THE BRIDGE

タグ Lawson

音楽スタートアップのBeatroboがローソンHMVエンタテイメント等から110万ドルを調達、PlugAir事業を強化

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Beatrobo は今日、ローソンHMVエンタテイメント(以下、LHEと略す)と Genuine Startups から110万ドルを調達したと発表した。[1] 今回調達した資金は、PlugAir の開発とビジネス展開を強化するために使われる。 THE BRIDGE をよく読んでいる読者なら、彼らがストリーミング音楽…

beatrobo-plugair02-620x376

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Beatrobo は今日、ローソンHMVエンタテイメント(以下、LHEと略す)と Genuine Startups から110万ドルを調達したと発表した。[1] 今回調達した資金は、PlugAir の開発とビジネス展開を強化するために使われる。

THE BRIDGE をよく読んでいる読者なら、彼らがストリーミング音楽サービスを運営しているのに加え、デジタルコンテンツを共有・配信できる PlugAir を開発したことを知っているだろう。配信コンテンツは音楽に限らず、ビデオ、電子書籍等でも構わない。

エンターテイメントやチケッティング事業を展開する LHE との提携は、Beatrobo の今後に興味深い流れを生み出すだろう。CEO兼創業者の浅枝大志(ひろし)氏は、提携に至った背景を説明してくれた。

彼らには芸能界に太いパイプがあり、流通チャネルとして HMV Japan 50店舗以上、ローソン1万店舗を持っています。PlugAir は形のある製品なので、我々のフォーカスの一つは流通チャネルを探すことでした。当初、コンサートでマーチャンダイズ販売できないかと考え、LHE と協議していたのですが、それが結果的に我々に出資してくれることになりました。

浅枝氏によれば、Beatrobo は PlugAir に関わる特許を LHE にライセンス供与し、LHE は PlugAir を自社で製造できるようになる。Beatrobo が自ら PlugAir を製造したのでは、手持ちの資金はすぐに枯渇する。したがって、今回のライセンス供与によって、デバイスの製造が容易になり、ひいては、PlugAir を使ってクラウドからコンテンツをダウンロードするのに必要なアプリの普及にも貢献するだろう。

PlugAir は〝鍵〟である

上のビデオにあるように、PlugAir の使われ方は USB キーのそれに似ている。しかし、PlugAir ではコンテンツをデバイス内には保持していない。私の理解では、スマートフォンから発せられた音波が音声ジャックを経由して PlugAir に電気信号として伝えられ、PlugAir のマイクロコントローラがシリアル番号を取得する仕掛けではないか、と思う。[2] 再び音声ジャックを通じて、PlugAir からスマートフォンにデータが戻され、クラウド上のコンテンツへのアクセスが可能になるしくみである。

私は浅枝氏に、このような形でスマートフォンのイヤフォンジャックを使うことを、人々に理解してもらうのは課題ではないかと尋ねた。彼は確かにそれが重要な課題であると認めた。

それこそが、今年一年をかけた我々の課題です。テッキーな人々なら、フォンジャックにつながるガジェットを見れば、次はクレジットカード・リーダーになるだろうと考えるでしょう。我々はイヤフォンジャックに対する概念を変え、そこからコンテンツが取得できるんだと人々に理解してもらう必要があります。そこで、エンターテイメントから始めることにしました。カルテや処方箋の保存など、PlugAir を医療に使えないかと尋ねてくる人もいるくらいです。PlugAir は〝鍵〟なのです。

Beatrobo がやってきたことを見てみると、彼らは形あるモノの限界を、極めて美しい方法でデジタルコンテンツに適応できるようにしたと言えるだろう。私が、敢えて「適応させた」ではなく「適応できるようにした」と表現したのは、実際に適応させるかどうかを判断するのは、コンテンツプロバイダだからだ。

