韓国発の企業向けコミュニケーション・ツール「JANDI」が、200万ドルを調達し日本・台湾へ進出

by beSUCCESS beSUCCESS on 2014.11.11

jandi_screenshot

Softbank Ventures Korea(소프트뱅크벤처스코리아) は10日、企業向けのコミュニケーション・ツール「JANDI」を運営する Tosslab(토스랩)に出資したことを明らかにした。今回のラウンドは総額200万ドルに上り、Softbank Ventures Korea に加え、中国の VC である Cherubic Ventures(心元資本)、韓国の Ticket Monster 代表シン・ヒョンソン(신현성)氏も出資に参加した。

Tosslab が提供する JANDI は、企業における社員の業務効率の向上を目的としており、グループ・メッセージング(PC、Android、iOS対応)とファイル共有を主な機能として提供する。これらの機能により、チームや企業のグループ・コミュニケーションやファイル共有を容易にし、Dropbox や Google Docs など既存サービスとも連携することでユーザの利便性を高める。

企業では、多くの社員が KakaoTalk や DropBox を個人用途と業務用途で混在利用しているが、JANDI を利用することでこのような不便が解消され、企業はセキュリティを徹底することも可能になる。JANDI は現在、韓国、日本、台湾でオープンベータ版を提供しており、Google PlayiTunes AppStore からモバイルアプリを無料でダウンロードできる。

今回の出資を担当した Softbank Ventures Korea のイ・ガンジュン(이강준)氏は、次のようにコメントしている。

JANDI が提供するメッセージングとファイル共有機能は、まだ始まりに過ぎない。今後、ビジネス環境における多くの非効率を解消し、企業で社員が効率的に作業できるようソリューションを提供していく。この分野では最近、日本をはじめ世界的に投資が活発化しており、多くの技術革新が期待されるだろう。

Tosslab の代表であるイ・ヨンボク(이영복)氏は、次のようにコメントしている。

Tosslab はアジアにおける Microsoft になるのが目標。今回の資金調達を通じて、JANDI がアジア最大の企業向けコミュニケーション・プラットフォームになることを目指して、さらに展開を加速できると期待している。

一方、出資に参加した Ticket Monster 代表のシン・ヒョンソン氏は、Tosslab 設立当時にエンジェル投資をしており、以降、同社の顧問を引き受けて、直接的にも間接的にも支援を惜しんでいない。

(編注:楽天でスマートデバイスデザイングループのマネージャーを務めていた山下純一氏が、11月1日付けで JANDI の日本カントリーマネージャーに就任している。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------