BRIDGE

タグ Yenta

AIビジネスマッチング「yenta(イェンタ)」、大幅アップデートで地域を超えたマッチングが可能に——コロナ禍でも新たな人と出会える機能強化

SHARE:

アトラエ(東証:6194)は11日、同社が提供する人工知能を用いたビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」の大幅アップデートを行った。11日公開されたバージョン4系では、新たに「テレポート機能」が導入され、ユーザは地域を超えた出会いが可能になる。同社では新型コロナウイルス感染拡大を受け、多くの人が外出自粛・自宅待機を余儀される中、人と出会う機会の創出支援機能の実装を早めたと説明している。…

Image credit: Atrae

アトラエ(東証:6194)は11日、同社が提供する人工知能を用いたビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」の大幅アップデートを行った。11日公開されたバージョン4系では、新たに「テレポート機能」が導入され、ユーザは地域を超えた出会いが可能になる。同社では新型コロナウイルス感染拡大を受け、多くの人が外出自粛・自宅待機を余儀される中、人と出会う機会の創出支援機能の実装を早めたと説明している。また、今回あわせて、アプリケーションインターフェースやデザインもフルリニューアルされた。

yenta は、毎日正午にビックデータ解析を元にした「10人のビジネスパーソンのプロフィール」が届き、「興味がある」と選択した人同士がマッチングできるサービス。マッチングが成立した相手とは、アプリ上でメッセージをやり取りすることができ、ランチタイムなどの時間を調整し、直接、情報交換などの交流をができる。今年2月にアップデートされたバージョン3系からは「タイムライン投稿」機能が実装され、ユーザが能動的に yenta コミュニティに対して出会いたい人を募集したり、それに対して応募したりすることが可能になった。

Image credit: Atrae

バージョン4系から利用できる機能としては、前出のテレポート機能に加え、自分に「興味あり」をくれた相手のプロフィールを閲覧できる「興味ありデータの閲覧機能」、正午におすすめされるプロフィールが20人になる「1日のスワイプ数2倍機能」、毎日レコメンドされる人を年齢・職種・エリア・人気度などで絞り込める「フィルタ機能」の4つ。これらはユーザ選択に応じて有料で提供されるが、アトラエではコロナ禍のビジネス支援として、5月中はテレポート機能を無料提供する。なお、バージョン2系以降で提供されていた、他ユーザへのレコメンド表示回数を5倍に増強できる「ブースト機能」は今版から廃止された

yenta のフィルタリング機能では、リクルーティング関連の絞り込みはできない。これはおそらく、アトラエが運営する求人メディア「Green」とのバッティングを避ける意図があるのだろう。一方、コロナ禍では事業立ち上げや資金調達をオンラインで完結させるスタートアップも増えてきたが、アトラエでは投資家やパートナー探しには積極的に yenta を活用してほしいと考えているようだ。実際のところ、ファクタリングスタートアップ OLTA CEO の澤岻優紀氏と CSO の武田修一氏は yenta で知り合って起業、人工衛星運用アンテナシェアリングのインフォステラのシードラウンド には、yenta がきっかけとなってフリークアウトの明石信之氏が参加した

yenta の開発を統括したアトラエ 取締役 岡利幸氏は、BRIDGE  のインタビューに対し次のようにコメントしている。

コロナで yenta への影響を心配していたんですが、逆にオンラインでの動きが活発になっていて、数値的にもポジティブに出ています。こんな状況だからこそ、人との出会いを気軽にできる UX を持った yenta が、地域の距離の概念を超えられる機能を無料で開放することで、今までのオフライン99%だった yenta よりも価値のある形になるかもしれないと期待しています。

アトラエでは今回、地域を限定しない日本全国版を出せたことを受け、今後、海外版のローンチに弾みをつけたいとしている。

----------[AD]----------

AIビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」、ユーザが能動的に出会いたい人を募集・応募できる「タイムライン機能」を追加

SHARE:

アトラエ(東証:6194)は14日、同社が提供する人工知能を用いたビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」に「タイムライン機能」を追加したと発表した。この新機能により、ユーザは能動的に、yenta コミュニティに対して出会いたい人を募集したり、それに対して応募したりすることが可能になる。2016年にローンチ、2017年に「ブースト機能」「フィルタ機能」を追加したバージョン2.0以来のメジ…

yenta(イェンタ)
Image credit: Atrae

アトラエ(東証:6194)は14日、同社が提供する人工知能を用いたビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」に「タイムライン機能」を追加したと発表した。この新機能により、ユーザは能動的に、yenta コミュニティに対して出会いたい人を募集したり、それに対して応募したりすることが可能になる。2016年にローンチ、2017年に「ブースト機能」「フィルタ機能」を追加したバージョン2.0以来のメジャーアップデートとなる。

yenta は、毎日正午にビックデータ解析を元にした「10人のビジネスパーソンのプロフィール」が届き、「興味がある」と選択した人同士がマッチングできるサービスだ。マッチングが成立した相手とは、アプリ上でメッセージをやり取りすることができ、ランチタイムなどの時間を調整し、直接、情報交換などの交流をができる。これまでは出会う相手をレコメンドしてもらうしかなかったが、新バージョンからはユーザが自ら1対 N のコミュニケーションのきっかけを作れるようになる。

タイムライン投稿の事例としては、

  • 【マッチングしている方】もう一度会いましょう!
  • SDGs を加速させる活動の学生コアメンバーを募集!
  • (株)アトラエに興味がある方、オフィス遊びに来てください!
  • 100家族300人以上が集まる子連れ Meetup を開きます!
  • 千葉出身のTech業界の方に会いたい!
  • プログラミング教育の負と可能性について話しましょう!

……などをアトラエは挙げている。この投稿を見た別ユーザが呼びかけに応募できるわけだが、ユーザがどの投稿に応募したかは投稿主にしか伝えられないため、周りの目を全く気にせずにアクションできることが特徴だ。

タイムライン投稿される内容のイメージ
Image credit: Atrae

yenta は2016年1月にリリース。昨年5月18日に yenta でのユーザ同士のマッチング数が200万件を超えたことを明らかにしている。昨年年初の170万件から、半年足らずで30万件増えたことになる。アトラエは同アプリのユーザ数を公表していないが、過去に公開していたユーザ数をもとにマッチング数から逆算すると、現在は数万人程度のユーザがコミュニティに存在すると推測される。

yenta はフリーミアムアプリだが、ブースト機能のみ利用をできる月1,000円の「Active プラン」とブースト機能とフィルタ機能の両方が使える月5,000円の「Professional プラン」でマネタイズしている。ブースト機能でレコメンドの表示回数は通常ユーザの5倍になり、フィルタ機能はレコメンドされるユーザを年齢、職種、登録エリア、人気度でフィルタをかけることができる(但し、今年3月初旬にブースト機能フィルタ機能は事実上廃止予定)。

タイムライン機能は、廃止される機能群を補完するものかもしれない。AI によるレコメンドよりも、ユーザ自らが意思表明をやりやすくするわけだ。タイムライン上で募集・応募を行うアクションは、一見すると他の SNS との違いは分かりにくくなるが、完全審査でしか入会できない洗練されたビジネスユーザのタレントプールを最大の差別化要素にしていくと見られる。会いたい人を能動的に集めたり会いに行けたりすることで、新たなマネタイズポイントも生まれるだろう。

----------[AD]----------

AIビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」、出身大学別マッチングコミュニティ機能をリリース

SHARE:

アトラエ(東証:6194)は8日、同社が提供する人工知能を用いたビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」について、「ビジネスパーソン向け出身大学別マッチングコミュニティ機能(以下、「大学別コミュニティ」と略す)」の提供を始めた。8日現在、全国の38大学のコミュニティが公開されている。 アトラエでは今年2月、yenta 上にコミュニティ機能をリリースしているが、大学別コミュニティはこれを活…

