THE BRIDGE

タグ cacoo

オンライン描画SaaS「Cacoo(カクー)」がUI/UXを完全リニューアル——ローンチから9年を経て、ユーザ300万人の約9割が海外から利用

SHARE:

福岡に本社を置く SaaS 企業ヌーラボは28日、旗艦プロダクト「Cacoo(カクー)」のユーザインターフェイスをフルリニューアルした。今回の大幅リニューアルは2009年のサービスローンチ以来のもので、ユーザからのフィードバックに基づいて、機能や操作性が大幅に改善されることが期待される。 主な変更点は次の通り。 ダッシュボードとエディターがモダンで洗練されたデザインへ コメント機能が一新、チームメ…

福岡に本社を置く SaaS 企業ヌーラボは28日、旗艦プロダクト「Cacoo(カクー)」のユーザインターフェイスをフルリニューアルした。今回の大幅リニューアルは2009年のサービスローンチ以来のもので、ユーザからのフィードバックに基づいて、機能や操作性が大幅に改善されることが期待される。

主な変更点は次の通り。

  • ダッシュボードとエディターがモダンで洗練されたデザインへ
  • コメント機能が一新、チームメンバーへのフィードバックが容易に
  • スタイルの調整など作図がよりスピーディに行えるように
  • 作業内容の自動保存で集中して作図ができるように
  • アイデアを共有できるプレゼンテーションモードがより使いやすく美しく表示されるように

ヌーラボは福岡の本社のほか、東京・ニューヨーク・台湾・シンガポールに拠点を持つが、今回のリニューアルは、デザインに強いとされるニューヨークのオフィスと国内のオフィスが中心となり、UX リサーチャーと UX デザイナーが1年以上かけてコンセプト設計やリサーチを行った上での結果だという。

Cacoo のこれまでの成長を紐解いてみると、サービスローンチから2年目を迎えた2011年に20万人、2012年に50万人、2015年に150万人と順調に推移してきた。今回のリニューアルを受けて、ヌーラボは Cacoo のユーザ数が300万人に達したことを明らかにしており、しかも日本企業においては珍しいことだが、海外からの利用が86%以上に達しているのだという。

ヌーラボは今月、Cacoo に加え、同社が運営するプロジェクト管理・コラボレーションツール「Backlog」(国内ユーザ中心、ユーザ数78万人)やチャットツール「Typetalk」(2016年3月時点のユーザ数は1.2万人だが、直近の値は非公表)とを横断利用できるヌーラボアカウントという SSO(Single Sign-On)のしくみを導入した。ヌーラボアカウントは2016年に機能リリースされていたが、今月実施された本格導入でユーザ管理機能が完全マイグレーションされ、ユーザはヌーラボの複数サービスを一気通貫で利用できるようになった。

ヌーラボでは最近、オンラインのみならずオフラインでも活動を活発化させており、4月には東南アジアでのユーザコミュミニティ醸成を目的として、シンガポールに「NuSpace(ヌースペース)」をオープンさせている。

----------[AD]----------

ユーザ数150万を超えたCacoo。北米支社設立とビジネス版をリリースし、グローバル展開を加速させる

SHARE:

ヌーラボは2月18日、企業向けに機能を強化した「Cacoo for ビジネス」をリリースした。Cacooは、コラボレーションサービスとして、ウェブ上でワイヤーフレームや図を作成できるサービス。共有機能やチャットサービスなどが充実している。現在、Cacooのユーザ数は150万人で、その多くが仕事でCacooを使っているビジネスユーザ。THE BRIDGE読者で、ウェブディレクターや…

main

ヌーラボは2月18日、企業向けに機能を強化した「Cacoo for ビジネス」をリリースした。Cacooは、コラボレーションサービスとして、ウェブ上でワイヤーフレームや図を作成できるサービス。共有機能やチャットサービスなどが充実している。現在、Cacooのユーザ数は150万人で、その多くが仕事でCacooを使っているビジネスユーザ。THE BRIDGE読者で、ウェブディレクターやアプリ制作などで一度は使った人も多いはず。

