に注目が集まります。

----------[AD]----------

業績見合いでローン提供「Uncapped」はスタートアップの株放出問題への対抗策となるか

SHARE:

ピックアップ:Uncapped raises £10M to offer ‘revenue-based’ finance to growing businesses ニュースサマリー:12月1日、スタートアップ向けローン提供サービス「Uncapped」が、サービスのローンチと同時に1,000万ドルの資金調達を実施。資金は株式と借り入れの両方で行われる予定で、投資家には、Rocket Interne…

Screenshot 2019-12-03 at 1.55.31 PM.png
Image Credit : Uncapped

ピックアップUncapped raises £10M to offer ‘revenue-based’ finance to growing businesses

ニュースサマリー:12月1日、スタートアップ向けローン提供サービス「Uncapped」が、サービスのローンチと同時に1,000万ドルの資金調達を実施。資金は株式と借り入れの両方で行われる予定で、投資家には、Rocket Internet’s Global Founders CapitalやWhite Star Capital、Seedcamp、そしてその他複数のエンジェル投資家が名を連ねている。

同社はロンドンに本社を置くポーランド発の企業。スタートアップ向けに業績ベースのローン提供サービスを展開する。スタートアップはVCやエンジェルなどの投資家からのエクイティー(株式)投資に依存しており、それが将来的な自己株比率の不足をもたらすなどの問題に繋がっていた。

しかしUncappedからの借り入れは株放出に頼らない業績ベースのローン。10万~100万ポンド(約1400万~1億4000万円)を貸し出し範囲とし、手数料は一律6%、投資家よりも高速で資金調達を実行できる点を強みとしている。

TechCrunchの記事で同社CEOのIsmail氏は以下のように答える。

資金調達を検討する起業家に最初に立ちはだかるのは、“数%のエクイティー(株式)を手放すのか、はたまたデット(借り入れ)を行うのか”という、二者択一の意思決定。エクイティーは遅い上に株放出が必須であり、またローンもハイリスクという欠点があります。しかしUncappedは、両方の良いとこどりをした代替手段となり得ます。

Screenshot 2019-12-03 at 2.27.03 PM.png
Image Credit : Uncapped

話題のポイント:Uncappedのファイナンス・サービスに関して気になるポイントは、同社の業績ベースの与信がどれほど効力があるのか、という点でしょう。ローンが高スピードかつ低い手数料である点は借り手のスタートアップにとって大きなメリットではあるものの、彼らの貸し倒れ率を一定以下に抑えなければ同社のビジネスは成り立ちません。

そのため、ローン提供先事業の債務返済能力を適切に与信を取るする必要があり、その方法の質の高さがサービスのコア・バリューになるとも言い換えられます。

与信の方法について、ピックアップ記事の中でIsmail氏は、「Uncappedは事業者がこれまで蓄積してきた販売データや、事業者らが利用するStripeやShopfyなどの外部サービス内の決済・販売データなど、多数のソースに依拠する形でデータを収集し、与信審査を行う」といったコメントを残しています。

Screenshot 2019-12-03 at 2.31.24 PM.png
Image Credit : Uncapped

Uncappedが想定する借り手事業者は、Eコマースやサブスクリプションサービス、D2C、SaaS、アプリやモバイルゲーム、マーケットプレイスの6つのカテゴリに属する事業者であるとされています。これら6つのサービスが選ばれる理由は、与信データの収集を行いやすい事業モデルであるためだと考えられます。

実際、Uncappedは借り手に2つの条件を設けています。1つは商品・サービスの販売をオンライン決済で行なっていること、そしてもう1つはサービスの運用を少なくとも9カ月以上継続できるていることです。

ちなみにStripeやShopfyは既に自社サイトベースの業績データに依拠したローンサービスを提供しており、Uncappedの競合に当たります。一見するとより多くの業績データをプラットフォーム内で握るStripeやShopifyの方が優位性が高そうです。しかし、Uncappedは事業者自身が持つ販売データや事業者が運用するFacebookのようなSNSなども含め多面的にデータを収集しています。特定サービスに依存せず相対評価できているという見方もできるので、これはこれで強みを持っているといえるでしょう。

さて、全ての起業家の悩みのタネでもある資金調達を、より簡単かつ低コストなものに変革する「Uncapped」。欧州スタートアップの需要を掴み、かつ適切な出資を行うことで、新しい資金調達モデルを生み出すことができるのでしょうか。同社の今後の発展に期待が高まります。

