航空運賃予測アプリの「Hopper」、世界進出に向けて6,120万米ドルを調達

by Harrison Weber Harrison Weber on 2016.12.20

Above: Hopper: Flight Predictions Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat
(上)航空運賃予測アプリ「Hopper」
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

航空運賃の予測やフライト予約ができるアプリの Hopper が資金を獲得して今好調だ。モントリオールとマサチューセッツ州ケンブリッジに拠点を置く設立して6年の同社は、カナダの CDPQ(ケベック州貯蓄投資公庫)がリードしたラウンドで6,120万米ドル(8,200万カナダドル)の資金を調達した。

Hopper の CEO、Frederic Lalonde 氏は VentureBeat の電話インタビューに次のように語った。

一日あたり100万米ドルの航空券を売り上げています。Hipmunk や Kayak とは違って、他に類を見ない、本格的な代理店です。

いくらなのかは明言しなかったが、Hopper ではチケットが売れるたびにコミッションを得ており、またユーザ1人当たりチケット1枚につき5米ドルの手数料を課している。Lalonde 氏によれば、「平均してチケット1枚あたり50米ドル節約できている」ことから、ユーザはその費用については気に留めないのだそうだ。

私たちにとってはノートパソコンが一番のライバルです。モバイルにしか対応していない Hopper が世界一の旅行アプリになればと思っています。

だからこそ、Hopper は(すでに調達済みの3,800万米ドルに加えて)6,120万米ドルを調達した。Lalonde 氏によると、来年にも従業員を現在の3倍の120人に増やし、安い航空券を提供できるよう北米以外の120ヶ国に拠点を構える予定だという。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------