今回、Cacooはビジネス向けとしてサービスをリリース。誰でも簡単に図を作成し共有できるという今までの機能に加え、セキュリティーや管理機能などが追加された。また、組織単位での図の管理によって、プロジェクト単位で運用することができ、複数人のユーザをひとまとめにしたグループに対して図を共有し、閲覧のみや管理者などメンバーによって権限を設定することができる。また、仮に組織のメンバーではなくなったユーザが作成した図も、組織に帰属したままになったりと、よりビジネス向けの機能が加わることになる。

また、Cacoo for ビジネスのユーザは、フリープランの基本機能に加えてPDFやPowerPoint形式でのエクスポートなどのプレミアム機能が利用できるとのこと。リリースに際して、30日間の無料トライアルも実施している。

cacoo_business1

「ワイヤーフレームやサイトマップ、ネットワーク図やアーキテクチャ図の作成だけでなく、UIのレビューやフィードバック、それらを含む設計資料や指示書の作成、共有など、さまざまな用途に使われています」と、同社代表取締役の橋本正徳氏は語る。

もともと、ビジネス版をリリースする前から、Cacooのオンプレミス版としてCacoo for エンタープライズを提供していた。DeNAやDMM、Cookpadなどの企業に導入していくなかで、ビジネス向けにいかにして安心安全に利用してもらえるかのフィードバックを得ることができたと橋本氏は語る。

「例えば、効率のよいユーザ管理や権限の柔軟性、セキュリティオプションや機能の強化、退職したユーザーが作成していた図をきちんと管理して引き継ぐことができるかどうか、などの意見をいただき、それらを反映した形になっています。それらの機能強化をクラウド版に反映させ、よりビジネスにおいて使いやすいサービスとして、今回提供することができました」

また、従来通り個人向けのサービスは継続して提供する。個人向けとビジネス向け、さらにフリーミアムモデルという仕組みなど、DropboxやEvernoteとも近いビジネスモデルと言えるかもしれない。

「今後は、企業ユーザへの拡大を目指し、機能強化を図っていきます。具体的には二段階認証などのセキュリティポリシー設定などの強化、他のツールやサービスとのインテグレーション強化を進めていきたいです」

cacoo_business2

Cacooは、86%が海外ユーザとして世界で使われているサービス。米国では日本とほぼ同じ全ユーザの15%ものユーザシェアだという。そうした状況を鑑みて、2014年10月にニューヨークに子会社を設立。米国におけるマーケティング強化を図っていくという。

「現在、日本とアメリカのユーザ数はほぼ同じで、課金ユーザ数は日本が1番で次がアメリカと、他の国と比較してもダントツに高い状況です。日本と同様に受け入れられ、リアルな仕事に活用されていると言えます。そこで、ニューヨーク支社を設立し、人材採用やより緊密なユーザコミュニケーションを行っていけたらと考えています。すでに2名のスタッフも配置し、コミュニティづくりをおこなっています」

2015年1月には、同様にユーザ数が伸びている台湾にて、ミートアップイベントを開催するなど、国内外含めて世界中のCacooユーザとのコミュニケーションを図っている。

今後は、北米のマーケティング活動の本格化を踏まえ、ビジネス版をもとに世界の企業やさまざま組織への導入を進めていくという。

----------[AD]----------

受託開発から生まれたBacklogとCacoo。そして彼らは受託開発を卒業した

SHARE:

福岡を拠点にオンライン・コラボレーションツールを提供するヌーラボは6月4日、同社が提供するオンライン図表作成ツール「Cacoo」を自社サービスに組込めるSDKの提供開始を発表した。 クリエイターズマッチが提供する広告クリエイティブ作成サービス「ADFlow」が利用第一号となり、同サービス上に組込まれたCacooで図を使った指示が可能となっている。Cacooについてはこちらの記事を参照して欲しい。 …

IMG_9609
ヌーラボ取締役の三人。左:取締役の田端辰輔氏(主にBacklog担当)中央:取締役の縣俊貴氏(主にCacoo担当)右:代表取締役の橋本正徳氏

福岡を拠点にオンライン・コラボレーションツールを提供するヌーラボは6月4日、同社が提供するオンライン図表作成ツール「Cacoo」を自社サービスに組込めるSDKの提供開始を発表した