----------[AD]----------

9億人が利用、Alibaba(阿里巴巴)とTencent(騰訊)中国「フィンテック」共通戦略を紐解く【前編】

SHARE:

ピックアップ:5 Ways Ant Financial & Tencent’s Fintech Growth Playbooks Are Evolving 先日のヤフー・LINE連携で話題になったのが中国テックジャイアントの存在です。GAFAに対抗してBAT(※最近は「B」がBaidu・百度ではなくByteDance・字节跳动)とする場合も)と呼ばれていますが、なかでも勢いがあるのがフィン…

pexels-photo-683419.jpeg
Image Credit : Pexels

ピックアップ5 Ways Ant Financial & Tencent’s Fintech Growth Playbooks Are Evolving

先日のヤフー・LINE連携で話題になったのが中国テックジャイアントの存在です。GAFAに対抗してBAT(※最近は「B」がBaidu・百度ではなくByteDance・字节跳动)とする場合も)と呼ばれていますが、なかでも勢いがあるのがフィンテック分野での躍進です。

Alibaba(阿里巴巴)グループのAnt Financial(蚂蚁金服)が提供する「Alipay(支付宝)」、そしてライバルのTencent(腾讯)が提供する「WeChat Pay」がそれです。この中国2大モバイル決済アプリについて、米調査会社のCB Insightsが詳しい戦略の考察を掲載していました。本稿ではこれに沿った形で、この2大決済アプリが今、どのような状況なのかを紐解いてみたいと思います。

中国国内決済のほぼ全てを支配する

CBIの記事によれば、トップを走るAlipayは、実に中国国内の決済の54%を占めており、それを追う形のWeChat Payのシェアは約40%だそうです。

つまり、中国のモバイル決済はAlibabaとTencentという、米国のGAFAらと肩を並べる中国巨大テック企業の2社によってほぼ完全に独占されている状態で、これら2社を合わせると、中国国内のユーザー数は実に8〜9億人になるそうです。日本の総人口のざっと5倍です。

事業構造も異なります。Alipay陣営のAlibabaグループはコマースが中心。対するTencentはゲームとメッセンジャー「WeChat」によるコミュニケーション関連事業がメインになっています。特にTencentは広告事業の成長が頭打ち状態の一方、フィンテック関連サービス(レンディングや保険など)が年間40%もの成長を示していると記事は指摘しています。

Ant Financialの推定評価額は1,500億ドル(Alibaba全体では約4,570億ドル)、フィンテック事業に限定したTencentの評価額は1,230億ドル(Tencent全体では約3,875億ドル)と拮抗しており、今後、ヤフーやLINE、東南アジアで勢力を伸ばすテックスタートアップ各社はこことのポジション争いをアジア圏で繰り広げることになりそうです。

といってもこの2社、時価総額では世界トップ10入りの桁違いなので背中は遠いです(※日本のトップを走るトヨタは約1960億ドル)。

AlibabaとTencentが取ったフィンテックの共通戦略

CBIの記事ではこの事業が異なる2社が、フィンテック分野においては同じような戦略を取っていると考察しています。それが次の5つです。

  • 1. Building flywheel effects  – フライホイール効果の構築
  • 2. Making virtual credit a part of everyday life – ユーザーの日常の一部にクレジットを作り出す
  • 3. Prioritizing health insurance – 健康・医療保険を優先する
  • 4. Diversifying options for savings and investing to expand the market – 預金・投資オプションの多様化
  • 5. Focusing on small businesses – スモールビジネスへのフォーカス

詳細はぜひ原文をご一読いただくとして、これらの項目に沿って気になったポイントを解説してみたいと思います。

1. Building flywheel effects  – フライホイール効果の構築

silhouette photo of man throw paper plane
Photo by Rakicevic Nenad on Pexels.com

「フライホイール効果(弾み車)」とは、Amazonの成長を解説する際にジェフ・ベゾスが引き合いに出した理論です。一言で言えば、“ビジネスの中に好循環を生み出すこと”を意味します。

ジェフベゾスは、Amazon商品の低価格化→顧客満足度の上昇→取引ボリューム増加→品揃えの充実、に至る一連の好循環をフライホイール効果と表現しました。Ant FinancialやTencentの場合、決済アプリと関連金融サービスによる相乗効果がそれです。

