オンライン爆買アプリの「bolome(波羅蜜)」が、Baidu(百度)など中韓数社から3,000万米ドルを調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.10.26

日本の街角から、中国向けに商品の実況中継をする bolome のスタッフ。
日本の街角から、中国向けに商品の実況中継をする bolome のスタッフ。

中国にいながら日本を爆買できる越境ECアプリ「bolome(波羅蜜)」は26日、3,000万米ドルの調達を発表した。このラウンドに参加したのは、中国から Baidu(百度)、中国・深圳に拠点を置く Share Capital Partners、韓国の Neoplux(네오플럭스)KB Investment(KB인베스트먼트)、名称非開示の中国企業1社、さらに既存株主だ。

今年6月に行ったラウンドでは、bolome は、韓国 LG グループ系の LB Investment、中国の Chengwei Capital(成為創業資本)、シンガポールの Vickers Capital(偉高達創投)から総額1,000万ドルの資金調達に成功している。

<関連記事>

なお、上海の第一財経日報によれば、一部で Baidu(百度)が bolome を2億ドルで買収したとの情報が流れたが、21日に開催された「越境EC発展サミット(跨境電子商務発展峰会)」の席上で、bolome の共同創業者である Zhengdong Zhang(張振棟)氏はこの内容を否定している

THE BRIDGE の問い合わせに対し、bolome の共同創業者である水野氏は、今回の調達を通じて、bolome は Baidu らとの提携関係を強化し、中国の春節(2016年2月10日前後)までをめどに、Baidu 上での取扱商品の関連キーワードに対する検索結果において、bolome の商品を優先的に表示し、Baidu 上で決済が完了するようなしくみを提供すると述べた。

bolome は昨年9月に開発に着手し、今年7月にサービスを開始。会社設立からの8ヶ月で総額4,300万ドルを調達しており、短期間での調達額の大きさという観点で見てみると、2010年に会社設立から8ヶ月で総額4,100万ドルを調達した Xiaomi(小米)を上回っている。

bolome-2

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------