クリエイターズマッチが提供する広告クリエイティブ作成サービス「ADFlow」が利用第一号となり、同サービス上に組込まれたCacooで図を使った指示が可能となっている。Cacooについてはこちらの記事を参照して欲しい。

福岡から世界へーー。彼らに会うといつもこの言葉を口にする。

ヌーラボのスタイルは強烈なスケールを追いかける「ベンチャー」とは少し違う。どちらかといえば積み上げ型のスモールビジネスに近く、一見すると地味かもしれない。

しかし彼らが生み出すサービスは素敵で、発表にあったCacooもログ管理ツールのBacklogも世界中にファンがいる。代表取締役の橋本正徳氏と話す機会があったので、彼らの歩みを少しお伝えしたい。(文中敬称略)

受託開発から生まれたBacklog

ヌーラボの主力事業は受託開発だ。ここから最初のサービス「Backlog」が生まれる。

橋本:2004年創業で、最初は受託開発からスタートしました。福岡にある事業者のサイト制作だったり、証券会社のシステム開発とか。コンサルティングみたいなこともやってましたね。開発のバグ・トラッキングに適当なツールがなかったので縣さんと一緒に自前で用意しました。それがBacklogの前身になるものです。

自分たちの使うツールを公開してビジネスにしよう、そこから商用サービスに向けての開発が始まる。

橋本:オープンソースを使って後継バージョンを開発したりして三回目のトライで商用版が完成しました。2006年頃の話です。最初は無料、というか野放しのような状況でした(笑。そしたら勝手にユーザーが付いてくれたんです。

有償版については現在と同じく平均して1契約あたり8,000円ほど。しかしこれがなかなか売れてくれない。そこで彼らは考え方を変える。

橋本:最初は技術的なアプローチだったのですが、デザイナーとかウェブ制作側が使いやすい方向性に変えたら、有料版でも売れるようになったんです。

結果、地元はもとより他の地域でも「工程管理ならBacklog」と支持されるツールに成長した。

Backlogの弟分、Cacooの誕生

そしてBacklogの兄弟サービス「Cacoo」が生まれる。オンライン上でユーザー同士がコミュニケーションしながら同時にひとつの図を操作してイメージを作ることができる。サービスはたちまちヒットした。

130604-670x428
広告バナー制作ツールADFlowに組込まれたCacoo

橋本:Cacooを公開したのは2010年のことです。やはり受託開発で仕様などのやりとりにWikiを使う際、その中に埋め込まれている設計図などのイメージがそのまま編集できればいいのに、という発想が最初でした。

しかしこのCacooもまた公開されるまでの道のりは長かった。受託開発を請け負う中、限られたリソースを切り詰めて地味に開発を進め、リリースにこぎ着けるまで2年の時間を要したのだという。

「3月で受託開発の部門を卒業しました」

ヌーラボ取締役の三人には役割分担がある。橋本氏は二つのサービスが順調に成長しているのを背景に、自分が担当していた受託開発の部門を閉じることを決定する。

橋本:田端さんがBacklog、縣さんがCacoo。私は受託開発担当。サービスが拡大しているので、今年3月に自分が担当している受託開発の部門を閉じました。

受託開発は自分の担当だったけれど、正直将来性はあまりないと感じていて。ただ、サービス一本に絞れるかというと、そんなにすぐに移れない。3年ぐらいかけてリソースを受託開発から成長する二つのサービスに移していきました。

徐々に利益構造を変更させた結果、少しだけ売上には影響もあるけれど上手く移行に成功したのだという。ちなみに今回リリースされたSDKは、受託開発をやめた代わりに、カスタマイズや今回の組み込みなどを他の開発会社でも取り組めるようにと用意されたものなのだそうだ。

株式公開と次の目標

橋本氏に株式の公開について興味があるか聞いてみたら、ちょっと興味深い話をしてくれた。

橋本:株式公開した会社って公共事業みたいなものじゃないですか。そういう事業になるのなら、公開すればいいとは思います。けど盲目的に目指すものじゃないと思ってます。

あと、世代交代する意味ではいいのかなと。組織の新陳代謝で自分が使い物にならなくなった時に「おいオマエ使えねぇぞ」って肩叩いてくれる仕組みがIPOだって理解してます(笑。