CBIがまとめたAnt Financialのデータによると、2019年6月のデータではAlipayユーザーのうちAnt Financial以外の金融サービスを3つ以上利用しているユーザーは80%、5つ以上利用しているユーザーは40%となっています。

具体的には、Alipayの提供するWallet内から、中国の一般的な銀行預金金利と同程度かそれ以上の金利(過去の一時期4%に到達、現在2%周辺)をもらえる「余額宝」と呼ばれるMMF(マネー・マーケット・ファンド)サービスを簡単に利用できたりします。

他にもローンや保険サービスをAlipay Walletから簡単に利用できるなど、関連サービスへの導線が上手く出来ているため、ユーザーの人気を集める理由となっています。新たなサービス導線の誕生ですね。

2. Making virtual credit a part of everyday life – ユーザーの日常の一部にクレジットを作り出す

アジア圏におけるミレニアルやZ世代と呼ばれる新しい年代のユーザーはインターネットで決済することが当たり前になっている状況があります。

<参考記事>

ここで重要なデータがクレジット(信用)です。

Ant Financialが運営する消費者信用サービス「Huabei」は、こうした世代向けに無利息のクレジットを提供し、大きく消費を加速させています。データによれば、同サービスが開始した2015年から累計貸し出し額は1,400億ドル(約15兆円)に及んでいるそうです。

驚かされるのは成長率です。

原文のグラフを見ると一目瞭然ですが、1,400億ドルというのは2017年前半までの累計額の10倍です。この増加を2年と少しの期間で達成しているということには驚かされずに入られません。Tencentも「Fenfu」と呼ばれる同様のサービスを開発しており、2019年末までにローンチされる見込みです。記事の後半では残りの3〜5について解説をお送りします。

----------[AD]----------

IVS 2019 Winter in バンコクのピッチコンペティション「LaunchPad」の優勝は、〝タイ版freee〟の「FlowAccount」が獲得 #ivs2019

SHARE:

本稿は、12月3〜4日に開催されている、Infinity Ventures Summit 2019 Winter in Bangkok の取材の一部。 4日午後、Infinity Ventures Summit(IVS) では恒例となっているスタートアップ・ピッチコンペティション「LaunchPad」が実施され、タイで中小企業や個人事業者向けにオンライン会計サービス「FlowAccount」を提供…

Image credit: Infinity Ventures Summit

本稿は、12月3〜4日に開催されている、Infinity Ventures Summit 2019 Winter in Bangkok の取材の一部。

4日午後、Infinity Ventures Summit(IVS) では恒例となっているスタートアップ・ピッチコンペティション「LaunchPad」が実施され、タイで中小企業や個人事業者向けにオンライン会計サービス「FlowAccount」を提供する FlowAccount が優勝を獲得した。

LaunchPad の審査員を務めたのは、

  • 倉林陽氏 – DNX Ventures マネージングディレクター
  • 眞下弘和氏 – m&s partners 代表
  • 真田哲弥氏 – KLab 代表取締役社長 CEO
  • 吉田浩一郎氏 – クラウドワークス 代表取締役
  • 本田謙氏 – フリークアウト・ホールディングス代表取締役
  • 西條晋一氏 – XTech Ventures 共同創業者兼ジェネラルパートナー
  • Joseph Chan(詹德弘) 氏 – AppWorks(之初創投)共同パートナー
  • Mameaw Pahrada Sapprasert 氏 – 500 Startups Thailand ディレクター
  • Paul Ark 氏 – Digital Ventures マネージングディレクター

(本稿は速報体制でお伝えしたため、うち入賞スタートアップについては、追って加筆します。)

【優勝】FlowAccount by FlowAccount(タイ)

Image credit: Infinity Ventures Summit

欧米企業で開発された会計ソフトの多くは、タイ国内の企業向けにはローカライズされていない。会計手続は国によって異なるのにだ。一方で、会計専任の人員を雇用するのはコストもかかる。

FlowAccount は、〝タイ版 freee〟とも言うべき中小企業や個人事業者を対象とした会計 SaaS だ。収入や経費支出の比較のほか、ペイロール(給与計算)の仕組みも備えており、現地のカシコン銀行の電子決済サービス「K Cash Connect」と連携し給与振込にも対応。そのほか、税金支払との連携、キャッシュフロー計算との連携などの機能も提供。