PlugAir を使えば、友人のスマートフォンに無制限にコンテンツをコピーすることもできるし、24時間で使えなくなる90秒間の楽曲サンプルをプレゼントすることもできる。コンテンツの共有を奨励するために、楽曲サンプルを3人の友人のシェアしたら、ミュージシャンがボーナス楽曲を一曲プレゼントする、といった展開も可能だ。

浅枝氏は、この一年にわたって PlugAir を使いリンキンパークと協業する中で得られた経験を説明してくれた。

我々がリンキンパークから学んだのは、彼らは別にファンのメールアドレスが欲しいとは思っていない、ということです。むしろ、彼らは、ファンが自分達のコンテンツを購入したり体験したりしてくれる、コンタクトポイントが欲しいのです。

PlugAir をファンコミュニティのためのデバイスとしてとらえれば、ファンクラブの有料会員は PlugAir を通じて将来何度でも新しいコンテンツを受け取れる、というような使い方が出来るだろう。プッシュ通知機能もまもなく使えるようになるそうで、これによりファンは常に最新のコンテンツを受け取ることができるようになる。

このアイデアには、大きな可能性がある。浅枝氏は、彼らの究極の目標は CD に取って代わることだと語った。

音楽を変えたいんです。音楽が好きだから。誰かが音楽業界を変えなければいけない。誰もやらないから、私がやるんです。

beatrobo-plugair12-620x323
リンキンパークの PlugAir

beatrobo-plugair08-620x345

beatrobo-plugair04-620x539
Beatrobo はまもなく新オフィスに移転する。浅枝氏は引越作業中にもかかわらず、私を快く迎えてくれた。

  1. PlugAir デバイスの複製を防止するため、セキュリティ・チップが実装されている。 
  2. ローソンHMVエンタテイメントは、ローソン配下の三大事業の一つであり、言うまでもなく、その一つはコンビニエンスストア事業である。 
----------[AD]----------

画像を選ぶだけで動画を作成できるスマホアプリ「SLIDE MOVIES」がローソンとタイアップキャンペーンを実施

SHARE:

Nagisaが運営する動画作成iPhoneアプリ「SLIDE MOVIES」は、ローソンとのタイアップ企画を本日より実施することを発表した。その内容は「SLIDE MOVIES」上で「MACHI café ローソン」のCM曲を使ってオリジナル動画を作成すると、作成したユーザ全員にクーポンがもらえるというもの。 「SLIDE MOVIES」はiPhoneに保存されている写真から複数枚を選択し、加工フ…

lawson_lisdemovies

Nagisaが運営する動画作成iPhoneアプリ「SLIDE MOVIES」は、ローソンとのタイアップ企画を本日より実施することを発表した。その内容は「SLIDE MOVIES」上で「MACHI café ローソン」のCM曲を使ってオリジナル動画を作成すると、作成したユーザ全員にクーポンがもらえるというもの。

「SLIDE MOVIES」はiPhoneに保存されている写真から複数枚を選択し、加工フィルターやBGMを選ぶことで、簡単に動画を作成できるアプリだ。顔認識技術により、写真内の人の顔に自動でフォーカスされ、アニメーションに変化を加える。

SLIDE MOVIES

「SLIDE MOVIES」は昨年12月にローンチしたアプリ。2ヶ月でダウンロード数は70万を超え、投稿動画数は100万を超えており、その勢いは衰えていない。

nagisaの代表取締役である横山佳幸氏は、

iPhoneの新しい技術を取り入れつつ、今後伸びることが予想される動画マーケットに対して何かできないかと考えました。ユーザたちがこれまでに撮影した写真を活用することができれば、映像を作る機会が増えるのでは、と考え「SLIDE MOVIES」を開発しました。

とコメントしている。

「SLIDE MOVIES」はライトなユーザ向けとなっている。現在投稿されている動画は、文化祭終わりや、友人とどこかに遊びにいったときの記念に作成した映像などが多いという。

