K Cube Ventures、グローバルゲーム企業Playsnakに130万米ドルのシード資金を投資

by e27 e27 on 2016.11.17

Image credit: Playsnack
Image credit: Playsnak

グローバルゲーム企業 Playsnak は、韓国の VC 企業 K Cube Ventures より130万米ドルのシード資金を獲得したと発表した。

ベルリンとロサンゼルスに拠点を置く Playsnak は次世代型のゲーム企業で、モバイル・VR ゲームの開発とパブリッシングに注力している。同社はアジア発のゲームを欧米市場にパブリッシュしているほか、自社で VR ゲームも開発している。

Playsnak は今回獲得した資金を、VR・モバイルにおけるイノベーションをさらに強化するために活用したいとしている。

同社設立者で CEO の Paha Schulz 氏は次のように話している。

今回の資金調達で当社は革新的な VR およびモバイルゲームの開発と発見に集中するだけでなく、アジアと欧米のゲーム市場を結び付けることに注力し、ゲーム業界における真のグローバルプレーヤーになりたいと考えています。

Playsnak は Schulz 氏のほか、ゲーミングやエンターテイメント業界で Crytek、NCsoft、Electronic Arts、Nintendo などにて15年以上の勤務実績を持つ業界のベテランにより共同設立、運営されている。

K Cube Ventures は Kakao Corporation の投資部門だ。同社は ICT/SW のスタートアップ(主にモバイル、テック、ゲーム関係)への投資に特化しており、スタートアップあたり10万~200万米ドルを投資している。同社は2015年12月までに3つのファンドを運営しており、その総額は6,400万米ドル相当にも及ぶ。

同社は最近、Korea Investment Partner とともにモバイルロック画面広告サービスの Cashtree のシリーズ A ラウンドで400万米ドルを投資した。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------