Image credit: Infinity Ventures Summit

2015年1月にローンチした FlowAccount はこれまでに3万以上のスモールビジネスの煩雑な会計処理を支援してきた。2017年にはシリーズ A ラウンドで、SBI インベストメント、Beacon Venture Capital、Golden Gate Ventures、500 TukTuks(500 Startups のタイ現地ファンド)から115万米ドルを調達している。

----------[AD]----------

システム開発やスタートアップスタジオ運営のSun*(サンアスタリスク)、初となる外部資金調達で農林中金から約10億円を調達

SHARE:

システム開発やスタートアップスタジオを運営する Sun*(サンアスタリスク、旧称:フランジア)は4日、直近のラウンドで農林中央金庫(以下、農林中金)から約10億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明だが、これまでブートストラップモードで運営されてきた Sun* にとっては初の外部資金調達となる。このラウンドはまだクローズしておらず、事業会社などから追加資金を集め、来年初頭と見られるラウンド…

左から:取締役 平井誠人氏、取締役 梅田琢也氏、
代表取締役 CEO 小林泰平氏、取締役 服部裕輔氏
Image credit: Sun Asterisk

システム開発やスタートアップスタジオを運営する Sun*(サンアスタリスク、旧称:フランジア)は4日、直近のラウンドで農林中央金庫(以下、農林中金)から約10億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明だが、これまでブートストラップモードで運営されてきた Sun* にとっては初の外部資金調達となる。このラウンドはまだクローズしておらず、事業会社などから追加資金を集め、来年初頭と見られるラウンドクローズの段階で調達総額は約20億円となる見込み。

Sun* の創業は2012年。若い頃にホームレスを経験、エンジニアを経て創業した個性豊かな小林泰平氏が CEO を務めることでも知られる。多くの企業がデジタルトランスフォーメーションを図ろうとするとき、そこには開発のみならず運営をする人材と技術が必要になるが、これらをまとめて提供することで、企業が元来の本業に集中し続けられる環境を提供することを社是に掲げている。

一般的に、システムインテグレータ(SI)にシステム開発を依頼する際にはワンショットで費用を支払うことが多いが、Sun* ではサブスクリプションに近い形での開発受託の仕組みをとっている。発注する企業側は予算を固定費に組み入れやすくなり、請け負う側の SI(Sun*)はある程度の追加開発や仕様変更、柔軟な運用支援などを提供しやすくなるメリットがある。システム開発の SaaS モデルという捉え方もできるだろう。

企業にとって、キャッシュの調達のバリエーションは増えてきたが、人と技術の調達は依然として難しい。人口オーナスの状態を迎える日本にとって、国内だけで解決を図るのも難しい。(中略)

ベトナムなど GAFA などがまだ入り込んでいない市場で、日本で働きたいと思ってくれている人材がいる状況は、まさにラストワンチャンス。このチャンスを逃したら次は無い。会社を大きくするには、このタイミングで外部調達するのが最善だと思った。(小林氏)

Sun* では以前から、ハノイ工科大学、ベトナム国家大学ハノイ校、ダナン工科大学などと組んで学生の人材養成を行っている。人材が欲しい IT 企業にスポンサードしてもらう形で、学生は特別な授業料を必要とせず、即戦力になる最新の IT スキルを Sun* が提供する5年間にわたる講座を通じて習得することができるというものだ。目下、ホーチミンシティの大学にも展開する準備中で、フィリピン、マレーシア、南米などの他大学からも Sun* と組みたいというオファーが届いているそうだ。

農林中金はこれまでに農業・林業などに関連するスタートアップに出資する事例はあったが、今回 Sun* が農林中金から調達したのは、国内最大規模の資金を運用しているファンドという位置づけのようだ。事実、農林中金は65兆円規模の資金を運用しており、「長期的に IPO に向けた道のりを支援してくれそうな相手を選んだ(小林氏)」とのことだった。今後、発表されるであろうシナジーが期待できそうな事業会社からの調達も、同じコンテキストでアプローチしていると推測できる。

先頃資金調達を発表したテナンタが、Sun* の運営するスタートアップスタジオから輩出されたことは記憶に新しい。Sun* ではスタートアップスタジオ事業を通じて、大企業が必ずしも得意としない、ユーザを観察し共感してもらえるポイントをモニタし、仮説から製品づくりにつなげるプロセスで知見を得て、さまざまな大企業に製品開発の支援サービスとして提供することも目指している。