「世界のヌーラボになるのが次の目標かな」ーーそう締めくくる橋本氏。

ヌーラボは現在海外にも拠点を持ち、田端氏は移住して事業を展開中だ。福岡の小さなチームの大きなチャレンジは今も続いている。

----------[AD]----------

オンラインコラボレーションツール「Cacoo」がインドネシアに拠点を構え、現地のコミュニティ活動を強化

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 日本に拠点を置くオンライン図表コラボレーションツールCacooは現在、東南アジア、特にインドネシアに目を向けている。 最近、私はNuLabのCMO田端辰輔氏と、インドネシアにおけるスタートアッププランについて話をした。その中で同氏はインドネシア国内を見て回り、当地にも何度も訪れたと述べ、同社は10月に開催されたStartup Asia Bandung Hack…

【翻訳 by Conyac】【原文】


日本に拠点を置くオンライン図表コラボレーションツールCacooは現在、東南アジア、特にインドネシアに目を向けている。

最近、私はNuLabのCMO田端辰輔氏と、インドネシアにおけるスタートアッププランについて話をした。その中で同氏はインドネシア国内を見て回り、当地にも何度も訪れたと述べ、同社は10月に開催されたStartup Asia Bandung Hackathonにも参加した。 チームはインドネシア市場で熱心に仕事を始めているようだ。企業は拡大しており、ユーザ、デベロッパー、デザイナーの3つに焦点を絞る計画だ。

図表作成サイトが、なぜインドネシアの市場探索に興味を持ったのか。田端氏はこう説明する。

「Cacoo、Backlogはどちらもデザイナー、プログラマーを含んだチームのためのソフトウェアです。弊社では(将来のユーザを含めて)ユーザに物理的にアプローチすることが必要だと考えており、そこで、インドネシア市場にアクセスしてインドネシアのユーザと出会うことに大きな関心を持ちました」。

(今夏50万人に達した後)すでに60万人のユーザに達しており、今後世界中のユーザーベースをいかに維持し、増やしていくかは見どころだ。さしあたって田端氏は、Cacooのユーザのほとんどは日本、アメリカ、フランス、ブラジル、コロンビアにいて、アジアでは中国、台湾に多くのユーザを抱えていると言う。

この地域のコミュニティ活動の一環として、同社のチームは今年、台北で「Cacooup」を開催した。チームはまた定期的にリピートしてくれるユーザの意見を聞くためにインタビューも行い、同社ブログでそれを特集をした。

彼らはインドネシアへの愛着も深めてきた。インドネシアのユーザは既にCacooサイトのインドネシア語に翻訳している。インドネシア語版を提供することは新規ユーザ獲得にもつながる。田端氏はCacooのAPIを利用することでCacooがインドネシアのサービスと統合できないかと期待している。

FacebookやTwitter上で、インドネシア人がよりソーシャルになってきているのとは別に、Cacooのチームメンバーは先月、ユーザに直接会うためインドネシアの6都市ツアーに合流した(写真上)。インドネシアのテック通は集まりやイベントを好む傾向があり、このような集まりに参加することは非常に重要なためこれは良い策だったのではと思う。田端氏は、インドネシアにおいてはバーチャル、オフラインの両面で人々と接することが重要だと述べた。

また、Cacooは採用活動もしている。地元のデベロッパーやデザイナーで彼らのサービスに興味のある人は、彼らに連絡してみよう。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

「コラボレーションツール“Cacoo”がユーザ数50万人を突破」ー今週押さえておきたい3つのトピックス

SHARE:

この一週間に公開したアジア圏のニュースをピックアップしてお届けします。 コラボレーションツール「Cacoo」が50万ユーザ突破 ウェブ上で図やワイヤーフレームなどが作成できるコラボレーションツール「Cacoo」は福岡発のスタートアップ。チーム内で、同じページを同時に編集し図などを作成することができる。そんなCacooのユーザ数が50万人を超えた。 国内ユーザだけでなく、海外ユーザも多い。現在はシン…