アトラエ(東証:6194)は8日、同社が提供する人工知能を用いたビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」について、「ビジネスパーソン向け出身大学別マッチングコミュニティ機能(以下、「大学別コミュニティ」と略す)」の提供を始めた。8日現在、全国の38大学のコミュニティが公開されている。

アトラエでは今年2月、yenta 上にコミュニティ機能をリリースしているが、大学別コミュニティはこれを活用したもの。yenta に登録されているユーザについて、出身別に100人を超える大学をコミュニティ化した。同社では、OB/OG のコミュニティを作ることで、大学 OB/OG の横と縦のつながりを生み出したいとしている。LinkedIn などにはすでに出身大学をキーにユーザを検索する機能が存在するが、国産のビジネスコミュニティサービスにおける大学別のコミュニティ醸成としては新しい取り組みと言えるだろう。

新規登録時は、Facebook ログインで出身大学の情報が引き継がれ、大学別コミュニティへの参加を促される。
Image credit: Masaru Ikeda

大学別コミュニティは、当該大学の yenta ユーザが100人を超えると随時追加される。早稲田大学、慶應大学、東京大学などを筆頭に、出身のユーザが多い大学38校がすでに開設されている。ユーザが自身の出身大学の「参加する」ボタンを押すことで、当該のコミュニティへの参加が開始される。

アトラエ取締役の岡利幸氏は THE BRIDGE の取材に対し「日本ではアルムナイが十分に活用されておらず、せっかくのつながりが価値に繋がっていないことが経済活性化における課題になっていると考え、日本中を巻き込んで繋がるべくして繋がれるインフラを整えたい」と、新機能への期待を述べた。

yenta のコミュニティ機能には、これまでにユーザグループ会、イベント関係者、特定のインタレストを持った人々の会など、複数の既存コミュニティが参加している。今回の大学別コミュニティに加え、アトラエでは今後、高校別、出身都道府県別、同年代別など、すべてのユーザが必然的に属する可能性のあるコミュニティを複数用意し、yenta 上でのコミュニケーションやインタラクションの活性化に繋げたいとしている。

yenta は2016年1月にリリース。アトラエは同アプリのユーザ数を公表していないが、今年の年初までにユーザ同士のマッチング数が170万件を超えたことを明らかにしている。

yenta 開発の元になった人材マイニングサービス「TalentBase(旧 JobShare)」は2018年3月にシャットダウンしており、アトラエは現在、 yenta のほか、求人メディアの「Green」、組織改善プラットフォームの「wevox」に経営資源を集中させている。

----------[AD]----------

AIビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」、Androidアプリをリリース

SHARE:

アトラエ(東証:6194)は8日、同社が開発・提供する、人工知能によるビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」について Android アプリをリリースした。Google Play からダウンロードできる。同社は2016年1月のサービスローンチと共に iOS アプリをリリースしており、iOS アプリから約1年半遅れる形で Android アプリのリリースに漕ぎつけたことになる。 yent…

アトラエ(東証:6194)は8日、同社が開発・提供する、人工知能によるビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」について Android アプリをリリースした。Google Play からダウンロードできる。同社は2016年1月のサービスローンチと共に iOS アプリをリリースしており、iOS アプリから約1年半遅れる形で Android アプリのリリースに漕ぎつけたことになる。

yenta は、毎日正午にビックデータ解析を元にした「10人のビジネスパーソンのプロフィール」が届き、「興味がある」と選択した人同士がマッチングできるサービスだ。マッチングが成立した相手とは、アプリ上でメッセージをやり取りすることができ、ランチタイムなどの時間を調整し、直接、情報交換などの交流をができる。

同社では今回の Android アプリをリリースした背景について、Android ユーザからの要望に応えたものとしている。また、Android アプリでは iOS アプリに比べ一部利用できない機能あるが、同社が yenta 利用開始直後には必要ないと判断した機能のみ、追ってリリースする予定とのことだ。