アプリには映像を作成した後のシェア機能も搭載されている。シェアされる比率が最も高いのはLINE。次いで、TwitterやFacebook、メールなどでもシェアされている。

ローソンはこうしたアプリに目を付け、今回のタイアップが実現した。

ローソンとのタイアップ

「SLIDE MOVIES」上でローソンが提供する曲を使って動画を作成すると、作成したユーザ全員がクーポンを獲得できるキャンペーンが開催される。ローソンのtwitterアカウントをフォローし、作成した動画をTwitter上でシェアすると、シェアした人の中から抽選で商品をもらうこともできる。

キャンペーン期間は3月4日から3月17日まで。以下はキャンペーンのプロモーション映像だ。


https://www.youtube.com/watch?v=_v8wdsiMGh8&feature=youtu.be
ソーシャルメディアによく触れている読者の方であればご存知だと思うが、ローソンは「あきこちゃん」というキャラクターをソーシャルメディア上で売り出すなど、ソーシャルメディアを積極的に活用している。

ソーシャルメディアでの動画活用を検討していたローソンと、「SLIDE MOVIES」が出会ったことで今回のタイアップが実現した。「SLIDE MOVIES」としても、こうしたプロモーションへの活用について、今後色々な展開を検討してるそうだ。

「SLIDE MOVIES」では、Androidアプリを4月頭を目処にリリース予定。さらに、音源の拡充や映像から映像への編集などにも対応し、作成できる映像の長さも30秒以外に、60秒の長さにも対応する。これらの機能を充実させていくことで、今年中に500万ダウンロードの達成を狙っている。

----------[AD]----------

激化するモバイル決済競争ーーCoineyが決済手数料を最安値に引き下げ、Squareは全国のローソンでリーダーを販売開始

SHARE:

5月に日本に上陸した米モバイル決済サービスの「Square(スクエア)」が本日、スマートフォン、タブレットでのクレジットカード決済を可能にするカードリーダーの「Squareリーダーが、全国約1万のローソン店舗で発売を開始したことを発表した。 これまで、「Squareリーダー」はウェブか、Apple storeのみで販売されていたが、今回ローソンで取り扱いが開始したことで、手に入れられる場所が拡大し…

square5月に日本に上陸した米モバイル決済サービスの「Square(スクエア)」が本日、スマートフォン、タブレットでのクレジットカード決済を可能にするカードリーダーの「Squareリーダーが、全国約1万のローソン店舗で発売を開始したことを発表した。

これまで、「Squareリーダー」はウェブか、Apple storeのみで販売されていたが、今回ローソンで取り扱いが開始したことで、手に入れられる場所が拡大した。

「Squareリーダー」の価格はこれまでと変わらず980円。これまでのボーナスキャンペーンと同様、商品を購入してアカウント登録すると、特典として1,000円が付与される。そのため、端末の価格は実質0円。

一方、日本でモバイル決済のサービスを展開している「Coiney(コイニー)」も本日、手数料を値下げしたことを発表している。8月21日以降の取引から決済手数料が、現在の4.00%から3.24%に下がる。これによりSquareの決済手数料3.25%を下回ることになり、楽天スマートペイ、ソフトバンクとPayPal共同出資のPaypal Hereの手数料に並ぶ。Squareの上陸以降、スマートフォン決済サービスの楽天スマートペイPaypal Hereも共に手数料を3.24%に引き下げている

さらにCoineyは9月中旬より、一部お店舗にて、Coineyに対応したレシートプリンターの提供を試験的に開始することも発表している。これまで取引のレシートは、メールのみでの発行となっていたが、これによりレシートを発行しその場で紙の明細書を顧客に渡すことが可能になった。

Squareはより規模を拡大するための一手を、Coineyはよりユーザーにとって使いやすいサービスにするための一手を打ったことになる。競争が激しさを増すモバイル決済サービス、最もユーザーの支持を得るのはどのサービスになるだろうか。

coiney

----------[AD]----------