この一週間に公開したアジア圏のニュースをピックアップしてお届けします。

コラボレーションツール「Cacoo」が50万ユーザ突破

ウェブ上で図やワイヤーフレームなどが作成できるコラボレーションツール「Cacoo」は福岡発のスタートアップ。チーム内で、同じページを同時に編集し図などを作成することができる。そんなCacooのユーザ数が50万人を超えた。

国内ユーザだけでなく、海外ユーザも多い。現在はシンガポールに数名のスタッフを抱えており、東南アジア市場を模索しているそう。(元記事

ユーザ数50万人を誇る位置情報メッセージアプリ「Eyeland」

ユーザは特定の場所にメッセージを残しておくことができるアプリ「Eyeland」。いま自分の身の回りで何が起きているかをリアルタイムに知ることができる。

開発したのは日本のOceans Inc.で、シンガポールと東南アジア市場向けの英語版アプリもリリースしている。数多くある位置情報アプリでどうポジショニングしていくのか注目したい。(元記事

East Venturesがインドネシアの音楽ストリーミングサービス「Ohdio」に投資

Ohdioを使えば、ユーザはいつどこからでも自分の音楽ライブラリを楽しむことができる。サービスコンセプトは「Spotify」に類似しているものの、インドネシア市場に完全にローカライズされていることが特徴。

今後は有料のプレミアムサービスをリリースしビジネスにしていく。まだ取り扱いのある楽曲数は多くないものの、今後ここに力をいれ楽曲数を増やして行く予定。

East Ventures はインドネシアのスタートアップ・シーンで実に活動的な、アーリーステージ投資を主とするベンチャーキャピタル。(元の記事

----------[AD]----------

コラボレーションして図が作成できる日本の「Cacoo」がユーザ数50万人を超える

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Web上で図やワイヤーフレームが作成できるサービスを提供する日本のスタートアップCacooのユーザ数が50万人を超えた。私たちは1年以上Cacooの動向を追い、また同時にサービスを利用しているため、ユーザ数が50万人超のニュースは非常に嬉しい。なかには、数ヶ月前に同サービスのGoogle Hangouts機能を試したことを思い出す読者もいるだろう。 Caco…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Web上で図やワイヤーフレームが作成できるサービスを提供する日本のスタートアップCacooのユーザ数が50万人を超えた。私たちは1年以上Cacooの動向を追い、また同時にサービスを利用しているため、ユーザ数が50万人超のニュースは非常に嬉しい。なかには、数ヶ月前に同サービスのGoogle Hangouts機能を試したことを思い出す読者もいるだろう。

Cacooは、日本の福岡を拠点としたソフトウェア開発会社のヌーラボが開発したものだ。下記のビデオを見ればサービスの詳細がわかるが、端的に言うとCaccoはコラボでワイヤーフレームが作成できるサービスだ。チームの全員と一緒にリアルタイムで1つのページに図を作成することができる。

Cacooのユーザ数は20万人から現在50万人にまで増加している。かなり斬新的なプロダクトだと言われるCaccoには、ユーザが新しいデザインやユーザの作図用テンプレートなどを購入できるステンシルストアもある。シンガポールにも数人のスタッフがおり、東南アジア市場を模索しているそうだ。私たちはインドネシアのスタッフ数人にも会ったことがある。

ぜひCacooを試してみてほしい。必ず気に入ると思う。

 

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

株式会社ヌーラボ

Company: 株式会社ヌーラボ

コラボレーションをキーワードにプロダクトを追求し、仕事の中に”楽しさ”を創り続けます。仕事を成功させるのも、仕事を楽しくするのも、人と人のコミュニケーション次第。 だからこそ、私たちは人と人とのコ…

About StartupBase

----------[AD]----------

Cacooが「Google+ Hangouts」で使えるバーチャル・ホワイトボードサービスの提供開始

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 以前に何度か日本のスタートアップであるCacooのことについて書いたことがある。ダイアグラム、グラフ、マインドマップなどを作って共同作業ができるウェブサービスを運営している。たった今(原文掲載3月29日)Cacooからメールを受け取り、Google Hangoutsで作業ができるようになったという。 私は東京に、そして同僚のスティーブとチャーリーは中国にいる…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