アトラエは yenta のユーザ数を公開していないが、ユーザが所属する組織の数では7,000社(または団体)が利用していることを今回明らかにした。また同社は以前、マッチング成立件数については、ローンチから約8ヶ月後のは2016年9月の段階で20万件、2017年3月の段階で40万件を超えていることを明らかにしている。

Via Atrae

----------[AD]----------

AIビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」がバージョン2.0をリリース——オープンイノベーション活用を追い風に、有料メニューを提供開始

SHARE:

アトラエ(東証:6194)は8日、同社が開発・提供する、人工知能によるビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」のバージョン2.0を公開し、他ユーザへのレコメンド表示回数を5倍に増強できる「ブースト機能」と、毎日レコメンドされる人を年齢・職種・エリア・人気度などで絞り込める「フィルタ機能」を有料メニューで提供開始した。yenta は、iOS アプリとウェブ版(β版)で利用可能。 yenta…

アトラエ(東証:6194)は8日、同社が開発・提供する、人工知能によるビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」のバージョン2.0を公開し、他ユーザへのレコメンド表示回数を5倍に増強できる「ブースト機能」と、毎日レコメンドされる人を年齢・職種・エリア・人気度などで絞り込める「フィルタ機能」を有料メニューで提供開始した。yenta は、iOS アプリウェブ版(β版)で利用可能。

yenta は、毎日正午にビックデータ解析を元にした「10人のビジネスパーソンのプロフィール」が届き、「興味がある」と選択した人同士がマッチングできるサービスだ。マッチングが成立した相手とは、アプリ上でメッセージをやり取りすることができ、ランチタイムなどの時間を調整し、直接、情報交換などの交流をができる。

2016年1月にローンチした yenta は、2016年9月の段階でマッチング成立総数が20万件に達していることを明らかにしていたが、ローンチから1年以上経過した現在、マッチング成立総数は40万件を超えている。同社は yenta のユーザ数を公開していないが、マッチング件数の推移で見る限り、著しい増加傾向にあるというわけではないようだ。ただ、マッチング件数だけで評価できるサービスでもないので、yenta を使うユーザの裾野がどこまで広がるかが肝だろう。このところのオープンイノベーション・ブームも追い風となっているようで、スタートアップのみならず、スタートアップとの連携を図りたい大企業の担当者による利用も目立つという。

アメリカでは、ビジネス版 Tinder とも言えるこの種のマッチングアプリが非常に数多くあるが、一方で、日本では決して競争の激しい分野とは言えない。LinkedIn が日本で大成しなかったように、日本のビジネスネットワーキングは、何かしら他の国とは違った進化を遂げるのかもしれない。異業種交流という名目で成立していた企業の垣根を超えたネットワーキングが、ここへ来て、オープンイノベーションが後押ししているのも面白い兆しである。

yenta の有料メニューには、月額1,000円の Active プランと、月額5,000円 の Professional プランが用意されており、Active プランではブースト機能、Professional プランではブースト機能とフィルタ機能の両方が使える。両プランとも7日間の無料トライアルが提供されている。

----------[AD]----------

AIビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」に、Googleカレンダーと連携して数タップで日程調整できる機能が追加

SHARE:

アトラエ(東証:6194)は21日、同社が開発・提供する、人工知能によるビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」のバージョン1.6を公開し、Google カレンダーとの連携により、提案された相手と会うスケジュールの自動調整する機能を追加した。 yenta は、毎日正午にビックデータ解析を元にした「10人のビジネスパーソンのプロフィール」が届き、「興味がある」と選択した人同士がマッチングで…

yenta_featuredimage

アトラエ(東証:6194)は21日、同社が開発・提供する、人工知能によるビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」のバージョン1.6を公開し、Google カレンダーとの連携により、提案された相手と会うスケジュールの自動調整する機能を追加した。

yenta は、毎日正午にビックデータ解析を元にした「10人のビジネスパーソンのプロフィール」が届き、「興味がある」と選択した人同士がマッチングできるサービスだ。マッチングが成立した相手とは、アプリ上でメッセージをやり取りすることができ、ランチタイムなどの時間を調整し、直接、情報交換などの交流をができる。

