自分を見直すウエアラブル・デバイス「JINS MEME」は、情報を検索するGoogle Glassの競合となるか?

by Rick Martin Rick Martin on 2014.5.17

jins-meme-620x229

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

日本のウエアラブルの最近の状況は、Google Glass とは対照的だ。この「JINS MEME(ジンズミーム)」は役に立つ情報を求めて身の回りをスキャンするのではなく、目や目のまわりからの情報を集めて、自分を見直そうというものだ。まばたき、まばたきの感覚、視点の移動方向などをモニタする。このメガネデバイスは来春発売される予定で、API は今秋には公開される見込みだ。JINS によるこのコンセプトの説明については、上のプロモーション・ビデオをチェックするとよういだろう。[1] 更新:JINS はこの YouTube ビデオを突然非公開にしたようである。

収集されたデータはユーザが持っているスマートフォンのアプリに同期し、ユーザはこのアプリを使って、いつでも重要な情報を見直すことができる。以下は、このシステムのバリュー・ポジションをまとめた、JINS MEME の商品紹介ページからの引用だ。

目の動きの変化をもとに、JINS MEME は、人々が自分では気付きにくい精神的/肉体的疲労度を判断することができます。人の疲労からの回復スピードは、一定のしきい値を超えると、劇的に落ちてしまいます。JINS MEME はその状態になってしまう前に疲労を検出し警告します。疲労が蓄積するのを防ぎ、より効率よく仕事できるようにするための、新しいマネージメント・ツールです。

このデバイスには、眼球センサー(眼電位センサー)に加えて、3方向の加速度センサーとジャイロセンサーが備わっている。したがって、動いていたりエクササイズしたりしているときも、JINS MEME はどの程度のカロリーを消費しているかや、身体のスピードや姿勢をモニタすることができる。

JINS MEME は、クラッシックな「ウエリントン」「ハーフリム」「サングラス」の3種が発売される予定だ。スタイリッシュさからもたらされるメリットが大きく、着用した人を決してテクノロジーで武装したサイボーグのようには見せないのが特長だ。

このプロダクトに関連する話として、セカイカメラの開発者の作った Telepathy という特筆すべきメガネデバイスがある。Google Glass に関して言えば、最新の APK ファイルのコードに含まれる内容から、日本語コマンドにまもなく対応することが明らかになった。したがって、そう遠くない将来、ここ日本ではユーザの眼球を巡る戦いが起きることが予想される。[2]

car-view
運転中に警告する「JINS MEME」のアプリ

  1. 我々が当初貼付けていたビデオは非掲載のものだったので、JINS はいつでも非公開にすることができた。もしそうだとしたら、当初の不手際をお詫びしたい。更新:どうやら JINS はこのビデオを非公開にしたようだ。 
  2. これらのメガネデバイスは Google Glass が提供するのとは全く異なる機能を提供するので、JINS MEME は Google Glass の競合ではないという人も少なくないだろう。しかし、人は同時に複数のメガネデバイスを着用できないことを考えると、あらゆるメガネデバイスは他のメガネデバイスの競合と言える。 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------