----------[AD]----------

社内規程クラウド「KiteRa」がインキュベイトなどからシード調達、企業の内部統制効率化を目指す

SHARE:

就業規則や社内規程を自動作成する「KiteRa(キテラ)」は12月4日、ライフタイムベンチャーズ、インキュベイトファンド、個人投資家を引受先とする増資の実施を公表した。J-KISS型新株予約権の発行によるもので、調達した資金は総額で4000万円。出資比率などの詳細および出資した個人投資家の氏名は非公開となっている。 KiteRaは就業規則や社内規程を作成し、運用ができるクラウドサービス。質問に答え…

Screenshot 2019-12-04 at 10.41.35 AM

就業規則や社内規程を自動作成する「KiteRa(キテラ)」は12月4日、ライフタイムベンチャーズ、インキュベイトファンド、個人投資家を引受先とする増資の実施を公表した。J-KISS型新株予約権の発行によるもので、調達した資金は総額で4000万円。出資比率などの詳細および出資した個人投資家の氏名は非公開となっている。

KiteRaは就業規則や社内規程を作成し、運用ができるクラウドサービス。質問に答えていくと自動作成するフローを備えており、そのままクラウド上の就業規則を社員に対して公開することができる。法改正などの改訂についても例文入りでサポートしてくれる。

d45846-4-870202-3
KiteRaの編集画面

また、社員数などの企業情報を登録することで標準的に備えておくべき規程を自動的に診断してくれる機能や、他の規程を検索して条文を追加できるなど、編集を効率化してくれる機能も提供される。

同社の説明によると、労働基準監督署では企業の働き方について毎年16万件以上の監督を実施しており、違反件数は毎年9万件にのぼるという。これらには労働条件の明示や就業規則に関するものが2万件ほど含まれており、企業はこれに対応する必要がある。一方、費用などの面から、労働条件や就業規則を専業に扱う社会保険労務士の企業利用は50%に留まっている。

今後は人工知能による規程レビューや制度のレコメンド、内部統制に関するドキュメント作成、モニタリングなど、企業における内部統制関連の効率化サービス開発を進める。

----------[AD]----------

次世代型テーマパーク「リトルプラネット」運営、TBSやKDDIなどから約6億円の資金調達を実施

SHARE:

デジタル技術を活用した次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を運営するプレースホルダは11月29日、シリーズBラウンドとして、既存株主の東京放送ホールディングスとみずほキャピタルに加え、新規投資家として、KDDI Open Innovation Fundとオー・エル・エム・ベンチャーズの4社を引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。 調達した資金は6億円で、各社の出資比率などの詳細は非公開。…

Screen Shot 2019-12-03 at 11.16.04 PM
Image Credit: リトルプラネット

デジタル技術を活用した次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を運営するプレースホルダは11月29日、シリーズBラウンドとして、既存株主の東京放送ホールディングスとみずほキャピタルに加え、新規投資家として、KDDI Open Innovation Fundとオー・エル・エム・ベンチャーズの4社を引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。

調達した資金は6億円で、各社の出資比率などの詳細は非公開。今回の調達により累計調達額は約13億円となる。同社は2018年より、AR/VRやセンシングなどのデジタル技術を活用した教育+エンターテインメント型アトラクションを提供するファミリー向けテーマパーク「リトルプラネット」を運営している。

これまでに全国8箇所の大型商業施設に常設パークを出店を行っており、今年からは、テーマパーク運営で培った空間設計やアトラクション開発の技術・知見を活かし、商業施設や展示施設、店舗を対象とした空間演出事業を本格開始。デジタルとリアルが融合した新しい体験を全国各地で提供している。

引受先のTBSホールディングスとは2018年2月の第三者割当増資より、リトルプラネットの新規出店や広告宣伝などの面で連携を実施している。またKDDIとは、通信技術やプラットフォームを活用し、新規コンテンツの開発などエンターテインメント分野での連携を行う。オー・エル・エム・ベンチャーズとは、映像コンテンツ企画・制作の知見やネットワークを起点に、リトルプラネットのコンテンツ力やメディア展開の強化をしていくという。

今回の資金調達によって、アトラクションのクオリティ向上や設計・開発スピードの加速、マーケティングの強化を図るとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------