以前に何度か日本のスタートアップであるCacooのことについて書いたことがある。ダイアグラム、グラフ、マインドマップなどを作って共同作業ができるウェブサービスを運営している。たった今(原文掲載3月29日)Cacooからメールを受け取り、Google Hangoutsで作業ができるようになったという。

私は東京に、そして同僚のスティーブとチャーリーは中国にいることを言っておく。まず始めにCacooのウェブサイト(launch-hangouts.cacoo.com)にアクセスする。 ここからHangoutsセッションを始め、スティーブとチャーリーに加わってもらう。始めに、持っているGoogleアカウントでCacooのアプリを認証しておく必要がある (これはスティーブとチャーリーも同じ)。ここからはとてもスムーズだ。

TechInAsiaに寄稿してくれるライターの構成を表したちょっとしたチャート図を描いてみた(図下参照)。これはまったく完全なものではなく、タイ、インドなどの優れたコントリビューターには申し訳ない。だがだいたいのところが分かるだろう。一度に項目を書くことができ、わずかな時間でとても簡単なチャートが描けるのだ。

もちろんCacooが提供しているツールにあなたが精通しているのなら、これよりもずっと複雑な図を描くことができる。もともとSkypeでもスクリーンシェアができるだが、Google HangoutsでCacooを使った共同作業ができる領域はかなりしっかりしている。

本当にこのようなソリューションが必要かどうかは分からないが、先日Cacooから聞いた話では強く要望しているユーザー規模が20万人いるとのことだ。現在のところ、世界120カ国で42万人のユーザーがこのサービスを利用していると広報担当者は伝えている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

ユーザー数は20万人にーリアルタイムに共有して図が作成できる日本のCacooがステンシルストアを発表

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 ウェブベースの図表とマインドマップクリエーターを提供する日本のCacooと話した今年3月の始め、彼らはもうすぐCacooステンシルストアを発表すると我々に話した。そして今、ついにそれができた。 そのデフォルトのテンプレートを除いて、Cacooのステンシルストアはユーザーにより多くのデザインオプション-Androidアイコン、フローチャート、ブレインストーミング…

【翻訳 by Conyac】【原文】

Cea90671fe7fa0a1b68a8bf4e6ea1216

ウェブベースの図表とマインドマップクリエーターを提供する日本のCacooと話した今年3月の始め、彼らはもうすぐCacooステンシルストアを発表すると我々に話した。そして今、ついにそれができた。

そのデフォルトのテンプレートを除いて、Cacooのステンシルストアはユーザーにより多くのデザインオプション-Androidアイコン、フローチャート、ブレインストーミングのテンプレート-を提供する。これらのテンプレートとステンシルは、ユーザーによってデザインされ、アップロードされる。

Cacooの共同創業者の橋本正徳氏は、全ての種類のステンシルとテンプレートのデザインはユーザーの要望に応じて彼のチームが作っている。なので、要求を満たすために全て自分達で作ろうとするのではなく、ユーザーが自分達でつくることのできるステンシルストアをオープンすることは理にかなっていると話してくれた。

そして長らく待った甲斐があったようだ。 Cacooストアーはスマートで、ユーザーがダウンロード可能な素晴らしいデザインのステンシルを沢山揃えていた。期待通り、ほとんどのステンシルは無料で利用可能である。そのアドオンは、Cacoo上でデザインして遊べるようなステンシルやアイコンに絞って提供されている。個人的に、デフォルト・ステンシルの提供はかなり嬉しい。デザインを助けてくれる無料のツールを持っていることは常にすばらしいことである。

このアイデアは、特にウェブ・ベースのUI設計者からすれば革新的だろう。しかしもし他のマインドマップのようなウェブアプリが真似をしたらどうするのだろうか。しかし橋本氏はそのようなものは眼中にないようだ。

彼はこのようなサービスは他になく「この新しいレベルにステップアップしたのは自分たちが最初だと確信している」(橋本氏)と話す。さらにCacooのユーザー数は、我々が最後にブログで特集して以来、世界中で10万から20万へと、この6カ月で100%成長している。それは、これまでチームいにとって素晴らしい流れだった。

サービスは、英語、韓国語、中国語、トルコ語で使用できる。CacooはNulabが提供するサービスで、全て自己資金のみで運営している。

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------