今回リリースされた新機能では、yenta のメッセージ機能と Google カレンダーを連携させることにより、マッチングされた双方のユーザは、数クリックだけで手間なく日程調整ができる(iOSアプリとWeb版の両方で利用可能)。

アトラエによれば、今年1月にローンチされた yenta は7ヶ月間でダウンロード件数が20万件をを突破したとのこと。ダウンロードしたユーザのうち、どの程度のユーザが実際にマッチングを楽しんでるかは不明だが、マッチング成立総数も20万件に達していることを明らかにしている。

yenta-web_screenshot
クリックして拡大

yenta-mobile_screenshots

----------[AD]----------

AI人材マイニングサービス「TalentBase」から、Tinderライクなビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」が登場

SHARE:

東京を拠点とするアトラエは今日、完全審査制のAI(人工知能)ビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」を iOS 向けにローンチした。iTunes AppStore から無料でダウンロードすることができる。 yenta は簡単なプロフィール登録とスワイプ操作だけで、自分のネットワークを広げるために、会いたいビジネスパーソンに会うのを支援してくれるアプリだ。アトラエが昨年2月にローンチした人…

yenta_featuredimage

東京を拠点とするアトラエは今日、完全審査制のAI(人工知能)ビジネスマッチングアプリ「yenta(イェンタ)」を iOS 向けにローンチした。iTunes AppStore から無料でダウンロードすることができる。

yenta は簡単なプロフィール登録とスワイプ操作だけで、自分のネットワークを広げるために、会いたいビジネスパーソンに会うのを支援してくれるアプリだ。アトラエが昨年2月にローンチした人工知能とビッグデータ解析による人材マイニングサービス「TalentBase」で培った技術を活用し、yenta は毎日正午にユーザが興味を持ちそうな他ユーザを10名レコメンドする。ユーザが Tinder のようなスワイプ操作で会ってみたいかどうかを選ぶと、毎日午後8時にマッチング結果が届く。ユーザ双方が会ってみたいと回答していれば、チャットで会う約束をすることができる。

<関連記事>

yenta の開発を統括したアトラエ 取締役 岡利幸氏は、次のように語ってくれた。

ニッチなニーズを突いているということ、ビジネスパーソン同士が実際に会うという意図から、まずは東京中心部で活動している人のみをターゲットにしています。(GPS ではなく)ユーザのプロフィールによる選択ベースですね。ユーザのサインアップについては完全審査制にしていて、〝人から矢印をもらえる人〟(「**と言えば、○○さん」のような)を中心に、ユーザの量と共に質を追求します。

昨年12月10日にクローズドβ版をローンチし、これまでに350名が参加しています。コアな層を狙うので、まずはマイルストーンをユーザ獲得10万人という硬めの数字に設定しています。

yenta_snapshots

ビジネスパーソンが興味のある人に会うのを誘導してくれるサービスとしては、真っ先に Coffee Meeting の名前が頭に浮かぶが、Coffee Meeting ではユーザが能動的に会いたい相手を選ぶ必要がある。また、ビジネスマッチングではないものの、完全審査制で出会いマッチングを促すアプリとしては、LEMONJOIN US が人気を博したのが記憶に新しい。

アトラエでは yenta を新しい人脈の構築と、既存の人脈をさらに掘り下げる用途で使ってほしいとしており、TalentBase から派生したアプリとして完全無料で提供。将来的には、企業に対し、営業活動や採用活動を支援するサービスを提供することでマネタイズを図る可能性を示唆している。

<関連記事>

 

----------[AD]----------